通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 外観にうすい擦れキズや上部に少し折れ小口に多少のよごれがある場合がございます。 ◆本文ページにつきましては書き込み線引きは見受けられませんが、見落としがあった場合は速やかに対応をさせていただきますのでご連絡くださいませ。★★お求め頂きました商品は、丁寧梱包の上、郵便局のゆうメールにてお届けさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「箱根駅伝」―不可能に挑んだ男たち 単行本 – 2007/12

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 99

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「箱根駅伝」―不可能に挑んだ男たち
  • +
  • 箱根駅伝 襷をつなぐドラマ (oneテーマ21)
総額: ¥2,484
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

関わった誰もが涙ぐみながら思い出を語るという、伝統の「箱根駅伝」。往復214キロ、12時間にも及ぶそのレースを生中継するという、常識破りの冒険に挑んだ伝説のテレビチームがあった。しかし、彼らには、想像を絶する過酷な条件が待っていた―。必ずたどり着いてみせる。仲間を信じて。技術力を信じて。初の「山岳ロード生中継」という、前代未聞のゴールまで。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

原島/由美子
東京都生まれ、慶応義塾大学法学部政治学科卒。朝日新聞社の記者として、サッカー、フィギュアスケート、モータースポーツ(F1)、野球、陸上競技、長野五輪などを取材。2006年よりフリーのスポーツライターに。雑誌「AERA」「週刊朝日」を中心に取材・執筆をするほか、翻訳も手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 318ページ
  • 出版社: ヴィレッジブックス (2007/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4863325959
  • ISBN-13: 978-4863325951
  • 発売日: 2007/12
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 730,469位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
日本テレビのプロデューサーの坂田さんがどうやって箱根駅伝の生放送を実現させたのか。箱根の山の生放送を技術的にどうやって可能にしたのか。今や、箱根駅伝は30%近く視聴率を稼ぎ出すキラーコンテンツになるためにはどういう苦労があったのか。懇親のドキュメンタリー。

まあ、日本テレビの各スタッフ達が箱根駅伝の生放送どうやって実現できたのかに絞ったほうがいいように思った。山岳レースの完全生放送って結構苦労があるんだなと思った。そして、それがキラーコンテンツ化しているのはすごいと思う。一地方のローカルレースが陸上の長距離界でいちばん注目される大会になったのはこの人たちのおかげなんだろうね。先見の明ですね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
とても読んでて感動しました。実はこの箱根駅伝日テレ生放送の63回大会の冠スポンサーであるサッポロビールの営業担当をしていた読売広告社の当時39歳の部長でした。自分なりにこの箱根駅伝の放送成功の裏側をほんの少しばかり見てきました。プロジューサーの坂田さん、ディレクターの田中さん皆さんに大変お世話になりました。当時のゼッケンに表示されているサッポロビールの文字は会社名か?商品名か?で当時学連の法制委員の中大OBの弁護士竹内先生に言われた言葉、「大学生でも20歳未満の未成年がいる、学連の法制委員として未成年者にアルコールの宣伝をさせるわけにはいかないゼッケン表示はサッポロビール以外のものにしろ」サッポロビールさんは、なん億円も出して冠スポンサーになったわけですからサッポロビールの文字が出せないなら、ゼッケンスポンサーになるわけはありません。私は翌日から麹町の竹内弁護士事務所に日参「この表示のサッポロビールは断じて商品名ではなく企業名である」と言い続けることになるのでした。又、戸塚中継所先の競合会社キリンビールの赤いビール箱、大きなのぼり等、絶対に放送されてはいけない映像でした。だからこそ各中継所にある飲料水の自動販売機すべてに営業補償をして目隠しをしたりもしました。このように、私にとってのもうひとつの箱根駅伝の秘話があります。今社労士として仕事の傍ら「箱根駅伝の裏側・こんなこともありまし...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「箱根駅伝」の表題だけで飛びついたが.箱根駅伝を初めてテレビ中継した人達のドキメンタリーとわかって虜になってしまい.
いっきに読み進んでしまい.テレビで2日間ノホホンと見ていたその裏では壮絶な戦いがあったことに驚きと.リアルに見せてくれた
テレビクルーへの感謝の念を禁じえない。
私は趣味で仲間と「箱根駅伝ゴッコ」らしいものをやって.そのコースを走って.選手の苦しさが分かったつもりでいたが.
その 場面 場面にテレビクルーの苦労 苦しさも感じながら.来年の「箱根駅伝」を見る楽しみが加わった。
この本を.ランナーはもちろん.すべての箱根駅伝ファンに読んでもらいたいとおもいます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告