Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 972

¥ 432の割引 (31%)

ポイント : 488pt (50%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[佐々木 正美]の「育てにくい子」と感じたときに読む本
Kindle App Ad

「育てにくい子」と感じたときに読む本 Kindle版

5つ星のうち 4.2 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 972
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 95

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

手のかからない子がいい子だなんてそんなのは大きなまちがいですよ。人生のどこかで、親は子どもにたっぷり手をかける必要があるんです。ベストセラー『子どもへのまなざし』の著者、児童精神科医の佐々木正美先生がたくさんの子育ての悩みに、あたたかく、時に厳しく、真摯に答えてくれます。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

佐々木/正美
1935年群馬県前橋市に生まれ、幼児期を東京で過ごす。その後、第二次大戦中に滋賀県の農村に疎開し、小学3年生から高校までを過ごすが、高校卒業と同時に単身で上京。信用金庫などで6年間働いたのち、新潟大学医学部医学科に編入学し、66年同校を卒業。その後、東京大学で精神医学を学び、同愛記念病院に勤務。70~71年にブリティッシュ・コロンビア大学に留学、児童精神医学の臨床訓練を受ける。帰国後は、国立秩父学園、東京大学医学部精神科に勤務後、小児療育相談センター(横浜市)、横浜市南部地域療育センターで児童臨床医として地域ケアに力をそそぐ。その間、東京大学医学部精神科講師、東京女子医科大学小児科講師、お茶の水女子大学児童学科講師などを務める。現在、川崎医療福祉大学特任教授(岡山県)、ノースカロライナ大学非常勤講師、横浜市総合リハビリテーションセンター参与。長年にわたり自閉症の人とその家族を支援する療育方法の実践と普及に努めてきた功績で、2001年「糸賀一雄記念賞」、04年「保健文化賞」、「朝日社会福祉賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 214 KB
  • 紙の本の長さ: 191 ページ
  • 出版社: 主婦の友社 (2008/5/31)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B007U5OKZ4
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 25,375位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ADHD傾向のある4歳の息子の育児に悩んでいた時、友人からこの本を紹介されました。
この本の中にたくさんの事例が出てきますが、そのまま悩んでいる通りの事例もあり、似ている事例もあり、参考になりました。付箋だらけです。
はじめはこどもの要求をなるべくやってあげる、めんどうがらずに。最後の最後まで叱らない。というところに違和感を覚えました。
しかし、読み進めると、なるほどなアドバイス。

こどもが起こす問題の裏には、衝動のコントロール力が低いせいで、怒ったり叱ったりは逆効果。
短い言葉で具体的に「こうするのがいい」と気長に言って聞かせること。とありました。
また、悩んでいた上の子の、下の子いじめについても、「見て!見て!」は欲求不満のサイン、思いやりは理屈ではなく感情で理解する。
「思いやる行動」に日常的に触れる必要があり、親がその子をたっぷり思いやってあげることがその芽生えになる。との記述があり、自分の都合で話しかけに生返事したり、突き放したり、無視したこともあったと胸が痛みました。
「怒り出すと歯止めがきかなくなる自分がイヤ」とまさに私が悩んでいた事例もあり、自分自身の生育歴にも自制心や自律心が育ちにくい傾向があったかもしれないことに気づきました。

「いまからでも、十分間に合う、いくつになっても「遅い」ということはない」という言葉に希望が持てました。
コメント 114人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ka-ko 投稿日 2014/11/20
形式: 単行本 Amazonで購入
周りに息子のような子がいなくて毎日つらくてつらくて、藁にもすがる思いで買いました。本の通りにしたからといって上手く行くかどうかわからないという可能性もちゃんと考えながら読みました。でも、ほんと良かった。救われました。それまで私は毎日泣いてばかりいました。でも本を読んで、息子だけじゃ無いっていうことがわかっただけでも救われたのに、本のアドバイスのように実践してみて、うちの子は確実に変わりました。もちろん私も変わりました。たった2歳になったばかりの息子は私の事を泣いて怒って拒否していました。オムツ替えも着替えもお風呂もねんねもお食事エプロンをつけるのさえも、私にはさせてもらえませんでした。それが今では、「ママと!」何をするにも「ママも!」です。相変わらずこだわりが強く、手こずる所はたくさんありますが、自分の事を信頼してくれているという安心感は、こんなにも幸せな感覚なのだとしみじみ思います。苦しんでいるママには一度読んでもらいたいと思います。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
生きる力が弱い、生きづらさを感じている人が増えている中で、とても参考になる本でした。情報量の多い現代は情報に振り回されることも多々あります。しかし、この本は本質を捉えています。育児中の方はもちろん、子どもと関わる方は読むことをオススメします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
児童精神科医である著者は、子どもはみんな、ちがった個性を持っています。体質も気質も、表現する方法も違います。育てやすい子、育てにくい子に関係なく、みんなちがった個性があるから将来が楽しみと考えており、本書では、子どもひとりひとりをありのままに認めてあげられるための親の子どもに対する見方やあり方について説いています。

・人の目を気にする子の多くは、親に「ああしろ」「こうしろ」と言われている子、親が常に「これがいい」という指標を示している子に多い。
・親の仕事は子どものこころを受け止めてあげること、子どものサポーターになることです。真実を明らかにする検察官になる必要はないのです。
・身近にいる他人を信じられ、頼り合える社会をつくる基礎になるのが「親子の信頼関係」と「自分への信頼感」です。そして母親への信頼感は、すべての原点です。
本書内でも上記の点が特にこころに残りました。

私は4歳の双子の母です。
どこか日々の生活にうまくいっていないような漠然とした不安感を持ちながら、毎日を過ごしておりましたが、子どもが幼稚園に通いだした事がきっかけで、自分自身について考える時間ができ、そして鬱になりました。
鬱になりながらも、時間は過ぎ、とても苦しかったです。どうにかしなければいけないという思いで、多くの
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
夫はほとんど仕事、周りの協力はほとんどなく育児に疲れはてて何が参考になればと買いましたががっくりです。それどころか読んでいて非常に不快。
子供の要求にはすべて答えて甘やかして過保護に育てる、子供の問題行動はすべて母親の愛情不足が原因。母親は子供の要求にはすべてこころよく即座に答えなきゃいけないそうです。
子供が望むなら1日中子供と楽しく遊んで相手しろって無理ですよ!
家事はだれがするの?料理はそうじは?
著者は三人の息子の要求にはすべて答えて過保護に育てた結果優秀な息子さんに育ったそうですが、実際に育児したのは奥さんと祖父母でしょう。著者は精神科医として働いて、たまの休みに息子たちの相手してただけでしょう。
子供と1日中一緒に過ごして、家事、育児、してる母親の事などなにも知らない精神科医様が書いたなんの役にも立たない育児書です。
働いてる母親はもっと読まない方がいいです。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover