中古品
¥ 201
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「紫の牛」を売れ! 単行本 – 2004/2/20

5つ星のうち 3.5 17件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 153
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ベストセラー『パーミッションマーケティング』のセス・ゴーディン待望の新作・日本上陸。これが“群れの中で抜きん出る”法則だ!

内容(「BOOK」データベースより)

「ありえない」と言わせたら勝ち。「紫の牛」度が飛躍的にアップ、経営者が選んだベスト経営書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 189ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2004/2/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478502242
  • ISBN-13: 978-4478502242
  • 発売日: 2004/2/20
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 152,922位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
最初は『紫の牛?なんじゃそりゃ?』と思っていたのですが、読んでいくうちに引き込まれました。
同じようなマーケティング手法を同じ業種で使っても抜群の成果を上げる会社、全然成果の上がらない会社がありますが、その違いはやはり『紫の牛』を持っているか否かです。
伸びている会社はどこかで『紫の牛』を持っているんですね
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
とにかく翻訳の質が低く、読みにくいだけでなく誤訳も多い。内容はユニークで興味深く、前著「パーミッション・マーケティング」、「バイラル・マーケティング」などのセス・ゴーディンの世界を拡張したものだ。訳者は、「チーズはどこへ消えた」などを訳している売れっ子翻訳者だが、そのためか明らかに手を抜いており、マーケティング、ビジネス、ITなどについて勉強不足が目立つ。「チーズ…」のような物語と、本格的なビジネス書の翻訳は違うことを出版社は見抜かなければならない。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
内容が薄いので☆四つです。
事例紹介などがあるので自分で調べる手がかりにはなりますが、これだけ読んでも、当然、「紫の牛」をどうこうすることはできません。
でも、多くの人がこれを読んで、突出したことをしよう!一番になれる領域を探そう!と動き出すことで、面白いものが世の中に溢れ出れば良いなぁと思います。
デザイナーはマーケティングを、マーケターはデザインを学ぶべしという主張には同意。面白い広告は好きだけど、それ以上に、そこで広告されている製品を魅力あるものにしていって欲しいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「パーミションマーケティング」で一躍脚光を浴びたセス・ゴーディンの最新刊です。
「紫の牛」とは「常識破り」ということ。
商品も情報も溢れている世の中では当たり前の「牛」では人の注意を引かない。非凡で目新しくて興味深い「常識破り」なものだけが、消費者が注意を払う価値がある。セスは主張します。
でも、当たり前のことです。もちろん、当たり前のことだからできるわけではないんですが、本書で書かれていることは今や当たり前のことです。当たり前のことをいろいろな事例を挙げながら、繰り返しています。
そして「紫の牛」を作り出す「常識破り」なアイデアは書かれていません。
書かれているのは、
●宣伝をやめ、イノベーション(革新)を始めなければならない
●突出した点を狙え
など、これまた当たり前のことです。
「紫の牛」であったセス自身が、今や「紫の牛」ではなくなったのかもしれません。(本の帯には「全米経営者が選んだ2003年のベスト経営書NO1」の文字が。。。これも一つの証明でしょう。)
私はアメリカでセス・ゴーディンの「最初で最後の」授業を受けたことがあります。ニューヨーク大学・ビジネススクールの授業でしたが、授業中にその場でセールスの電話をかけさせるなど、まさしく「常識破り」でした。
セスの次の「紫の牛」を期待したいと思います。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
紫の牛のような、目立つものを考えて作っていけというマーケティングの本です。

最後にチェックリストと、アクションへのリストが載っていますが、
これは使えると思いました。

紫の牛に関する実例が沢山載っているのですが、翻訳がヘボいので、
何を言いたいのかわからないのが半分くらいあります。
翻訳がヘボくないなら、著者があほである可能性があるくらい
ひどい記述があります。

値段が安いので興味があれば読んでみると良いと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ベンチャー企業を経営する人には特にお勧めの本です。
常識破りになっているかどうか?がポイントです。
売れない場合は汎用化するのではなく、もっと常識破りにしたら良い。
その理由が書かれています。
一読の価値はあります。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mac-s 投稿日 2007/1/6
形式: 単行本
アメリカっぽいマーケティングの本。書かれてすでに4年経っているので、世の中の状況が変化していることもあるけれど、基本的な部分では参考になることはいくつかあると思います。(内容として深く突っ込んでいるわけではないけれど)

要は「目立たなければ認知してもらえない」→「どのようにすれば認知されるか」→「できるだけ小さなターゲット(それも先端層=オタク)に気に入られるような常識破りの行動(製品開発)がミソ」という感じでしょうか。

いくつか事例も載っているので、理解はしやすいと思います。現状に何かしらの限界を感じている時に、軽く読んでみるのであれば良いかも。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー