通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3)) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態良好。帯なし。管理番号1-16。不備が生じた場合、返金致します。2点50円返金。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3)) 文庫 – 1983/10

5つ星のうち 4.1 86件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 699
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 540
¥ 540 ¥ 188

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))
  • +
  • 人間集団における人望の研究―二人以上の部下を持つ人のために (ノン・ポシェット)
  • +
  • 帝王学―「貞観政要」の読み方 (日経ビジネス人文庫)
総額: ¥1,722
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



雑誌100円OFFキャンペーン
期間限定でファッション誌など対象の雑誌が100円OFF!9/30(金)23:59まで 対象一覧 へ

商品の説明

内容紹介

あらゆる思想や論理を超えて日本人を支配する「空気」及びそれに呼応して勢力を振るう「水」の如き怪物「通常性」の正体をあばきつつ独自の論証を自在に展開する<br>

内容(「BOOK」データベースより)

日本人を呪縛する「その場の空気」という怪物!「空気」とは何か?この超論理的存在の発生から支配にいたるメカニズムを根底から解明した「山本日本学」の決定版。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 237ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (1983/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167306034
  • ISBN-13: 978-4167306038
  • 発売日: 1983/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 86件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,352位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 てん  投稿日 2004/4/12
形式: 文庫
日頃よく私たち日本人は「空気読めよ」なんて言ってるんだけど、じゃあその「空気」って何?あんた日本が戦争やバブルでこれだけだめになったのはその「空気」のせいなんだぜ。そのことわかってんの?って山本先生は語りかけてきて、私の頭に革命をもたらします
過去を振り返ってみるにいかに「空気」のせいで日本が失敗したか。空気作りのメカニズム 「空気」に対抗する唯一の手段「水を差す」などについてわかります
これはあくまでもさくっと読めて楽しい、などという類の本ではありません。読んだあと、憂鬱で不安な気分になり「自分は今まで間違っていたのではないか」という思いで1時間ぐらいは頭を抱えてしまうことは間違いありません。岸田秀の「ものぐさ精神分析」の精神分裂病理論、土井健郎「甘えの構造」に並ぶ優れた日本人論です
この本を読むと「空気」という言葉が使えなくなります。「空気読んでかないと」という言葉が浮かんできてもぐっと飲み込んだりします
日常の会話やテレビなどで「空気」という言葉がやたら気になりだします
さてどうすればいいのでしょうか?「空気」という言葉の怖さを知りつつも、「空気」を読まないことには社会の中では生きていけないのが現状です。
このことに対する結論はわかりませんし、山本先生も「こうすればいい」というような解決策を教えてはくれません。しかし
...続きを読む ›
コメント 277人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 基本的には、「場の空気」というものの問題点について書かれた本だが、
フィクション(演劇、祭り等)を楽しむ場合については、空気の作用無しには成り立たないとも書かれている。
例えば、「女形は本当は男じゃないか」なんてこと言ってたら歌舞伎は見ていられないし、
プロレスを見て「あいつら本気で戦ってないだろう」なんて言ったら、仮に事実でも
「空気読め」と言われるのは致し方ない。あらゆるフィクションの成立には、まず対象に感情移入し、
それを皆で事実として共有することが必要なわけだ。そうすることで一つの空気が出来上がる。
大相撲の八百長問題なども、「八百長」という行為そのものが問題視されたというよりは、
相撲に熱中する「空気」に冷や水をぶっ掛けてくれたことの方が問題になっているフシがある。
最終的に、このような空気に同調できない人間は、無粋者として排除されることになるが、
所詮はフィクション、追い出されたら自分に合う空気のジャンルを見つければ良いだけのこと。

 ただ、遊びの場、言ってしまえば虚構の世界における空気の作用を、逃げ場の無い実生活にまで
適用してしまったら一体どうなることだろう。空気に逆らった結果、組織から排除されてしまったり、
排除を恐れるあまり誰一人
...続きを読む ›
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/7/18
形式: 文庫 Amazonで購入
日本の経営他にも造詣の深かった著者(故人)の代表作の一つ。 この本に書かれている日本人の意思決定に関わる洞察は、日本の他の多くの経営・マネジメント書等で引用されている程、優れていてしかもユニーク。 
「空気」が何かを決定していくというのは、きっと外国人にはわからない感覚だが、日本人にとってはあまりに身近で、この本に指摘されるまで気が付かないかも。 
若い人には若干読みにくい文体かもしれないが、一読の価値はある。
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Gori トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/6/21
形式: 文庫 Amazonで購入
KYよりはるか昔、1975年に『空気』を論じた本である。
著者は「『空気』とはまことに大きな絶対権をもった妖怪である」と言う。

この『空気』と言う言葉はいつごろから存在したのか、戦中も
『とても,大和の出撃を止められる『空気』ではなかった」と,当時の将校が発言している。
『気配』とか『雰囲気』のことだろうから、英語なら indicationとかsituationとかatmosphere
を使い分けるところだろう。

1980年代は『空気』が影を潜めていたような気がする。空気なんか読まなくても、
それより人とは違うことをしようと言う『空気』だった(笑)
その後、空気が読めないやつが軽蔑されるようになったのは,テレビのバラエティ番組のせいだった。
でもそれは,バラエティ番組的な,笑いのプロに要求される能力で、
素人がそんな能力を持っては、プロが飯の食い上げになる能力だった。

今,みんなが『空気』が読めなければならないのは,やはり変である。
一色は良くない。
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック