Kindle Unlimited読み放題の対象です
ポイント: 11pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 10月28日 木曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日10月 27日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 返品が可能な商品です
お届け時の状態で商品を返品いただくと、返金を受けられます
「筋肉」よりも「骨」を使え! (ディスカヴァー携書... がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
お届け日 (配送料: ¥282 ): 10月30日 - 11月1日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 ほんの王様★
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 並。International shipping available.コンディションガイドライン準拠。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

「筋肉」よりも「骨」を使え! (ディスカヴァー携書) 新書 – 2014/5/22

5つ星のうち4.0 160個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥1,100
¥1,100 ¥1

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 「筋肉」よりも「骨」を使え! (ディスカヴァー携書)
  • +
  • 甲野善紀と甲野陽紀の不思議なほど日常生活が楽になる身体の使い方 DVD映像120分 日常動作を磨く77のコツ (DVDブック)
  • +
  • 古武術に学ぶ身体操法 (岩波現代文庫)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

大事なのは筋肉ではなく骨。骨の使い方がわかれば、もっとラクに速く、身体が動かせる。武術研究の第一人者×スポーツトレーニングの革命児白熱対論!

著者について

甲野善紀 こうの・よしのり
1949年東京生まれ。78年松聲館道場を設立、日本古来の武術の身体操法を古伝書と実技の両面から実践的に研究。各地で武術に関する講座などを行う。著書に『表の体育 裏の体育』(PHP研究所)『剣の精神誌』(筑摩書房)『古武術の発見』(共著:養老孟司・光文社)『武道から武術へ』(学研)など。

松村卓 まつむら・たかし
1968年兵庫県生まれ。陸上短距離の走者として活躍後、スポーツトレーナーに転身。ケガが多かった現役時代のトレーニングを見直し、筋肉ではなく骨の活用に重点を置いた「骨ストレッチ」「松村式ランニング」を考案、多くのアスリートの指導にあたる。著書に『「骨ストレッチ」ランニング』『誰でも速く走れる骨ストレッチ』(講談社)など。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ ディスカヴァー・トゥエンティワン (2014/5/22)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2014/5/22
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 新書 ‏ : ‎ 256ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4799314912
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4799314913
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 160個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
160 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年4月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち3.0 考え方については共感できるものの、肝心のそのやり方、具体的なトレーニング法の記載については不十分かつピンとこないため、消化不良に感じました。
ユーザー名: 『モテる男の最強健康ブログ』管理人大山誠人、日付: 2019年4月14日
初読日2019年4月

古武術研究家甲野善紀氏と骨ストレッチ開発者松村卓氏の対談本です。

その内容は簡単に言うと、

いわゆる誰もが思いつきやっている筋トレやストレッチは運動パフォーマンスの向上に繋がらないばかりか、逆に故障の原因になる

運動パフォーマンスを上げる体の使い方は筋肉を緩めリラックスさせた状態で、体幹を主導とし、筋肉を連動させて使うこと

というものです。

個人的にはこの考え方は正しいと強く痛感しています。

ということで書いてある内容についてはかなり賛同できるのですが、問題は肝心のhow、つまりどうやったらそれを実現できるかの部分が弱いことです。

もちろんそのやり方は、著者が開発した骨ストレッチと、詳細不明のマッサージなのですが、そのやり方は本書では簡単に言及されてるだけです。

なお、私は骨ストレッチのやり方の本も以前購入して試していたことがありますが、個人的にはピンと来ませんでした。

骨ストレッチをやることで体が悪くなることはないのですが、運動パフォーンフを上げるための関節可動域の拡大、筋肉を柔軟にして質を上げるという目的に対してはあまり役立つ実感を得られませんでした。

ということで個人的には考え方については共感できるものの、肝心のそのやり方、具体的なトレーニング法の記載については不十分かつピンとこないため、消化不良に感じました。

ただ従来の筋トレやストレッチでは思うような効果を得られていない方が読むと、それを抜け出すきっかけとなったり、少なくとも何らかの気づきは得られると思います。

追伸
本書の中では名前だけしか出てこないですが、個人的には長谷川智氏の骨ナビ体操の方が効果を感じ、もう1年以上ほぼ毎日継続しています。

(以下ネタバレメモ一部)
スポーツ科学の理論やデータとランナーの実際の動きは全くと言っていいほど噛み合っていない

フルマラソンを2時間5分台で走るアフリカのトップランナーはみんなつま先着地。
アフリカの選手は骨盤が前傾し腰がそっていることが多いため自然とつま先着地になるが、日本人はどちらかと言うと骨盤が後傾気味で猫背になる人の方が多いためかかとのほうに重心がかかりやすいため、つま先着地に切り替えて怪我をしてしまう人もいる。

早撃ちボブマンデン

剣道やってる人の手首のスナップを利かせてはやってはいけない動き

つま先立ちは剣道の常識で最初に教えられることだがそんな姿勢で立っていたら筋肉が過緊張してしなやかな動きはできない

腹筋をやったらだめ
10回腹筋をやったと腕を回すと全然回らなくなり、前屈すると痛く、歩いてもほんの数メートル進んだだけで足取りが重く体が鉛のように感じてしまう。腹筋を鍛えて走ることに何のメリットもない。

腸ほぐしの後に前屈するとお腹からペタンと曲がって体の硬い人でも指が床につくようになる

腹筋を固めてしまうと動作の要である大腰筋が使えなくなってしまう。表層の筋肉をガチガチに硬くしてしまうことで肝心のインナーマッスルの動きが制限されてしまう。

トレーニングをする場合
面白くて命がけ
という2つの要件を満たす必要がある

石川遼君も腰痛に悩まされている

火事場の力を発揮するのはできるかどうか予測を立てないこと

アスリートに大事なのは考えないこと。
人はうまくいかないときに限ってなぜなんだとつい頭で考えてしまう。

ウサインボルトは他のスプリンターのように体幹をガチっと固めてしまわず骨組みをうまく動かしながら進んでいく武術の動きに近い走り方。
鎖骨が上下に動き肋骨が連動、体感を使ったダイナミックな走り方。

クワガタムシのハサミのように肋骨を動かす

ハードトレーニングでほとんどの選手が体を壊してしまう
無意味に肉体を酷使し辛いトレーニングをやり遂げたと言う自己満足で脳を喜ばせているだけの場合が多い

陸上や剣道の選手がよくアキレス腱を切るのは地面や床を思いっきり蹴るように指導されているから

柔道も昔は相手の道着に指を引っ掛けるだけだった。持とうとするから余計な腕力が必要になり動きが悪くなってしまう。

楽しいことであれば体は壊れない
体が壊れると言う事は嫌なことを無理してやっているから

ストレッチで無理に柔らかくした筋肉はバネがなく使い物にならないことが多い。

ストレッチは体を痛めるだけなので極力やらないほうがいい。

手のひらを上にしてから返したほうが体の緊張が取れる

弓も骨格で引くことが基本中の基本

日本の弓は体がちゃんと使えていれば矢を放ったと同時に弓がくるんと反時計周りに返る

硬い部分を思いっきり踏んで筋肉の硬化をとっていく

頭から喉のあたりへ体の重さを下げるだけで腹が座った状態を体感しやすくなる

陸上の世界では頭上から糸でピンと吊られたような軸のある立ち方がいまだに勧められることが多いがこのやり方だと体全体が緊張してしまい体幹の重さが活用できない

腕を回したら重たくなった、前屈したら硬くなった、すぐに息が上がったと言うのは体が今のはだめだよと言ってくれている

うまく動けない時と言うのは体がもう嫌だ嫌だと言っているサイン

5本指ソックスは足の指先が緊張するのでやめた方が良い

5本指ソックスは浮き指になる

足の指は開いてないほうが力が出せる

三角筋が硬いと鎖骨が詰まって良い動きができなくなる

ストレッチを入念にするとかえって動作が拙くなる

優れたボクサーはみんな鎖骨を使ってパンチを打っている

鎖骨が使えていれば体幹が勝手に動き腕を振ろうとしなくても振られる感じになり走ることができる

烏口突起の硬化が取れるだけでも体幹が勝手に動き出す

目と大腿骨はつながりがある
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
44人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年10月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年8月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年11月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年3月9日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年3月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年4月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2014年11月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告