通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「親の家」でお金持ちになる方法。―親の持ち家、自宅... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 bcweb支店
コンディション: 中古品: 良い
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「親の家」でお金持ちになる方法。―親の持ち家、自宅があれば誰でもできる投資術 単行本 – 2008/3/26

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 100

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ローリスク・ハイリターンでまったく新しい投資術。

親の持ち家、自宅があれば誰でもできる、究極の投資術、それが「親の家」活用法です。お金をかけず、あなたも親も幸せになる不動産の裏ワザを、カリスマ大家で大家コンサルタントである著者が初めて、公開いたします。

「親の家」活用法とは、(1)すでにあるマイホームという資産(不動産)に、(2)追加投資することでアパートなどを建て、(3)そこから収入を得る、という方法です。

この方法は、不動産投資の中でも、非常に安定性が高く、ローリスク・ハイリターンの新しい資産運用なのです。足元に眠る宝の山である「親の家」に、これからの不況を生き抜くすべての解決策があるのです。そんな情報を、だれにでもわかりやすく具体的に紹介する1冊です。

「子どもが出ていって部屋が余っている」「頭金なしで、不動産投資をしたい」「親の家、自宅が老朽してしまった」「田舎の土地は利用価値がないと思っている」「お金持ちになりたい」という人、必読です。

内容(「BOOK」データベースより)

お金をかけず、あなたも親も幸せになる不動産の裏ワザ活用術。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: アスペクト (2008/3/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757214995
  • ISBN-13: 978-4757214996
  • 発売日: 2008/3/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 272,141位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
前作「アパート投資の王道」では世田谷・目黒のある条件の土地を取得し、ある条件のアパートを建てることで収益をあげる方法を取り上げていましたが、本書では既に持っている自宅敷地を有効活用して自宅併用賃貸を建てることを提唱しています。
自宅併用賃貸はハウスメーカーの商品ラインアップも多いですが、そういった既存商品では土地ごとの形状や特徴を充分に生かせないことが多いので、その土地・地域に合った自宅併用賃貸を建てる必要があります。本書はそのヒントとなることでしょう。
また、第5章に相続対策が載っていますが、あまり他書で触れられていない「争族問題」について書かれているので参考になると思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
今まで、なかなかなかった「親の家」あるいは自宅をどう投資につなげていき豊かな
生活を手に入れるのか?ということを考えさせてくれる内容になっている。

前作では、著者個人の体験的な部分が多かったが、今回は実例を挙げたり、
その道の専門家に意見をきたりしている部分が増えている点が特徴。

年金や相続など、不動産投資だけではない、より幅広い人生のプランを考える
きっかけになるのだろう。

タイトルには親、そして自分、さらに次の世代によりよいものを残していくために
親の家を有効利用しようという意図があるのだと思う。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
パラパラとめくった第一印象。
薄い、文字がでかい、余白が多い。
何となくやっつけ仕事を感じてしまった。

中身だがタイトルから想像できるところは良いのだが、
各章がまとまりがない。
1から5章まで、それぞれ、
マクロな視点(序)、ミクロ(事例)、マクロ(年金等)、ミクロ、ミクロ(相続)と。
繋がりが感じられず、どんな読者層を狙っているのか?絞り切れていない感。
不動産投資の選択肢の一つとして考えている人?親の家投資を始める人?実践中の人?

相続なんて控除考えるとほとんどの人が掛らないからな、とか思い。
家を貸しちゃうとそうも行かないかもしれないが、それでは何となく本末転倒。

王道チーム(ちょっとネーミングが恥ずかしい)への誘導を狙った書籍なのか?

表紙の著者名の上に小さく書かれた
「カリスマ大家」、「大家コンサルト」も何か苦笑。
書くなら大きく書くか、全く書かなければ良いのに…

こういう考え方もあるのか、と取りあえずパンフレット代わりに読む(めくる)本。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告