通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「自分の言葉」で人を動かす がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

「自分の言葉」で人を動かす 単行本(ソフトカバー) – 2016/5/18

5つ星のうち 3.1 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,339
¥ 1,339 ¥ 397

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「自分の言葉」で人を動かす
  • +
  • 大事なことを一瞬で説明できる本
総額: ¥2,743
ポイントの合計: 84pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「自分の思いを上手く伝えられない…」
コミュニケーションにおいて、
じつに2人に1人が悩んでいると言われているのが、この現象です。

なかなか本音を言葉にできないがゆえに、
借りてきた「レンタル言葉」で生きる日々。
でも、本当は「自分の血が通った言葉」を、人に伝えたい。
そんなふうに思っている方に、本書は、とっておきの方法をお教えします。

人を動かす「自分の言葉」を瞬時に引き出す「ある視点」が
あなたの中にインストールされる。
それが実感できる、シンプルなメソッドです。

著者、木暮太一氏は、フジテレビ『とくダネ! 』などで人気のコメンテーター。
また、説明力講座を主催するなど
「伝え方のプロフェッショナル」として活躍しています。

そんな木暮氏が、「作文なんて嫌い」と言っていた子どもたちから
原稿用紙がいっぱいになるくらいの「自分の言葉」を引き出す
奇跡の作文指導をヒントに導き出したのが、本書のメソッド。

営業、プレゼン、部下指導などのビジネスシーンから、
友人との雑談、映画や本のレビュー、SNS用の文章など、
あらゆる場面で「自分の意見」を伝えられるようになる一冊です。

コミュニケーションの呪縛から解放される、
新しくて普遍的な一生ものの「視点」を
ぜひ本書で体感してみてください。

内容(「BOOK」データベースより)

「自分の思いを上手く伝えられない…」コミュニケーションにおいて、じつに2人に1人が悩んでいると言われているのが、この現象です。なかなか本音を言葉にできないがゆえに、借りてきた「レンタル言葉」で生きる日々。でも、本当は「自分の血が通った言葉」を、人に伝えたい。そんなふうに思っている方に、本書は、とっておきの方法をお教えします。人を動かす「自分の言葉」を瞬時に引き出す「ある視点」があなたの中にインストールされる。それが実感できる、シンプルなメソッドです。著者、木暮太一氏は、フジテレビ『とくダネ!』などで人気のコメンテーター。また、説明力講座を主催するなど「伝え方のプロフェッショナル」として活躍しています。そんな木暮氏が、「作文なんて嫌い」と言っていた子どもたちから原稿用紙がいっぱいになるくらいの「自分の言葉」を引き出す奇跡の作文指導をヒントに導き出したのが、本書のメソッド。営業、プレゼン、部下指導などのビジネスシーンから、友人との雑談、映画や本のレビュー、SNS用の文章など、あらゆる場面で「自分の意見」を伝えられるようになる一冊です。コミュニケーションの呪縛から解放される、新しくて普遍的な一生ものの「視点」をぜひ本書で体感してみてください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 192ページ
  • 出版社: 文響社 (2016/5/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 490507343X
  • ISBN-13: 978-4905073437
  • 発売日: 2016/5/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 95,316位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.1

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
帯に営業トークでと書いてあったから買ったけど、仕事は遊びではありませんのでプライベートでしか使えない内容だと思います。実践的でもなく「教えたいことを伝える」という話で著者の体験談ばかり…ここまで長々と書く必要性も分かりません。営業トークで教えたいことを伝えない人はいるのでしょうか。余談ですが、「とくダネ!」で紹介された著者の本のところなど著者の勘違いもいいところ。主婦が興味を持つのは経済本ではなく爆発的に売れたというカイジの方…お金の使い方を改めたいと思うのが主婦の考え、経済の教科書などという堅苦しい経済に興味はありません。小倉智昭さんの紹介云々は著者が主婦を理解していないだけ。(主婦です)気持ちが理解できない内容で営業トークなどできるのでしょうか。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本はノウハウ本ではないですね。もう少し深い「発想法」に近いと思います。
テレビとか見てても、話し方がうまいかどうかを超えて、気持ちが動かされることがあります。
重みがあるとか、熱がこもっているとか、好きなのが伝わってくるとか、他の人には出せない味だとか。

要は「なんかグッと来る」言葉。それは話し手本人の根っこにつながっているから、力を持つんでしょう。
この本を読んで、それがよくわかりました。そしてこの本は、その「根っこ」とつながる考え方を
わかりやすく教えてくれました。読み味が異常なほどソフトなので、一気に読めてしまうんですが、
後に残るものは「掘り味のよいスコップ」みたいな印象です。

このスコップで自分の中を掘れば、血肉がこもった強い言葉がいつでも取り出せるようになる。そんな感じです。
実際、文章がすごく書きやすくなりました。・・うまいかどうかは別として(苦笑)
ノウハウに疲れちゃった人の特効薬になるんじゃないかなぁ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
人を動かす言葉とはどういうものでしょうか。
コミュニケーションの多くを言葉に頼る私たちにとって、どうすれば自分の思いを相手に伝えられるかということは、永遠の命題ともいえます。
この一冊では、人に伝えるために特に意識すべき点がいくつか紹介されています。
その中でも印象深かったのは、どこかで聞いたことのあるフレーズ(借り物のレンタル言葉)ではなく、自分の血の通った言葉で話すという点。
自分の言葉で話すということは、出来事を自分なりに編集し、自分なりの切り口で表現するということです。
そのためには、まず表現の仕方というものに正しい答えはないということを自覚し、そしてなにより表現する自分のことを肯定できるようになる必要があると書かれています。
自分の思いが自分の言葉、自分の表現で伝わったとき、それは大きな自信につながり、次の機会に向けて好循環を生み出すことでしょう。
人を動かすことはできなくとも、自分の言葉で表現できるようになる。
言葉によるコミュニケーションについて、大いに役立つ一冊だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
人を教えるとはどういうことなのか道案内のたとえはわかりやすい。目的地にたどり着くための最短ルートを手短に説明できるだけでなく。「こっちだと思ってしまいがちだけど、それは間違いだからね」と不正解の道も説明できる必要がある (p130)。以前、東京都西部の新青梅街道を自転車で通ったとき、西武新宿線の久米川駅近辺で道に迷ったことを思い出した。地図の上ではまっすぐなのだが、新青梅街道と空堀川が交差する付近は歩道がないため、迂回ルートを探さなければならなかったからだ。

あいまいさをなくすために「切り口」ではなく「教えたい人」を考えるというアドバイスがよかった (p111)。同じものに対してたまには違うことを言いたいときに「教えたい人」を変えることで、新しい発想が得られるので、柔軟性がある。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック