中古品
¥ 362
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 小口に汚れ、数Pに角折れ、擦れ、軽いヨレがございます。【検品担当者より】中古品の為、チェックは万全を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご連絡下さい。【店舗より】防水パックまたは茶封筒にて梱包、24時間以内に発送を心がけいたします。TID2761
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「絶望の時代」の希望の恋愛学 単行本(ソフトカバー) – 2013/12/25

5つ星のうち 3.1 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 361
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

非モテ、AKBオタ問題、依存関係、ミソジニー(女性嫌悪)……
「不幸な時代」の男と女を、ミヤダイが斬る!
人間関係と社会に絶望している君に贈る、恋愛と社会の教科書。

出版社からのコメント

「生き残るために必要なものとは何か。
答えは〈ホームベース〉を構築する力。
〈ホームベース〉を持つ者だけが、たとえ不利な情況でも
持続的に戦い、たとえ心身の状態が悪くても
戦いに向けた強い動機を維持します。
他人を差し置いて、あるいは他人を出し抜いて、
自分だけ幸せになれると思っている人は、
不幸になる他ありません。」(本文より)

この本は、2012年7月に行なわれたトークイベント「宮台真司の愛の授業2012」の内容をもとにAmazon Kindleストアで発売された電子書籍『宮台真司・愛のキャラバン――恋愛砂漠を生き延びるための、たったひとつの方法』を再構成し、大幅な書き下ろしを新たに加えて書籍化したものです。

『中学生からの愛の授業』、『愛のキャラバン』〜そして『「絶望の時代」の希望の恋愛学』(本書)へと続く宮台真司を中心としたプロジェクト「男女素敵化計画」は、以後「宮台チャンネル」でのトークイベントの放送、ブロマガによる人生相談などを通じて展開されていく予定です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 268ページ
  • 出版社: KADOKAWA/中経出版 (2013/12/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404600116X
  • ISBN-13: 978-4046001160
  • 発売日: 2013/12/25
  • 梱包サイズ: 18.9 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 58,420位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私は、正直"軟派"という言葉にかなり抵抗のある中年男性なのですが、この本は宮台氏著ということで、購入しました。
以下、これはその様に非常に頭の固い中年男性のレビューです。それを念頭に置いて読んで頂きたい。
この本、第1部は"この社会を生きる知恵"について書かれており素晴らしかったのですが、"軟派"について書かれた第2部には、全体のほんの一部にではありますが、クエスチョンマークが付きます。
軟派と言えば男性が行うイメージですが、この本は、軟派で引っ掛けたい側の男性と同様に、引っ掛けられる側の女性も読むべきだと思います。軟派の本とは、それ即ちその対策本になり得ますので。双方がこの本の内容を知って恋愛の駆け引きをするというなら、全然文句はありません。
大部分が非常に興味深く為になる内容です。しかし、些細な内容ではあると思うのですが、私にとって同時に非常に危険だと思われる内容が、この本のほんの一部にですが存在します。それが残念でなりません。
前述の"一部の(私が思うに些細である様で実は非常に)危険な情報"についてですが、使い方によっては、凶器にもなり得る程のものだと、少なくとも私は思いました。その意味で、この本は男性のみならず、可能な限り多くの女性も読むべきだと思う。この本、この部分だけを見れば、最悪の本です。
しかしそこはやはり
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
要約したら極めて短くまとまると思います。内容は書きませんが。

ただ、なるほど、と思わされる、とくに「変性意識状態」の話。これは、恋愛に限らず、営業や友達関係にも使えそうで、一読の価値あり。(吊り橋効果に似ている)

ただし、そうですね、私が感じたことは、「恋愛」というより、短期的な「ナンパ」術の話なので、これを手がかりに「恋愛」までつなげるための本、という感じでしょうか。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
"NO SEX,NO LIFE"

このように思い詰めてしまうのは、若年層を除けば、男性だけではないでしょうか?

若者組や娘組が消滅して久しい現代において、歳の差婚が増えてしまうのは仕方ないというか、当然の現象でしょう。キモチワルイですけどね。

女性が護身のために本書を読むべき、と書いておられる、男性の鑑のような方がいらっしゃいますが、確かに正鵠を得ています。
インテリくずれの女衒がマニュアルにしそうな本です。

このジャンル初心者の若者にはお勧めですが、自分的には立ち読みで充分でした。
女性が性的トラウマから立ち直るための治療として、模擬男根をつけてパートナーを犯すプレイが効果的、と書かれていましたが、大いに疑問です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
著者が理論的に頑張れば頑張るほど、笑えて笑えて、、、、、、

これで映画を作れば大ウケまちがいなし。

主役は鈍臭いお宅の非正規労働者だ。そして、宮台教授も自演する。わきをかためるのは、ナンパボーイ達だ。

ダサい田舎の落ちこぼれが派遣切りにあってホストデビューってストーリーだ。

まあ、冗談はこれぐらいにして、この本の悲喜劇性は著者の理論と実践の絶望的乖離にある。

内発性がどこでナンパとなるのだろうか。渋谷とかのクラブでイケメンのていで、ナンパとは考えられる中で一番、内発性の発露に遠いと思うのだが。そういう70年代学園闘争の流れで街のホットなスポットを代替的な闘争の場と定義しても、それ自体が反体制という仮面を被った若者文化の中での紛れも無い体制の中で遊戯しているだけに気がつかないのか。この辺が著者の政治理論と違って今だ社会風俗文化的に権力の集中する中心に同化することで社会的地位を登り社会を替えうるという幻影だ。簡単にいえば元左翼の悪い性質(タチ)が捨てきれないのだ。

まあ、この辺のズレは著者の国外での批評がまったくない、国内内弁慶的に論壇に長年君臨しすぎたところに起因しているのではないか。

著者は政治批評、社会批評に専念して、サブカルチャー、えいが、音楽、風俗、そして一番、害悪を撒き散らしている恋愛指南から金輪際、足を洗ったほうがいいだろう。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 宮台真司とカリスマナンパ師達の対談を収めた電子書籍「愛のキャラバン」を加筆して書籍化。
 (レビューにはこの本を教科書とした講座の感想も入っています)

 この本はどうやったら女の子を落とすかなんていうものではない。
 この本が語っているのは異性と非日常的な体験をして意識を別の状態に持っていくことの重要性だ。だからかわいい子じゃなきゃダメだとか、処女じゃなきゃダメだなんて問題外。相手は所有物ではなく、共に変性意識を得る為のパートナーなのだ。
 断れたらどうしようなんていうのもおかしい。性愛のない人生こそが本当に怖がるべきものだ。
 このへんの男の子が恋愛に対して抱いてしまいそうな妄想をしっかり打ち砕いてくれるのが気持ちいい。
 ナンパやSEXについて書かれた本だが、恋愛、人生を考える上でも重要なことが多く書かれている。
 
 正直に告白すると、講座に参加して変性意識がもたらされた(?)というかとても高揚した。
 自身の性愛について真剣に考えるきっかけを与えてくれる一冊&講座だった。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー