通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「砂糖」をやめれば10歳若返る! (ベスト新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「砂糖」をやめれば10歳若返る! (ベスト新書) 新書 – 2012/5/9

5つ星のうち 3.6 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 741
¥ 741 ¥ 8

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「砂糖」をやめれば10歳若返る! (ベスト新書)
  • +
  • 砂糖をやめればうつにならない (角川oneテーマ21)
  • +
  • アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる! (青春新書INTELLIGENCE)
総額: ¥2,387
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

砂糖、塩、油は、お酒やたばこ、ドラッグと同じくらい中毒性を持つ…! 脳にすり込まれた「砂糖」への快楽を断てば、100歳まで「美しく、健康」でい続けられる! 簡単なレシピ、メニュー付き。

内容(「BOOK」データベースより)

精製された「砂糖」、「塩」、「油」…かつて、人類はこれほどまでに脳に直接的に快楽を得られる食べ物を手に入れたことはありませんでした。そして、近年の研究で、これらの食べ物が一般に「麻薬」と呼ばれるものとまったく同じメカニズムで脳に快楽を与えて、体に刷り込みを与えていることが明らかになってきています。砂糖、油、塩の中毒から抜け出すことは、単なる美容や、個人の幸せという観点からだけでなく、人体の健康上の必須課題であります。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2012/5/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584123802
  • ISBN-13: 978-4584123805
  • 発売日: 2012/5/9
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,764位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
 ケトン食というのは、今世界的に注目されている抗加齢食で、ミトコンドリア代謝を高めて免疫力を向上させ、さらに長寿遺伝子の発現にまで関わってくると解って来ました。
 著者は抗加齢学会の会長でこの分野のパイオニアと言って良いでしょう。論点を一言でまとめれば、「解糖系代謝は若い頃は必要だが高齢者には害を及ぼし、それを過剰に促進してしまう精製食品の取りすぎが、日本の膨大な不健康老人を生み出す元と成っている」といった所で、これは安保徹先生も神経免疫学の視点から同じ見解を述べています(「安保徹の免疫力を高める食べ方」)。
 対策としては、精白糖、化学塩、精白米などを極力取らないと共に、朝は生ジュースだけで済ますという、新谷弘実先生と共通した方法を勧めています。これは勿論肉体労働をしない高齢者向けであり子供は別ですが、精白糖、化学塩、精白米については味覚と肉体的な中毒性(習慣性)が有る為、食べさせないに越した事はないとしています。それらの中毒が子供達の心を蝕んでしまう事についても、多くの研究結果が示されています。これについて詳しくは、「うつは食べて治す」が優れていると思います。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
10歳若返る根拠は書いてありませんので、本を売るためのマーケティングで出版社が色をつけたものと思われます。
内容は、砂糖の中毒性についてです。麻薬の中毒性と同じような構図が脳の中で、食べ物によっても起こることを説明しています。

砂糖は、脳の働きにいいとCMでもPRされていたのを覚えておられるでしょうか。
あれは実は、嘘で、砂糖からブドウ糖をとらなくても、ケトン回路という体のシステムによって、自分で副作用のない形で、ブドウ糖をつくり出すことができるので、低血糖症で意識を失うようなことはなく、空腹も4〜5時間たつとケトンシステムが動き出すので、途中で食べないことは重要だと書かれてあります。また、ブドウ糖が脳に必要だと、主張する大学の教授の主張は根拠があやしく、砂糖業界からリベートをもらっているのではないか、と疑問視するようなことも匂わされています。

 砂糖の消費量は、現代はいまだかつてないほどの消費量。戦前よりまえの、昔の日本では薬として少し使われていただけの、高級なものだったそうです。
現代では、確かにスーパーの加工食品で、ブドウ糖果糖液等や砂糖を表示していないものはまずありません。ですから加工食品を使えば使うほど、砂糖が口に入らない食事をとらない選択はなくなり、トータルでは一人が多量の砂糖を取っていることにな
...続きを読む ›
コメント 102人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
白澤卓二氏の他著書で
脳はブドウ糖を利用するので不足しないよう飴玉やジュースを取ると良いと
はっきり書かれてありました。(昔の本ではなく最近出版された本です!)
本を一ヶ月に何冊も出しているところを見ると自分で書いてないのかもしれないが
中身ぐらいチェックしたほうがいいと思う。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
私たちの生活で なんと無意識にたくさんの砂糖を食べ、いつのまにか砂糖中毒に陥っているんだなーと、しみじみ実感しました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 koheinet608 投稿日 2016/3/2
形式: Kindle版 Amazonで購入
甘いモノは、タバコに似ています。
以前、私はタバコを日常的に吸っていました。
タバコを吸わないと、イライラしたり、不安になっていたからです。
しかし、そもそも、タバコを吸わなければ、あまりイライラもしないし、不安にもなりません。
カラダにとって良い事が、全くないのに吸ってしまう。なぜか?ニコチン中毒だったからです。

甘いモノにも、同じ論理を適用できるのではないかと思います。私は無類の甘いモノ好きで、しょっちゅうチョコ菓子、チョコレート、洋菓子に和菓子を好き好んでよく食べていました。甘いモノを食べると、なぜか、「満たされる」ような感じがしたからです。一種の精神安定剤のような役割をしていたんだと思います。

しかし、甘いモノをとって、しばらくすると、なぜか、イライラしてしまったり、気分が優れなくなりました。

そして、再度、甘いモノ、私の場合は、チョコレートをよく好んで食べていました。
そもそも甘いモノをとらなければ、そういった症状は発生しないのではないか?自分は、もしかしたら、砂糖中毒ではないかと思うようになりました。

砂糖に関して、いろんな知識が増えていくにしたがって、過剰な砂糖の摂取は、カラダにとって、良いことない。圧倒的に害悪が多いのではないかと
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック