通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「社会を変える」を仕事にする: 社会起業家という生... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 軽い擦れ、軽いヨレがございますが、その他概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、チェックは万全を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご連絡下さい。【店舗より】防水パックまたは茶封筒にて梱包、24時間以内に発送を心がけいたします。TID3430
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

「社会を変える」を仕事にする: 社会起業家という生き方 (ちくま文庫) 文庫 – 2011/11/9

5つ星のうち 4.6 95件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,400 ¥ 78
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 318

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「社会を変える」を仕事にする: 社会起業家という生き方 (ちくま文庫)
  • +
  • 社会を変えたい人のためのソーシャルビジネス入門 (PHP新書)
  • +
  • 働き方革命―あなたが今日から日本を変える方法 (ちくま新書)
総額: ¥2,506
ポイントの合計: 67pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ITベンチャー経営者。それが著者の学生時代の肩書きだった。新興ITベンチャーが次々に株式公開をし、青年社長が数十億円の富を手に入れていた時代。しかし、著者の疑問はどんどん大きくなっていく。「自分は本当は何をしたかったんだろう」。そして、たどりついた結論は「日本の役に立ちたい!」だった。NPOを立ち上げ「病児保育サービス」を始動。挫折も経験しながらも、事業を全国に拡大していった汗と涙と笑いの軌跡。

内容(「BOOK」データベースより)

ITベンチャー経営者。それが著者の学生時代の肩書きだった。新興ITベンチャーが次々に株式公開をし、青年社長が数十億円の富を手に入れていた時代。しかし、著者の疑問はどんどん大きくなっていく。「自分は本当は何をしたかったんだろう」。そして、たどりついた結論は「日本の役に立ちたい!」だった。NPOを立ち上げ「病児保育サービス」を始動。挫折を経験しながらも、事業を全国に拡大していった汗と涙と笑いの軌跡。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 283ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2011/11/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480428887
  • ISBN-13: 978-4480428882
  • 発売日: 2011/11/9
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 95件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,759位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
サラリーマンをしている私が、ふと「豊かさ」という言葉を考えた時に誰かのためになる。 社会のためになる。 
そこから自らのモチベーションになる。と考えsocial起業というキーワードが何気なく目に入るようになりました。
そんな折、実際に作者自らが身近に起こった問題を可決するために始めた事業を通して与える豊さ、得る豊かさを
作者の体験を元に描かれていて、非常に読みやすい作品でした。 
事業を行うにあたっての心情的な部分と物理的な手続きの部分が広く理解できる、入門に向いた良書だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
心に突き刺さる名言がいくつもいくつもあって、ずっと響いてくる素晴らしい一冊です。
考えさせられることが多すぎてなかなか処理できません。

文章も読みやすくて、ユーモアに溢れていて面白く、でも内容がしっかり濃い。涙が出るところもあります。

もしどこかで駒崎さんが諦めてたら、病児保育も待機児童も障害児保育も陽の目を見ることはなかったんじゃないか…
もしかしたら私にもできることがあって、それをすることで子どもたちの未来を明るくすることができるんじゃないか。
そんな希望に満ちた気持ちになれました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
とても読みやすく、面白かったです。社会起業家への道が分かりやすく参考になります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
誰かが問題だと思っていても、外の人たちは関心を示さない。
それが社会起業という分野では普通に起こっている。
でも誰かがアクションを起こすことによって、それを支持してくれる人も現れる。
そんなことをこの本を読んで感じた。
国や完了だけが社会を変える時代はもう終焉を迎えた。
これからは気づいた本人が社会を変えるそういう時代が来ているのではないだろうか。
そのメッセージは強く受け取った。

社会問題の解決にモチベーションを感じる方におすすめ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本気で社会のためになる事業をやってやるぜ! と刺激される人のためだけの本ではないと思います。
四苦八苦というか、九つ転び十起きというか、 まさにファーストペンギンの勇気と行動力のたまものだなと感服します。
駒崎さんの実体験や行動力によって裏付けされた、日本社会を俯瞰した書物と見てもいいと思います。
商店街の店主や、IT長者や、役人や、会社員や、プロのボランティアなど、さまざまな人間の息づかいが聞こえてきます。
役所にパクられて一人前・・・・・・普通の会社経営者なら手探りから汗水流してやっと作ったノウハウを無断で真似られると、
訴訟沙汰になるところですが、病気の子どもを保育園に預けられないで困っているお母さんたちを助けるモデルが全国に普及していいじゃないか、というあたりは、NPO特有ですね。FC化して全国展開はしないのです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読んで素直に感動しました。
病児保育問題に疑問を感じ、社会を変えようとする熱意、それを実現していく行動力、知恵をひねり出す思考力、障害を乗り越える精神力。
自分にも何かできることはないかと心動かされる一冊です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
 病気の子供を預かる「病児保育」をソーシャルベンチャーで起業した、筆者の奮闘記。今や国是として共働きを奨励しているのに、子供が病気になったら保育園は預かってくれない。この大いなる社会問題に、子育てとは無縁な独身男性が切り込み、見事ビジネスとして成立させる。そのプロセスには、今日の日本の社会問題、個人の生き方など、重いテーマが詰まっているが、前に前に進む語り口調で一気に読める。率直に、読み物としてとても面白い。
 私自身も何度も経験したが、共働き夫婦にとって、朝目覚めたときに子供に熱がある状況は、まさに修羅場。当然、保育園は預かってくれないので、どちらかが仕事を休むしかない。でも今日は俺無理、絶対休めない、いや私だって今日は無理なんだから、と朝の出勤前の短い時間に、夫婦間で激烈なバトルが繰り広げられる。
これは本当にストレスだった。ちょっと検温の数値が高いけど元気ですよ、とあいまいな説明をして、無理やり保育園に預けたことも何度かあった。(そして、昼ごろには保育園からお呼びかかかってしまうのだが。。)であるから、病気の子供を預かってくれるサービスがある、しかも民間のビジネスとして成功している、起業したのはこんなストレスとは無縁な独身男性だ、となれば、否が応でも興味はそそられる。
 筆者は学生時代、友人からの誘いでITベンチャーの社長の地位に就いていた。「病
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー