通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ ... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆☆当店よりの発送☆☆ 【日本国内正規品】 ◇カバー付属(すれキズ しわ 薄やけ~小やけあり)小口に薄やけ よごれあり◇ 本書内部確認致しましたが 書き込み 破れ 落丁確認できませんでしたが完全なチェックはできないため見落としがある可能性がございます 気になるお客様は当店での購入はお勧めはいたしません 念の為簡易クリーニング後クリスタルパックで包んで暗所にて保管しております アマゾン専用在庫の為在庫確実にございます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ (文春新書) 新書 – 2000/6

5つ星のうち 4.5 85件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 22

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「社会調査」のウソ―リサーチ・リテラシーのすすめ (文春新書)
  • +
  • データはウソをつく―科学的な社会調査の方法 (ちくまプリマー新書)
  • +
  • 統計でウソをつく法―数式を使わない統計学入門 (ブルーバックス)
総額: ¥2,634
ポイントの合計: 250pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

数字は、それだけでもっともらしいイメージをかもし出す。「働く女性の6割、職場で性的被害」「自衛隊『必要』84%」「ヤクルトが優勝すると経済成長率低迷?過去4回の平均2%」…。へー、そうなの?しかし、なんだかなあ。
「社会調査の過半数はゴミだ」と、社会調査論を専門とする著者は言いきる。誰が、何のために、ゴミを作るのか。その手口を見抜き、ゴミを減らすにはどうしたらいいのか。この本は、豊富な例をさまざまな角度から検証することによって、社会調査を解読する能力(リサーチ・リテラシー)を基礎から鍛えてくれる。解説されるリサーチ上の過ちは20種以上。読み終えたあなたは、もはや素直ないい人ではなくなっているだろう。新聞を開くたびにツッコミを山ほど入れずにはいられない体質になるのだ。
でたらめな社会調査をまき散らす学者、政府・官公庁、社会運動グループ、マスコミをグサグサとやっつける少々過激な記述も笑えて痛快だ。その実これは志の高い、社会科学の入門書、正しい啓蒙書だ。批判にとどまらず具体的な提案もある。社会調査という穴をコツコツ掘っていたら、この国の抱えるシステムの問題があらわになってしまったのである。
それにしても、なぜこんなことを見過ごしていたのだろう。私を含めて「方法」というものに無自覚で無知な大人たちが構成している社会って何?と、目まいを覚える。(津山 吟)

内容(「BOOK」データベースより)

世の中に蔓延している「社会調査」の過半数はゴミである。始末の悪いことに、このゴミは参考にされたり引用されることで、新たなゴミを生み出している。では、なぜこのようなゴミが作られるのか。それは、この国では社会調査についてのきちんとした方法論が認識されていないからだ。いい加減なデータが大手を振ってまかり通る日本―デタラメ社会を脱却するために、我々は今こそゴミを見分ける目を養い、ゴミを作らないための方法論を学ぶ必要がある。


登録情報

  • 新書: 222ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2000/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166601105
  • ISBN-13: 978-4166601103
  • 発売日: 2000/06
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 85件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,013位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
社会調査の過半数は「ゴミ」である(本書p23)。

一見極論のようだが、後に展開される様々な社会調査への客観的かつ的確な指摘ないし批判により決して極論でないことが分かる。

新聞記事をズバズバ論破していくのは読んでいて気持ちがいい。その上読者に新聞記事の論理的に、客観的におかしな部分を考察させる機会が(最後の5章の3問以外にも)数多くあり、なかなか頭を使う。

社会調査のみならず文章展開の論理性の考察もできる。

素直に「良著」といえるだろう。できれば社会人になる前に読んでおきたい本である。
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
口コミで面白いという話を聞いたので購入。

社会調査に関する情報をまったくもたない人でも面白いと思うし、少し
かじっている人だと普段からマスコミの調査に対して思っていることを
代弁してくれるので痛快。また、調査者側の人間にとっては耳が痛い内
容、今後の戒めとなるだろう。

著者は“社会調査”という名で行なわれている多くの調査が実は調査法
の基本的なやり方すらおさえていない「ゴミ」であると言い切る。
サンプリング方法から恣意的な数値の提示まで様々な段階において、無
知あるいは悪意による結論ありきの調査が行なわれている。著者が「ゴ
ミ」と称するのはもっともなことだ。

辛辣な批判が実例とともに紹介されているが、著者の良識も同時に感じ
た。つまり、“揚げ足取り”のような批判を一切していないことである。
社会調査は実際にいろいろと技術的な限界が存在しているので、揚げ足
をとるだけなら意外と簡単である。また、批判のしっぱなしではなく、
調査データの開示や相互監視システムの導入など提案までしているので
好感がもてた。

著者は技術的な限界を自覚して、可能な限り母集団と調査結果にズレが
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/5/29
形式: 新書
 この本は一橋大学大学院MBAコースの「理論構築の方法」で使用されている。研究者・実務家・学生を問わず、広く社会人として、必要なリサーチ・リテラシーの必要性を問うている。
 各新聞社や中央省庁のあまりのおそまつなデータの使用の仕方から、この本を読んだ後は、簡単にはこれらのデータを信用できなくなるだろう。
 さらには、自分も人を説得する際のデータの取り扱いに注意することによって、正確な事実に基づいた意見をいえるような始めの一歩となる。
 素晴らしい本です。オススメです。
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
これほど痛快な書物を読んだのは随分久しぶりだ。マスコミや学者が行う社会調査の大半が実はバイアスに満ちた「ゴミ」であることを、小気味よく喝破している。朝日や読売といった大新聞ですら「ゴミ」としか言えない社会調査の結果を大量に掲載してしまっていることや、有名な学者の研究も「ゴミ」でしかなかったことも時に実名を挙げて暴いている。本書が優れているのは、統計学の知識が無くても分かるように、平易な言葉で書かれていることである。逆に言うと、本書を読んでも統計学の知識はそれほどつかないが、統計についてのリテラシーがある程度身に付く。本書を読むと、マスコミを見る目が間違いなく変わる。最近の例で言えば、特定秘密保護法案をめぐる新聞各社の世論調査の中には「ゴミ」が少なくなかったということが本書を読むとよくわかる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 「客観的に説明して」「数値で示して」といわれることがある。
数値化するということは、物事をより正確に認識できるということ
が前提にある。
 それは正しい。しかし、そこで示された数値データは本当に正しく
実態を示しているかということについて、意欲的に解析した本です。
 データを正しく読むための批判的なスタンス、バイアスのかかり方
などについて具体例を示しながら平易に解説している。
生きていく中でこういった情報を身につけておくことは必要だ。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
マスコミが「偉そうに」分析・発表する「調査結果」の大半を「ゴミ」と言い切る。
なんと痛快か!
しかも、なぜ「ゴミ」なのか、論理的に・豊富な具体例で説明しているので、中学生でも理解できる。
マスコミに惑わされない「確かな目」を養うには持って来いであり、幅広く読まれて欲しい。

更に「バイアス」といった調査の基礎もカバーしており、マーケッターを目指す大学生・社会人も大いに参考すべき良書。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー