ポイント: 15pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 10月25日 月曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日10月 24日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
在庫あり。 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
返品・交換の条件: 返品が可能な商品です
お届け時の状態で商品を返品いただくと、返金を受けられます
「空腹」こそ最強のクスリ がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
お届け日 (配送料: ¥300 ): 10月26日 - 28日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 広島県古書籍組合加盟店です。2営業日以内に発送、クリーニングしてクリックポストでのお届け。小口に若干の汚れあり。本体に多少の棚ずれがございますがその他はおおむね良好のコンディションです。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

「空腹」こそ最強のクスリ 単行本(ソフトカバー) – 2019/1/26

5つ星のうち4.2 2,173個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,540
¥1,540 ¥735

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 「空腹」こそ最強のクスリ
  • +
  • LIFESPAN(ライフスパン): 老いなき世界
  • +
  • SWITCH(スイッチ)オートファジーで手に入れる究極の健康長寿
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

出版社より

空腹こそ最強のクスリ
「空腹」こそ最強のクスリ
「空腹」こそ最強のクスリ

商品の説明

出版社からのコメント

◎33万部突破のベストセラー
◎人気チャンネル「中田敦彦のYouTube大学」で大絶賛!
◎テレビ・雑誌でも話題、有名人も多数実践中!
◎「頭がさえる」「疲れない」「無理なくやせる」と好評
◎病気の悩みが解消、ダイエットも成功と感謝の声続々
--------

ノーベル賞を受賞したオートファジー研究から生まれた、
医学的に正しい食事術=「16時間断食」

だから、
「無理なくやせる! 」
「頭がさえる! 」
「疲れにくい体になる! 」


ガン、認知症、糖尿病、高血圧、内臓脂肪、
しつこい疲れ・だるさ、老化にお悩みの方、
ぜひ読んでください!



最新医学エビデンスに基づく
本当に正しい食事法は、
「何を食べるか」ではなく、
「食べない時間(空腹の時間)を増やす」
たったこれだけがルール!

睡眠時間を上手に組み合わせて
「16時間断食」(1日16時間は食べない)だけで、
細胞内の悪いタンパク質や細菌が除去され、
全身の細胞がみるみる修復!

この食事法なら、
炭水化物も、脂肪も、甘い物も、お酒も、
ガマンせず好きなだけ食べられるから
ストレスなく健康になれます!

「1日3食しっかり食べているのに、
なぜか体がだるい、疲れている」

「健康に良いとされる食べ物を摂取しているのに、
ぜんぜん効果が現れない」

「カロリー計算や食事の種類に気を使うのは、
性格的にめんどくさい」

「クスリやサプリに頼らず、
怖い病気を予防し、持病を改善させたい」

そんな方はぜひ、
本書で紹介する「空腹パワー」を利用した
食事法=「16時間断食」を試してみてください!


【具体的にはこんな効果が期待できます】
・血圧、血糖値、コレステロール値が正常に戻る
・クスリを使わず、ガン・認知症・糖尿病を予防・改善できる
・アレルギーや花粉症からラクになる
・慢性的な疲れやだるさが解消される
・集中力が伸び、仕事のパフォーマンスが上がる
・肌荒れ、便秘、生理不順、PMSが改善する
・おいしく食べながら、ダイエットに成功できる

内容(「BOOK」データベースより)

がん、認知症、糖尿病、高血圧、内臓脂肪、疲れ・だるさ、老化―がんを克服した医師が実践する超簡単健康法!ノーベル賞を受賞したオートファジー研究から生まれた食べ方の新常識。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ アスコム (2019/1/26)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2019/1/26
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 214ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4776210193
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4776210191
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.2 2,173個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
星5つ中の4.2
2,173 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年2月16日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 あれっ、1日中立ちっぱでも疲れない
ユーザー名: HMBetaTOR、日付: 2019年2月16日
87点/100点

中々おもしろかったです。☆5つですね。
1つ、ページ数は200ほどあるけど文字が大きくて余白も多いので、文字数的には実質140ページくらいと思っておいた方がいいです。まあ、見やすいんですけどね。。

少食についてあれこれの他に、糖質についてや少食が病気(ガン)を予防することなどについて書かれています。

最近「少食が健康にいい」というのをちょくちょく目にするようになって1日1食や少食系の本を色々読んでいます。芸能人や歌手なんかでも1日1食を実践している方が結構いますね。有名人の場合、どちらかというと男性の方が多く、年齢は中高年(40代~70代)に多い印象ですね。私は今までの1日2.5~3食からようやく2食にすることができました。1日1食は興味はありますが、中々難しそうだな。いずれは一定期間は試してみる予定ですが。

最近は1日2食でも就寝4時間以上前~起床後4時間くらいの16時間以上は固形物は食べないようにしています。元々食事にはアホなくらい超気を使っているし毎日運動もしているので風邪1つ引かない超健康体ですが、最近はより疲れにくく日中眠くなりにくく、そしてよりぐっすり眠れるようになった気はする。元々疲れにくく昼寝もしないし睡眠も特に問題なかったので、そこまで大きく変わったというわけでもないですが。

食べない時間を長くしているのが影響しているかはまだ定かではないが、1日中スタンディングデスクで立ちっぱなしでデスクワークをしていてもほっとんど疲れない。脚も腰も。今は1日1時間座るかどうか。(エアロバイク漕いだりお風呂入ったり便器に座ってる時間は除く)単純に脚の筋トレ(ジャンプスクワット)増やしてるから足腰が強化されてるのかと思ってたが、もしかしたら空腹時間を長くしてるのが関係しているのかもとも思ったり。まあとりあえず調子はやばいくらいいです。「これ以上伸びしろはあるのだろうか?」というくらいに。

こうなってくると1日1食もますます試してみたくなるね。でも1日1食だと24時間食べないってことだよね?う~ん、1日2食+α(サプリや果物、ナッツなど)がベストなのではないだろうか。。。考え甘い?

あ、ちなみにこの本には「1日1食がいい」と書かれているかは分かりません。まだ全部読んでないので。

追記:16時間以上食べない時間を作るのがよく、別に1日1食がおすすめとかはこの本には書かれていませんね。それでも24時間とか食べないのも(より?)いいようです。どれくらい少食にするかは年齢や普段の自分の活動量も考慮した方がいいです。成長期の子供(未成年)、妊婦さん、食が細くなりがちなお年寄り、偏食の方は普通に朝食から1日3食食べた方がいいです。栄養不足(失調)も怖いですから。1日1回しか食事で栄養を摂れないわけですから、1食の場合は毎食しっかり身体によくて栄養のあるものをたくさん食べる必要があります。1度に食べられる量もある程度決まってますから、揚げ物、菓子パン、インスタント麺、ジャンクフード、スイーツ、アイス、お菓子全般他加工食品など余計なもの食ってる余裕はないですからね。筋トレやランニングなど割とハードまたは長時間の運動習慣のある方や仕事などでよく動く方は1日1食(24時間食べない)は止めておいた方がよいかもしれません。筋トレだと栄養を摂らないと筋肉は付きませんし、長時間の有酸素運動もそれなりにカロリーを消費するので(体重60kgで10km歩くまたは走って600kcal消費)1食だとカロリー不足でカラダがやせ細っていく可能性が高いです。私も適度に筋トレやランニングをするのでやはり今まで通り1日2食を継続しようかなと思っています。

追記2:1日1食試してみることにしました。まだ始めたばかりですが、2食だった時と体調は特には変わらないかな。今のところは。どちらかというと1食の方が総合的に体調はいいかな。とにかく1食はデメリットがほとんどないですね。適度に有酸素と無酸素運動もしてますが、動けないとか疲れるとか気力がなくなるとかは全くないですね。まあ食べないので今まで以上に日中眠くならないですしね。夜は今まで通りで普通にぐっすり眠れますし。体重も少しずつ減っていきそうな感じ。どこかでピタッと止まるだろうけど。1日1回の食事なので24時間とか食べないわけですが、食べてから24時間とか経過しても不思議とあまりお腹が空きませんね。身体も少食に慣れるようです。これは意外でした。あと、食べることをあまり考えなくていいのはとても楽ですね。買い物、調理、片付けなどの時間や食費も節約できるし。とりあえず1ヶ月くらいは試してみます。その後もずっと継続するかは体調次第ですかね。これからは食事の「質」だけではなく「量」も意識していきたいと思います。

追記3:「1日1食」1ヶ月以上継続中。といっても、週に1回ほど1日2食食べていますが(笑)そこまで制限はしてないです。体調は相変わらずやばいくらいよいです。元々毎日超絶好調でしたけど。他に1日2回ホエイプロテインほかサプリメントを摂って全身の筋トレもしているからか体重は横ばいです。細マッチョなので別にこれ以上減量したいわけでもないですが。あくまでも「健康や長生き、人生の生産性を上げる」ために少食(食べ過ぎない)を実践しています。 色んな食事術、健康本読んでいますが、食事の回数に関しても1日1食、2食をすすめる人もいれば、普通に3食をすすめる人も結構いますね。あとは朝食は消化がよくて栄養があり身体にもよい果物程度にして朝から熱々の白米とかはがっつり食べない方がいいとか、朝からしっかり食べた方がいいとかも意見が分かれていますね(笑)睡眠時間なんかと一緒で個人差あると思いますので、色々試してみて1食~3食(以上)で1番自分の体調がよくて体調管理がしやすいものでいいと思います。私は朝軽め(ほぼサプリ)で1日1~2食が1番調子がいいかな。食事の7割以上は野菜と果物ですけど。運動もランニングや筋トレで1日500kcalくらいは消費していますが、全然問題なく動けます。運動以外も1日中立ってる時間が長く、座る時間は2時間もないです。あとは栄養の吸収とかも大事ですが、消化についてもよく考えるべきです。回数が増えればそれだけ胃や腸が活動しっぱなしで休む時間がなく、そこにエネルギーが奪われ眠くなったり疲れたりやる気が出ないとかもあると思いますので。例えば「夜寝る前3、4時間は食べない」というだけでも胃を休ませて熟睡するという意味では結構大きいです。

あと、少食にする場合、一気に1日3食(以上)から1食とかにするのではなく、ある程度時間をかけて食べる回数や量を減らした方がいいです。ダイエットなんかと一緒で、最初に頑張りすぎるときつくてお腹空いてストレスになりやすいです。1ヶ月で0.5食減らすとか、ゆっくり1年かけて1食減らすくらいでも全然いいと思います。てか、減量ではなく健康や長生きのためなら1日2食の方がよい気がしなくもないですけどね。。。そしてその分よく動く、と。1日1食や軽めのファスティング(断食)は週1回とか月1回とかの方がよい気はします。 食事の回数や量を少しずつ少なくしていくと、身体も少食に慣れてきます。誰しもが「1日3回食べないとお腹が空く」ってわけではないです。それが習慣となってるだけです。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
1,120人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト1000レビュアー
2019年10月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
557人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
殿堂入りベスト500レビュアー
2019年3月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
552人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年12月23日に日本でレビュー済み
397人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告