Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,512

¥ 216の割引 (13%)

ポイント : 7pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[池田信夫]の「空気」の構造 (アゴラi文庫)
Kindle App Ad

「空気」の構造 (アゴラi文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 190

商品の説明

内容紹介

【目次】
 はじめに--日本人は特殊か 

序章  「空気」が原発を止めた
首相からの突然の「お願い」/玄海原発の失敗/「空気」が法律より重い国

第一章 日本人論の系譜 
罪の文化と恥の文化/講座派と労農派/敗戦と悔恨共同体/文明の生態史観
唯物史観と「水利社会」/タテ社会とヨコ社会/人と人の間/安心社会と信頼社会
「水社会」の同調圧力/灌漑農業のボトムアップ構造

日本人の肖像--福沢諭吉 

第二章  「空気」の支配
「日本教」の特殊性/自転する組織/日本軍を動かした「空気」/公害反対運動と臨在感
アニミズムから一神教へ/一揆と下克上/動機の純粋性

日本人の肖像--北一輝

第三章 日本人の「古層」
超国家主義の構造/無責任の体系/国体という空気/フィクションとしての制度
つぎつぎになりゆくいきほひ/永遠の今と「世間」/キヨキココロの倫理
「まつりごと」の構造/天皇制というデモクラシー/全員一致とアンチコモンズ
ボトムアップの意思決定/「古層」とポストモダン/近代化なき成長の終わり

日本人の肖像--南方熊楠

第四章 武士のエートス
日本のコモンロー/徳川の平和/自然から作為へ/尊王攘夷の起源/開国のインパクト
惑溺と自尊

日本人の肖像--岸信介

第五章  日本軍の「失敗の本質」 
目的なき組織/曖昧な戦略/短期決戦と補給の軽視/縦割りで属人的な組織
心情が戦略に先立つ/心やさしき独裁者/両論併記と非決定/大日本帝国の密教と顕教

日本人の肖像--石原莞爾

第六章 日本的経営の神話 
外国人の見た日本企業/日本的経営の黄金時代/勤勉革命の伝統/日本的労使関係の起源
日本企業は町工場の集合体/協力と長期的関係/共有知識としての「空気」/村から会社へ
日本的雇用がデフレを生んだ/年功序列の終焉/グローバル資本主義の試練

日本人の肖像--中内功

第七章 平和のテクノロジー
殺し合う人間/集団淘汰と平等主義/偏狭な利他主義/戦争が国家を生んだ
「無縁」とノマド/飛礫の暴力性/古層と最古層/なぜ「古層」は変わらないのか

日本人の肖像--昭和天皇

第八章 日本型デモクラシーの終わり
空虚な中心/多頭一身の怪物/霞が関のスパゲティ/「政治主導」の幻想
日本型経営者資本主義の挫折/約束を破るメカニズム/セーフティ・ネットが檻になるとき
閉じた社会から開かれた社会へ

人名索引

内容(「BOOK」データベースより)

社員は優秀なのに経営者が無能!?日本の政治と企業の「失敗の本質」をさぐる。丸山眞男、山本七平の営為を踏まえ、「日本」を語るための新たな地平を模索する渾身の書き下ろし。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 825 KB
  • 紙の本の長さ: 219 ページ
  • 出版社: 白水社 (2013/5/15)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00DAULKW4
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 98,501位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
以下メモ。だいたいあってるでしょうか?

日本社会の意思決定システムとは。
客観的な情報で意思決定されず、組織内の「空気」で決まる。日本では「空気」に強制力がある。
西洋の宗教戦争で信仰のために多数死ぬのと同じぐらい強いモチベーションとなっている。
稲作で共同作業が多く、村八分になると生きていけなかったから。集団内の和を重視して物事が決まっていく。
みんながその場の空気を読んで、合意を得られやすい方向に意思決定が行われる。
小さな問題から手をつけ、大きな問題を先送りにする。
みんなの合意が得やすい小さな問題については何度も打ち合わせして入念に決めるが、
その前提となる大きな問題は意思が分かれるので、事務局が両論併記した玉虫色の素案をつくり、最終決定を避ける。
議会でも多数決じゃなくて全員一致が求められる。

外資系では経営者に情報と権限が集中しているので、部下は自分で考えない。意思決定はすべてトップが行い、責任も負う。部下は命令されたことを実行するだけで、責任も負わない。これに対して日本では、最初に仕事の目的を全員が理解すると、あとは自発的に他人の行動を予想して仕事をする。

日本は大陸と適度な距離だったので、文化を輸入しつつ支配をまぬがれた。
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
池田信夫氏のブログやWebでの連載を中心にまとめ再編成した本。
タイトルにあるように日本人の古層にまで踏み込み、
意思決定における問題点をあぶり出す構造になっている。

ただ他の方のレビューにも書かれているように山本七平や丸山眞男の
紹介本になっている面も確かに感じた。
特に個人的には山本七平の一下級将校のみた帝国陸軍、失敗の本質の
2冊は既読であったのでその辺りの章に関しては納得感もあるしそうだなと思える。

ただ丸山に関しては読んでいないのでそうなんですかという感想しかない。
本書は初級者用の解説でもないので前提条件としてそれぞれの著者の
主だった本は読んでいる必要は感じた。

印象に残った文章を引用してみたい。
日本は法治国家であり、特に政府は法的根拠なく民間企業や個人に命令することはできない。
集団主義による閉じた社会ではなく個人主義による開かれた社会に移行する過渡期。
近代国家では指導者に求められる第一の資質は戦争を指揮する力であり、
一時の感情に流されないで長期的な戦略を考え、敵に勝つという目的にために
優先順位をつけて捨てるべきものは捨てる判断力だ。
身内の都合や上官の面子で戦闘が
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
従来言及されてきた「日本人論」を山本七平・丸山真男・網野善彦らを手掛かりに、これまで「農耕文化論」という通俗的通説を掘り返したという点では大いに評価出来る。
特に、日本の「後進性」の典型と言われてきた「小共同体」による緩やかな分割統治が、日本だけの特色ではなく、近代市民社会以外のあらゆる世界に共通している普遍的な存在であることを論証したことは素晴らしい。古代狩猟社会→中世農耕封建社会→資本制工業社会といった直線的で予定調和的な歴史観の欺瞞生を取り上げたことでも着目すべきでしょう。
しかしながら、世界がそのような多元的な社会構造であることを論証し、江戸封建社会などの非近代市民社会がそれなりに整合性を持ち、また社会制度として有効であることを取り上げながら、いきなり「平和な時はそれで上手くいくが、現代のグローバル競争社会では役立たない」と何の脈絡もなく断定するのは研究者として不誠実と思われる。最初から「ブローバル社会で勝者になることだけ」が求めるべき社会構造であるという前提に立脚しているように見えるのは残念だ。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『日本史の終わり』の共著者でもある池田信夫の書き下ろし。
丸山眞男の政治学、山本七平のユダヤ的に見た日本の社会学研究の成果、岸田秀の精神分析
手法に基づく分析結果からの提言をベースにした"平成の空気論"とも呼べる一冊に仕上がって
いるとは思います。

・日本の都市社会が水路を基盤にして発達を遂げた事実、これはよく知られています。
 日本の戦後民主主義と金融主導型資本主義(実態は護送船団方式で変わらず)は上から被せた
 ベールのようなもの(しかも相当薄っぺらなもの)であり、本質は今でも集落国家のままです。
・日本的意思決定の仕組みは、旧陸軍の各師団に判断が委ねられていた史実とよく合います。
 中枢機能が働かずに空洞化する、この問題・課題の本質は、現代の日本でも経営失敗事例
 とよく似ていますね。
・旧日本軍の失敗の本質にも一章を割いて言及しています。東条英機が陸軍の中で頭角を
 現した経緯は簡潔ですが的を得ており、「暗殺された永田鉄山のような頭脳見識もなく
 陸軍随一と言われ永田の思想の正当な継承者だった石原莞爾のような戦略もない、凡庸
 で小心なサラリーマンであった、戦略論よりも手続き論で論客をねじ伏せるやり方と
 近づいて来る忠臣た
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover