通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3)) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 のにわ書林
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品ですが、大きなダメージは見られません。防水封筒で水に濡れないようにして、日本郵便のゆうメール(郵便受け投函、追跡番号なし)で、できるかぎり早くお届けします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3)) 文庫 – 1983/10

5つ星のうち 4.1 102件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,205
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 540
¥ 540 ¥ 45

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))
  • +
  • 失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
総額: ¥1,363
ポイントの合計: 43pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

あらゆる思想や論理を超えて日本人を支配する「空気」及びそれに呼応して勢力を振るう「水」の如き怪物「通常性」の正体をあばきつつ独自の論証を自在に展開する<br>

内容(「BOOK」データベースより)

日本人を呪縛する「その場の空気」という怪物!「空気」とは何か?この超論理的存在の発生から支配にいたるメカニズムを根底から解明した「山本日本学」の決定版。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 237ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1983/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167306034
  • ISBN-13: 978-4167306038
  • 発売日: 1983/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 1.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 102件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,676位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ほるくまくん VINE メンバー 投稿日 2016/10/31
形式: Kindle版 Amazonで購入
1983年に出版されたそうですが、この本を貫く危機感は、今でも通じることだと思いました。
会議ではっきり多数決をとらず、流れで何となく決まることがこの国では往々にしてあるようです。最近では、やはり築地市場移転問題でしょう。
本書で挙げられた具体的な事例については、時代の差で知らない(or 忘れた)ことも多いので別に調べる必要はありますが、それにしても、日本ってこの頃から変わってないことも多いのでしょうか。
ポジティブな意味で『水を差す』ことも、時には必要ですね。ある暴論に場が支配された時、理性的に考え直すキッカケを作るというか。
一番衝撃的だったのは、太平洋戦争が泥沼化した理由は、戦争をやめるキッカケを誰も言い出せなかったから、ということ。これは説得力がありました。何であんな状態になる前に誰か止めなかったんだろう、と、子供の頃に日本史で太平洋戦争を学んでからずっと思ってましたけど、空気ってやつに国民は殺されてしまった、というところはあるんですね。少なからず。
これはかなりやっかいですね。しっかりと目を光らせないと、いつの間にか充満してしまいますよ。
今の時代は、大丈夫でしょうか?
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
海外に住む私ですが、やはり日本には昔から「空気」が支配していた歴史があると再認識しました。空気を気にせず生きていける人間はホリエモンくらいですかね。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「空気を読めない」人がいる。彼らは職場やクラスなどで人の神経を逆なでするようなことを時に平気で言ってしまい、周囲はそんな彼らに「空気読めよ」と注意したり、排撃したりする。
果たしてこのとき「空気」とは一体何だろうか。
色んなレベルの答えが可能だが、最も分かりやすいのは「発言や振る舞いに対する、周囲の人の表情や態度に出る反応」だと思う。ではその反応を生み出す元は何だろうか。本書はその疑問に対して深い答えを示してくれる。
「空気」が人の判断や行動に大きな影響を与える原理を、筆者は豊富な例を挙げて論じる。戦艦大和の無謀な出撃、共産党のリンチ事件、ロッキード事件における丸紅での隠蔽工作など、歴史的事件を題材にして、我々が客観的な事実や合理的な判断よりもモノゴトへの感情移入に愚かしいほど衝き動かされる様を鮮やかに描き出す。殊に筆者は諸々の善悪の判断をすぐ絶対化してしまう多神教的な日本人のアニミズムを鋭くえぐり、非常に考えさせられた。
けだし人間は感情の生き物である。ゆえに集団において他者の感情への配慮=空気を読むことは、集団内の潤滑油として非常に大きな意味を持つ。ただし一方でそれが合理性を押し潰すほど強くなると問題で、ゆくゆくは集団で破滅の道を歩むことになりかねない。
私はずっとメーカーで仕事をしてきたが、企業活動においても中長期的なビジョン
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
自分の生まれた頃に出た、日本人論に関する本です。

空気の支配がすべてを制御してしまう現象・恐ろしさを
大東亜戦争や公害問題を例に出しながら鋭く分析されています。

日本人のファンダメンダリズムとして、相矛盾するものを
平然と並存させることができるという汎神論的神政制をあげています。

そして、空気の拘束から脱却するためには、
まず空気を把握することと結んでいます。

KYなのは家族単位・友人単位の日常生活に支障をきたすけど、
それ以上の活動単位で空気に支配されすぎるとこの国全体が
危うい方向に行ってしまいかねない事はよくよく注意すべき事と
再認識しました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/7/18
形式: 文庫 Amazonで購入
日本の経営他にも造詣の深かった著者(故人)の代表作の一つ。 この本に書かれている日本人の意思決定に関わる洞察は、日本の他の多くの経営・マネジメント書等で引用されている程、優れていてしかもユニーク。 
「空気」が何かを決定していくというのは、きっと外国人にはわからない感覚だが、日本人にとってはあまりに身近で、この本に指摘されるまで気が付かないかも。 
若い人には若干読みにくい文体かもしれないが、一読の価値はある。
コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
旧来の日本の論理矛盾としての『空気』があった。その生成過程と無責任体質の問題を突いている。一読の価値あり。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー