通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
「考える」ための小論文 (ちくま新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 書込みなし、多少カバー等イタミありますが、本文自体には目立つイタミもなく、十分ご活用頂けます。帯なし。迅速発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「考える」ための小論文 (ちくま新書) 新書 – 1997/5

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「考える」ための小論文 (ちくま新書)
  • +
  • 小論文を学ぶ―知の構築のために
  • +
  • 吉岡のなるほど小論文講義10―書き方の基本からビジュアル課題まで
総額: ¥3,434
ポイントの合計: 89pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

論文は、なりよりも自分のモヤモヤした考えを明確にするため、またそれを他者に伝えるために書かれる。「自分とは何者か」から「人間の生」「現代社会の在り方」まで幅広いテーマを取りあげて、論文の「かたち」と「なかみ」をていねいに解説する。本書は、大学入試小論文を通して、文章技術の基本を身につけるための、最良の実用参考書である。と同時に、「書く」ことによって自分をつかみ、思考を深めていくための哲学の書でもある。


登録情報

  • 新書: 238ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (1997/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480057102
  • ISBN-13: 978-4480057105
  • 発売日: 1997/05
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 104,721位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ぞーりん 投稿日 2006/9/17
形式: 新書
プレゼン本が大はやりである。
しかし、そもそも何が重要で何を訴えたいかがわかっていなければ、表現方法も的外れなものになるし、結果何も伝わらないということになる。

小論文に限らず、課題が与えられて、思考を「掘り進め」ようともせず、どこかから答えを持ってきたり、確信犯的に論点をずらしてもっともらしいことを書いておこうとする者がどれほどいることか。

この本では、「考えが深まってくれば、おのずと表現はわかりやすくシンプルになってくる。」「考えの筋道そのものの強靭さ」等の記述でもわかるように、上っ面の指導のみでなく、日頃の思考鍛錬が重要であることを説いている。

 書いてあることは至極当然であるが、類書と比較すると「読み手に『誰でも』こう考えずにおれない」という論理があり、表現の一つ一つが練られている。紋切り型の「さあ考えよう!」というだけでなく(そんなことは皆わかっている。)、いかに思考を鍛錬すべきかについて触れるなど、一段深い記述である。
 ただ、「小論文」論は格調高くなるほどと思わせるが、実際に小論文を書くことについてはいささか具体論を欠いている感もあるのが難点か。
 とはいえ、小論文対策の高校生のみでなく、考えて書くことの必要な大学生、社会人にとっても有意義な本であると思われる。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
現代は、一般人でも容易に文章を公開できる時代である。昨今では、久恒氏による“図解ブーム”による自己表現のヴィジュアル化が進んではいる。もちろん、そうしたヴィジュアル思考、右脳思考は現代人、とりわけビジネスマンにとって必須のものとなるだろう。しかし、図解は簡潔に相手に理解させることはできるが、人の心をうつことはできない。その人の心をうつための文章表現の技術、及びネタが本書にはちりばめられている。小論文というと大学受験や就職試験を思い浮かべる人が多いかもしれない。本書で扱っているのは主に大学受験の問題である。しかし侮ってはいけない。確かに、大学受験の小論文は文科系のネタが多い。アイデンティティや相対主義といった哲学的なネタが多いわけだ。これらは得てして実務的ではないと思われてしまう。しかし、こうしたステレオタイプに陥ってしまってはいけない。卑近な例で申し訳ないが、私自身の専門はマネジメント、とりわけe-マーケティングやストラテジーといった、本書の内容とは一見無関係に思えるようなものである。しかし、私は本書に多大な恩恵を受けている。文章を書くとき、久恒氏の主張するような図解思考や、トニーブザン氏の提唱する放射思考でまず全体の構図、アイディアをまとめるのが私の流儀である。しかし、これだけでは人に訴えかけることができないことが最近になってわかってきた。確かに、義務的な会社文のようなものは簡潔...続きを読む ›
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
あまり入試にとっては実用的ではない気がする。筆者の言う方法論もやや漠然としており、何より具体例を豊富に入れた入試小論文とはいかがなものか。
本書のような(個性的な)解答例が好まれるとするならば、人文・芸術学部系統だろう。
社会科学系統には、樋口式のようなより「論理」が明確な書き方の方が好まれると考える。

ただし、「考える」ための読み物としては非常に優秀。そこは、さすがに西・森下両氏のことだけあろう。
したがって★4つ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
人間は、自らの思考を他人に伝えたいと思い、また他人を自らに同意させたいと思うのである。文章とは、それらの本能的欲望を成立させるための手段として厳然と存在する。

この本で学べることは、自分の考えをどう発想し、そしてその考えをどう他人の納得を得るようにさせるか、である。大学入試を突破するためだけの小手先の記述テクニックなどはなく(それが入試では有効であるのは否めないが)、発想という根源的な要素をこの本は盛り込んでいる。

何か湧き上がるものを心の内に感じた時、それを自分という存在に結びつける。そして、それを他者、ひいては普遍的な世界に結び付けて思考していく。こういった思考のプロセスが本質的な文章を記述するにあたって必要である。

なぜ、文章でなければならないのか。この本はきっとその問いにひとつの答えを示すはずだ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック