通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「空気」の構造: 日本人はなぜ決められないのか がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [ ご検討ありがとうございます。良好状態の商品です。※通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。また中古品である為、年数経過により焼け・スレ傷・書き込み・付属品欠品など特有のダメージや使用感が残っている場合があります。汚れは商品が傷つかない程度に可能な限り除菌クリーニングをしております。]◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「空気」の構造: 日本人はなぜ決められないのか 単行本 – 2013/5/24

5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 190

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「空気」の構造: 日本人はなぜ決められないのか
  • +
  • 「空気」の研究 (文春文庫 (306‐3))
総額: ¥2,268
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

社員は優秀なのに経営者が無能!?
「空気」をどう読むか―。さまざまな次元の絆/共同性のなかで、われわれ「日本人」は、絶えずこの問題にぶち当たる。会社組織や組合活動は言うまでもない。帝国陸軍のインパール作戦から東電福島第一原発の事故対応に至るまで、いったんこの「空気」の構造が発動すると、そこに待っているのは「思考停止」と組織の崩壊である。
本書は、著名なブロガーで、ブログ論壇「アゴラ」を主宰して財界人や起業家、ビジネスマンに絶大な影響力を誇る池田信夫氏の渾身の書き下ろしである。経済学をベースに生物学や人類学、民俗学の最新の知見を援用しながら、従来の日本論に「空気」という視角でメスを入れてゆく。
日本論というと、徳川の泰平意識と「国学」、バブル経済と「日本的経営」というように、ブームは日本が調子のいい時代に訪れている。本書はこうしたものにとどまらず、丸山眞男、梅棹忠夫、山本七平、『失敗の本質』共同研究、網野善彦、與那覇潤ら、戦後の言説を振り返りながら、低成長下日本の現在を踏まえて展開してゆくのが最大の特長となる。
そもそも「空気」とは何か? また「空気」はいつ、いかなる形で醸成されるのか? そして、そこから脱出することは果たして可能なのか? 閉塞した今を乗り越えるための一冊!

「「空気」という言葉は学術用語ではない。山本七平の使った比喩で、厳密な定義があるわけでもないが、最近でも「空気読め」とかKY(空気を読めない)とか、日常語でもよく使われる。山本は「ムード」とも言い換えているが、「空気」はそういう雰囲気だけではなく、まわりの人々の暗黙の同調圧力をさすことが多い。」(第二章「空気」の支配 より)

内容(「BOOK」データベースより)

社員は優秀なのに経営者が無能!?日本の政治と企業の「失敗の本質」をさぐる。丸山眞男、山本七平の営為を踏まえ、「日本」を語るための新たな地平を模索する渾身の書き下ろし。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 白水社 (2013/5/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560082820
  • ISBN-13: 978-4560082829
  • 発売日: 2013/5/24
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 281,066位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
以下メモ。だいたいあってるでしょうか?

日本社会の意思決定システムとは。
客観的な情報で意思決定されず、組織内の「空気」で決まる。日本では「空気」に強制力がある。
西洋の宗教戦争で信仰のために多数死ぬのと同じぐらい強いモチベーションとなっている。
稲作で共同作業が多く、村八分になると生きていけなかったから。集団内の和を重視して物事が決まっていく。
みんながその場の空気を読んで、合意を得られやすい方向に意思決定が行われる。
小さな問題から手をつけ、大きな問題を先送りにする。
みんなの合意が得やすい小さな問題については何度も打ち合わせして入念に決めるが、
その前提となる大きな問題は意思が分かれるので、事務局が両論併記した玉虫色の素案をつくり、最終決定を避ける。
議会でも多数決じゃなくて全員一致が求められる。

外資系では経営者に情報と権限が集中しているので、部下は自分で考えない。意思決定はすべてトップが行い、責任も負う。部下は命令されたことを実行するだけで、責任も負わない。これに対して日本では、最初に仕事の目的を全員が理解すると、あとは自発的に他人の行動を予想して仕事をする。

日本は大陸と適度な距離だったので、文化を輸入しつつ支配をまぬがれた。
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
池田信夫氏のブログやWebでの連載を中心にまとめ再編成した本。
タイトルにあるように日本人の古層にまで踏み込み、
意思決定における問題点をあぶり出す構造になっている。

ただ他の方のレビューにも書かれているように山本七平や丸山眞男の
紹介本になっている面も確かに感じた。
特に個人的には山本七平の一下級将校のみた帝国陸軍、失敗の本質の
2冊は既読であったのでその辺りの章に関しては納得感もあるしそうだなと思える。

ただ丸山に関しては読んでいないのでそうなんですかという感想しかない。
本書は初級者用の解説でもないので前提条件としてそれぞれの著者の
主だった本は読んでいる必要は感じた。

印象に残った文章を引用してみたい。
日本は法治国家であり、特に政府は法的根拠なく民間企業や個人に命令することはできない。
集団主義による閉じた社会ではなく個人主義による開かれた社会に移行する過渡期。
近代国家では指導者に求められる第一の資質は戦争を指揮する力であり、
一時の感情に流されないで長期的な戦略を考え、敵に勝つという目的にために
優先順位をつけて捨てるべきものは捨てる判断力だ。
身内の都合や上官の面子で戦闘が
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
従来言及されてきた「日本人論」を山本七平・丸山真男・網野善彦らを手掛かりに、これまで「農耕文化論」という通俗的通説を掘り返したという点では大いに評価出来る。
特に、日本の「後進性」の典型と言われてきた「小共同体」による緩やかな分割統治が、日本だけの特色ではなく、近代市民社会以外のあらゆる世界に共通している普遍的な存在であることを論証したことは素晴らしい。古代狩猟社会→中世農耕封建社会→資本制工業社会といった直線的で予定調和的な歴史観の欺瞞生を取り上げたことでも着目すべきでしょう。
しかしながら、世界がそのような多元的な社会構造であることを論証し、江戸封建社会などの非近代市民社会がそれなりに整合性を持ち、また社会制度として有効であることを取り上げながら、いきなり「平和な時はそれで上手くいくが、現代のグローバル競争社会では役立たない」と何の脈絡もなく断定するのは研究者として不誠実と思われる。最初から「ブローバル社会で勝者になることだけ」が求めるべき社会構造であるという前提に立脚しているように見えるのは残念だ。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『日本史の終わり』の共著者でもある池田信夫の書き下ろし。
丸山眞男の政治学、山本七平のユダヤ的に見た日本の社会学研究の成果、岸田秀の精神分析
手法に基づく分析結果からの提言をベースにした"平成の空気論"とも呼べる一冊に仕上がって
いるとは思います。

・日本の都市社会が水路を基盤にして発達を遂げた事実、これはよく知られています。
 日本の戦後民主主義と金融主導型資本主義(実態は護送船団方式で変わらず)は上から被せた
 ベールのようなもの(しかも相当薄っぺらなもの)であり、本質は今でも集落国家のままです。
・日本的意思決定の仕組みは、旧陸軍の各師団に判断が委ねられていた史実とよく合います。
 中枢機能が働かずに空洞化する、この問題・課題の本質は、現代の日本でも経営失敗事例
 とよく似ていますね。
・旧日本軍の失敗の本質にも一章を割いて言及しています。東条英機が陸軍の中で頭角を
 現した経緯は簡潔ですが的を得ており、「暗殺された永田鉄山のような頭脳見識もなく
 陸軍随一と言われ永田の思想の正当な継承者だった石原莞爾のような戦略もない、凡庸
 で小心なサラリーマンであった、戦略論よりも手続き論で論客をねじ伏せるやり方と
 近づいて来る忠臣た
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー