ポイント: 24pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 9月26日 日曜日 詳細を見る
最も早いお届け日: 本日
6 時間 42 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
「発達障害」とされる外国人の子どもたち――フィリピ... がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
無料配送: 9月26日 日曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日9月 25日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆◆◆在庫確実、保証付き◆◆◆【安心・迅速のAmazon配送センターより発送となります】◇帯付き、本文に書き込みもなく、全体的な本の状態おおむね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

「発達障害」とされる外国人の子どもたち――フィリピンから来日したきょうだいをめぐる、10人の大人たちの語り 単行本(ソフトカバー) – 2020/3/5

5つ星のうち4.5 18個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥2,420
¥2,420 ¥1,620

よく一緒に購入されている商品

  • 「発達障害」とされる外国人の子どもたち――フィリピンから来日したきょうだいをめぐる、10人の大人たちの語り
  • +
  • にほんでいきる――外国からきた子どもたち
  • +
  • 外国人の子ども白書──権利・貧困・教育・文化・国籍と共生の視点から
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

外国から来たその子、本当に「発達障害」ですか?いま教育現場では、日本語がわからない外国ルーツの子どもが「発達障害」と診断され、特別支援学級に編入されるケースが増えている。本書は、この問題のメカニズムと背景を明らかにし、本格的な「移民時代」を迎えた日本の外国人支援政策の陥穽を問う。

著者について

金 春喜(きん・ちゅに)
1995年東京生まれ。京都大学大学院文学研究科修士課程修了、修士(文学)。
専攻は社会学。現在、日本経済新聞社の記者。

出版社より

多文化共生、外国人 リンガフランカ、日本語 日本語、バンドスケール バンドスケール、日本語
外国人の子ども白書——権利・貧困・教育・文化・国籍と共生の視点から リンガフランカとしての日本語——多言語・多文化共生のために日本語教育を再考する JSLバンドスケール【小学校編】——子どもの日本語の発達段階を把握し、ことばの実践を考えるために JSLバンドスケール【中学・高校編】——子どもの日本語の発達段階を把握し、ことばの実践を考えるために
現代日本における「外国につながる子ども」の現状と支援の課題が一冊でわかる画期的な白書。人権、福祉、教育、文化(言語)、家族、滞在条件などの観点から、外国人の子どもの現状を正確に把握、データおよび支援現場の報告からそのリアルな姿が見えてくる。 日本語教育を取り巻く環境が国内外で多言語化している。「リンガフランカ(共通言語)としての日本語」という概念を導入し、非母語話者と母語話者がともに日本語を話し学ぶことが日本語の多様化、そして多文化共生にどう結びつくのかを考察する。 JSLバンドスケールは、日本語を第2言語(Japanese as a Second Language: JSL)として学ぶ子どもたちの日本語能力を把握するために開発された「測定基準」で、子どもの日本語の発達段階を把握し、「ことばの力」を育むためどのような実践を行うかを考えるためのツール。 「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能別、かつ3つの年齢集団別(小学校低学年、小学校中高学年、中学・高校)の構成で、小中高の教員はじめ日本語教室の指導員、国際交流協会やNPOに所属する方に有用な一冊。 JSLバンドスケールは、日本語を第2言語(Japanese as a Second Language: JSL)として学ぶ子どもたちの日本語能力を把握するために開発された「測定基準」で、子どもの日本語の発達段階を把握し、「ことばの力」を育むためどのような実践を行うかを考えるためのツール。 「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能別、かつ3つの年齢集団別(小学校低学年、小学校中高学年、中学・高校)の構成で、小中高の教員はじめ日本語教室の指導員、国際交流協会やNPOに所属する方に有用な一冊。
多文化共生、外国人 毎日新聞、多文化共生、外国人、にほんでいきる 多文化共生、外国人、就学支援 多文化クラス、授業デザイン
いっしょに考える外国人支援——関わり・つながり・協働する にほんでいきる―—外国からきた子どもたち Q&Aでわかる外国につながる子どもの就学支援——「できること」から始める実践ガイド 多文化クラスの授業デザイン——外国につながる子どものために
日本で暮らす外国人は、どのような生活困難を抱えているのか。本書では、その問題が起きる構造、行われている支援の実際、今後の課題と展望を、法律・医療・教育・労働・福祉・難民支援の各領域から明らかにする。外国人支援に関わる専門職必携の一冊。 日本で暮らす外国籍の子どものなかに、学校に通っていない/通えない(就学不明の)子どもがいる。子どもたちはこれからの日本社会を支える一員になるにもかかわらず、教育を受ける権利をないがしろにされている。かれらはどのような状況に置かれ、どのようなことを思い、どのように生きているのか。すべての教育関係者に読んでほしい一冊。 国の調査で、日本に住む外国人の子どもの約6人に1人が不就学であると明らかになった。「不就学ゼロ」のために学校や地域で私たちにできることは何か。本書は、現場で使える支援のポイントをまとめた初のバイブルである。基礎自治体の職員、教育関係者必携。 2018年の入管法改正以降、移民受け入れに舵を切った日本だが、教育現場ではまだまだ外国につながる子どもを含めたすべての子どもに向けた授業デザインへの取り組みは進んでいない。言語と異文化への配慮を行い、多文化社会への扉を開く。全指導者必見の入門書!

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 明石書店 (2020/3/5)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2020/3/5
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) ‏ : ‎ 256ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4750349720
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4750349725
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 18個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
18 件のグローバル評価
星5つ
63%
星4つ
29%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
8%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2020年3月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
30人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2021年2月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年8月31日に日本でレビュー済み
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告