「秒速5センチメートル」インターナショナル版- 5... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

「秒速5センチメートル」インターナショナル版- 5 Centimeters per Second: Global Edition - [Blu-ray]

5つ星のうち 4.1 403件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,020
価格: ¥ 5,430 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,590 (23%)
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 5,430より 中古品の出品:4¥ 4,064より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で秒速5センチメートルを今すぐ観る ¥ 200 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 「秒速5センチメートル」インターナショナル版- 5 Centimeters per Second: Global Edition - [Blu-ray]
  • +
  • 劇場アニメーション『言の葉の庭』 Blu-ray 【サウンドトラックCD付】
  • +
  • 劇場アニメーション「雲のむこう、約束の場所」 [Blu-ray]
総額: ¥14,265
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 監督: 新海誠
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • 言語: 日本語, 英語
  • 字幕: 英語, 韓国語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: コミックス・ウェーヴ・フィルム
  • 発売日 2011/11/18
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 403件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005HZZG9I
  • EAN: 4560107150429
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 19,236位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

世界的に人気の高い新海誠作品「秒速5センチメートル」
インターナショナル版Blu-rayリリース!

・本編には日本語・英語2音声と、日・英含め11の各国語字幕を収録、特典映像も日本語、英語に対応。
・特典映像として、作家・新海誠の原点となる個人制作時代の2作品、「ほしのこえ」「彼女と彼女の猫」を収録。
(本編内容に変更はありません)

原作・脚本・監督: 新海誠

【本編仕様】
音声:日本語/4.0ch/サラウンド、英語/2.0ch/ステレオ(ドルビーデジタル)
字幕:日本語、英語、韓国語、北京語、タイ語、インドネシア語、イタリア語、スペイン語、ドイツ語、ポルトガル語、アラビア語

【特典映像仕様】
<監督インタビュー>音声:日本語/字幕:日本語、英語
<ほしのこえ>音声:日本語(声優版)、英語/字幕:日本語、英語
<彼女と彼女の猫 5分ver.>音声:日本語/字幕:英語
※特典映像は全てSDサイズです
※監督インタビューは「秒速~ 通常版/特別版BOX」収録内容のダイジェスト版です


5 Centimeters per Second: Global Edition
Makoto Shinkai’s masterpiece on Blu-ray with 11 subtitles!

<5 Centimeters per Second>
Audio: Japanese, English
Subtitle: Japanese, English, Korean, Mandarin, Thai, Indonesian, Italian, Spanish, German, Portuguese, Arabic
*The contents of the film have no change

Special Features
【Makoto Shinkai Interview】 Audio: Japanese/Subtitle: Japanese, English
【Voices of a Distant Star】 Audio: Japanese (voice actor version), English/Subtitle: Japanese, English
【She and Her Cat - 5 min version】 Audio: Japanese/Subtitle: English
*Special features are all in SD
*The interview is abridged version of the content on DVD/DVD BOX of the film.

*Region free/NTSC

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『雲のむこう、約束の場所』の新海誠が手掛けた連作アニメ。「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」を収める。11言語の字幕を追加したインターナショナル版。特典に新海誠の個人製作時代の『ほしのこえ』『彼女と彼女の猫』ほかを収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
ネタバレがあるのでご注意を。
まずは第一話、第二話の映像の美しさに圧倒される。これは文句なし。
中高生の恋愛ストーリーとしても素晴らしい。
第三話は、この作品のみでは説明不足の感がある。
新しい登場人物の説明もないし。

私もラストシーンに納得がいかず、観終わった後このエンディングが
一週間ほど頭の中をぐるぐる回っていた。
新海監督のインタビューやネットの書き込みなどを調べたが、
なかなかこれといった回答が出てこなかった。

そこで、漫画版と小説版を読んで、ストーリーを補足すると、貴樹の最後の微笑みを
私なりに理解することができた。
貴樹はやっと明里への想いを思い出にすることができたのだ。
(ただし漫画版では、さらなる発展を匂わすラストで終わっている。)

そして、謎解きのため、何度も繰り返してこの作品を観ていると、
多くの方がコメントしているように、自身の体験とはシチュエーションは
異なるのに、何十年も前の中学高校時代の、心の隅にしまい込んでいた
淡い思い出が、山崎まさよしの名曲とともにこの作品を通じて甦ってくる。
それは、結婚前の明里が、渡せなかった手紙をみて思い出したように、
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
あちこちで「いまひとつ」といった評を見かけるこの作品。
反面、「深く心に染み入った」という人もまた多数です。

観る人を左右するポイントは、自分に主人公のような体験があるかどうか。

・遠距離恋愛をしたことがある
・お互い好きなのに、離れてしまったことがある
・忘れられない人、思い出がある

こういった経験がないと、第一話は普遍的で良いとしても、第二話での主人公の冷たい優しさは理解できず、まったく感情的な演出をとっている第三話では話から突き放されてしまいます。

逆に、自身の体験や感覚と重なる人は、一見すると何もないようなストーリーの中に、愚直なくらいの切ない恋心が表現されていることに感動します。
幼心に大切な人を見つけ、それでも、いつまでも一緒にはいられないと予感する【第一話】。
美しすぎる思い出を忘れてしまえない【第二話】。想いが届かない苦しさを知っているゆえ、自分を好いてくれる子に中途半端に優しくしてしまう。それが一番残酷なことだと気付く余裕もなく。
大人になってもうまく現実を生きられない【第三話】。ラスト五分はPVのように「one more time, one more chance」にあわせフラッシュシーンが流れるだけなのですが、一、
...続きを読む ›
コメント 326人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
画質5点、音質4点、Extra5点

この映画を最初に見たのは、9年ほど前で、自宅近くの小さな映画館に出かけて行ったら新海誠氏と西村貴世氏が来場しており、
新海誠氏によるイントロおよび上映後の質疑応答と二人のサイン会(白い色紙は映画を見に来ている人からもらいました)に参加したことを覚えている。

そして、その上映中は貴樹に肩入れしてみていたが、現在は5歳の娘がおり、
今回、改めて作品を見ると、明里や花苗の側から作品を見ている自分に気付いた。

新海誠氏の作品の衝撃というのは、日本のアニメにボケ表現を持ち込み、被写体に細かいライトニングを施したことだと思う。
黒澤明のような特別にパンフォーカスを独自のスタイルとして撮影をする監督以外では、基本的にボケ表現が実写映画の画面を支配しているため、観客にとって映画としてのリアルな表現はボケの存在する映像であった。しかし、筆で紙の上に描いた背景画とセル画を組み合わて画面が構成されている日本のアニメの場合、特別にマルチプレーンカメラを用いたりオプチカル合成を用いない限り、基本的に画面はパンフォーカスで構成されていた。また、被写体では、キャラクター上に塗り分けで描いた影や、背景では透過光で創り出される太陽の光のような簡単なライトニングしか表現できていなかった。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
この映画の主役はなんといっても映像でしょう。会話やストーリーは簡潔で、その分映像で全て語っています。全体的には悲しげな雰囲気ですが、小説などで景色の描写がそれを見る人の心境を表すように、この映画全編を通して描かれる美しい景色は、日常のささやかな、けれども確かな『希望』の象徴なのではないでしょうか。

以下ネタばれ。そこで是非とも気づいてほしいのが主人公が追い求めていたもの。踏み切りの向こう側にあったもの。具体的には明里ですが彼女は象徴的な存在です。この映画の一番最初と最後の踏み切りのシーン、わざわざ同じアングルにしてあるのだから当然意味があると思います。最初に小田急が画面いっぱいになったシーンは、ラストの貴樹が踏み切りで振り返ったシーンにつながっているのではないでしょうか。PVでもそうでしたしね。

小学生時代の初恋の人を忘れられず、中学、高校、大学と過去に縛られて生きてきた貴樹(ずっと小田急の向こうにいるはずの明里を見つめる貴樹〔小学生から大人へ〕)・・・年月が過ぎ(小田急が通り過ぎ)大人になった貴樹の目の前に明里の姿はなかった・・・

貴樹が追い求めていたのはもちろん明里です。しかし、文通が途切れ、時が経つうちにいつの間にかそれが具体性を失っていきます。(第一話、彼女を守れるだけの力がほしいと強く思った→第二話、最初の
...続きを読む ›
コメント 408人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。
この商品のクチコミ一覧
トピックをすべて見る...

関連商品を探す


フィードバック