購入オプション

Kindle 価格: ¥869

(税込)

獲得ポイント:
9ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

シェアする
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

[中野 円佳]の「育休世代」のジレンマ~女性活用はなぜ失敗するのか?~ (光文社新書)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

「育休世代」のジレンマ~女性活用はなぜ失敗するのか?~ (光文社新書) Kindle版

5つ星のうち3.9 71個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥869
新書 ¥968 ¥45
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

出版社からのコメント

◆上野千鶴子さん推薦! 人事部必読! !

・自己実現×「産め働け育てろ」プレッシャー
・就活時の「マッチョ志向」が退職につながる
・企業の「過剰な配慮」がやりがいを奪う
・夫に「期待できない」、親に「頼りたくない」
・産んで初めて分かる「男女平等の幻想」……etc.

復帰後社員が「ぶら下がり」に見えるには、理由があった……

◆実はこんな女性が辞めやすい! ?(チェックリスト)

□親に「女の子らしくしなさい」などと言われたことがない。
□学生時代、男っぽくふるまったことがある。
□就職活動では「働きやすさ」より「やりがい」を重視した。
□夫には出世競争から降りてほしくない。
□祖父母任せの子育てには抵抗感がある。


【内容】

昔に比べれば、産休・育休や育児支援の制度が整ったかに見える今、
それでも総合職に就職した女性の多くが、
出産もしくは育休後の復帰を経て、会社を辞めている。
男性と肩を並べて受験や就職活動にも勝ち抜き、
出産後の就業継続の意欲もあった女性たちでさえ、
そのような選択に至るのはなぜなのか。
また会社に残ったとしても、
意欲が低下したように捉えられてしまうのはなぜなのか。

この本では、実質的に制度が整った2000年代に総合職として入社し、
その後出産をした15人の女性(=「育休世代」と呼ぶ)に綿密なインタビューを実施。
それぞれの環境やライフヒストリーの分析と、選択結果との関連を見ていく中で、
予測外の展開にさまざまな思いを抱えて悩む女性たちの姿と、
そう至らしめた社会の構造を明らかにする。


【目次】

序 なぜ、あんなにバリキャリだった彼女が「女の幸せに目覚める」のか?

1章 「制度」が整っても女性の活躍が難しいのはなぜか?

(1)辞める女性、ぶら下がる女性
(2)どんな女性が辞めるのか?

2章 「育休世代」のジレンマ

(1)働く女性をめぐる状況の変化
(2)「育休世代」にふりかかる、2つのプレッシャー
(3)「育休世代」の出産

3章 不都合な「職場」

(1)どんな職場で辞めるのか?
(2)どうして不都合な職場を選んでしまうのか?

4章 期待されない「夫」

(1)夫の育児参加は影響を及ぼすか?
(2)なぜ夫選びに失敗するのか?
(3)「夫の育児参加」に立ちはだかる多くの壁とあきらめ

5章 母を縛る「育児意識」

(1)「祖父母任せの育児」への抵抗感
(2)預ける罪悪感と仕事のやりがいの天秤
(3)母に求められる子どもの達成

6章 複合的要因を抱えさせる「マッチョ志向」

(1)二極化する女性の要因
(2)「マッチョ志向」はどう育ったか
(補1)親の職業との関連
(補2)きょうだいとの関連
(補3)学校・キャリア教育との関連

7章 誰が辞め、誰が残るのか?

(1)結局「女ゆえ」に辞める退職グループ
(2)複数の変数に揺れ動く予備軍グループ
(3)職場のジェンダー秩序を受け入れて残る継続グループ

8章 なぜ「女性活用」は失敗するのか?

(1)「男なみ発想」の女性が「女ゆえ」に退職するパラドクス
(2)企業に残る「非男なみ」女性と、構造強化の構造
(3)夫婦関係を浸食する夫の「男なみ」
(4)ジェンダー秩序にどう抗するか?
(5)オリジナリティと今後の課題(意義と限界)

おわりに……わたしの経緯
新書を出すにあたって
謝辞
参考文献


【著者プロフィール】

中野円佳(なかのまどか)
1984年東京都生まれ。2007年、東京大学教育学部卒、新聞社入社。
2014年、立命館大学大学院先端総合学術研究科修了。
東大卒の母親のコミュニティ「東大ママ門」立ち上げ人。

--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中野/円佳
1984年東京都生まれ。2007年、東京大学教育学部卒、新聞社入社。2014年、立命館大学大学院先端総合学術研究科修了。東大卒の母親のコミュニティ「東大ママ門」立ち上げ人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B00OARVNZU
  • 出版社 ‏ : ‎ 光文社 (2014/9/20)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2014/9/20
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 8014 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 389ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.9 71個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

1984年生まれ。東京大学教育学部を卒業後、日本経済新聞社に入社。大企業の財務や経営、厚生労働政策を取材。育休中に立命館大学大学院先端総合学術研究科に通い、同研究科に提出した修士論文をもとに2014年9月『「育休世代」のジレンマ』を出版。2015年4月よりフリージャーナリスト、東京大学大学院教育学研究科博士課程。厚生労働省「働き方の未来2035懇談会」、経済産業省「競争戦略としてのダイバーシティ経営(ダイバーシティ2.0)の在り方に関する検討会」「雇用関係によらない働き方に関する研究会」委員などを務める。

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
星5つ中の3.9
71 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年5月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年12月10日に日本でレビュー済み
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2017年4月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2016年1月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2017年9月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト500レビュアー
2015年7月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
36人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年11月8日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
問題を報告

この商品には、不適切な内容が含まれていますか?
この商品は、著作権を侵害していると思いますか?
この商品には、品質または書式設定の問題が含まれていますか?