通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「病院」がトヨタを超える日 医療は日本を救う輸出産... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「病院」がトヨタを超える日 医療は日本を救う輸出産業になる! (講談社プラスアルファ新書) 新書 – 2011/1/21

5つ星のうち 4.0 38件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 905
¥ 905 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「病院」がトヨタを超える日 医療は日本を救う輸出産業になる! (講談社プラスアルファ新書)
  • +
  • あなたの仕事は「誰を」幸せにするか?---社会を良くする唯一の方法は「ビジネス」である
  • +
  • 「病院」が東北を救う日 (講談社+α新書)
総額: ¥3,322
ポイントの合計: 83pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界が絶賛! 逆転の発想で低コスト・高品質医療を実現!!
東京・八王子で「病気にならない街づくり」を実践。医療を「商品」として輸出産業化するドクターの挑戦!

日本がバブルに浮かれていた1980年代後半、大学病院で勤務医をしていた私は、この国の保険診療システムは遠からぬ将来に崩壊すると危機感を募らせていました。財源をどこに求めるか。膨れ上がる一方の医療費を、どうやって捻出するか。たどり着いた結論は、2つです。国内に新たな財源が期待できないなら、国外に財源を求めること。そしてもうひとつが、医療コストそのものを抜本的に引き下げること。両極端の結論のようですが、別にどちらか一方を選ぶ必要はありません。国内では「世のため人のため より良い医療をより安く」を追求し、それと並行する形で「日本の医療を輸出産業に育てる」ことで外貨を稼いでいけばいいのです。

●お金のかからない最高の医療
●ワンコイン診療で医療費半減
●医療崩壊の正体は「医療費崩壊」
●「世界に誇る国民皆保険」の真実
●「安さ」があなたの命を縮める!
●安易な医学部定員増加が招く不幸
●医療は35兆円規模の巨大産業
●日本の医療にいまこそCEOを!
●日本発の低コスト・高品質医療
●医療崩壊は最後の大チャンス

内容(「BOOK」データベースより)

逆転の発想で低コスト・高品質医療を実現。東京・八王子で「病気にならない街づくり」を実践。医療を「商品」として輸出産業化するドクターの挑戦。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/1/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 406272698X
  • ISBN-13: 978-4062726986
  • 発売日: 2011/1/21
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,784位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
私も通院している病院ですが、スタッフの対応、医師の診断・治療が丁寧で良い病院だと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
病院と自動車産業を比較できないといレビューがあった。当然、単純な比較はできないが著者の言うところは産業としての医療をきちんと見据えることの重要性であろう。
国民皆保険という誰もが前提にしている所与の前提を取り払って考えることで新たな気づきが得られるということではないだろうか。
もちろん株式会社化ですべてが解決されるわけではないだろうし、デメリットも当然あるだろう。しかし 何事もトライする価値はあるものだと思う。サッチャー改革も小泉改革もこと医療分野に限れば失敗ということになるだろう。しかし その結果 この種のやり方はまずいという認識は共有されてきた。
株式会社化も欠点は出てくるとは思う。しかし トライしてみるべきだし、日本は机の上の議論を続けている余裕はないと思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
厚生労働省が『建前』を守るために病院のアウトカムを公表しないので、患者が適切な医療を選択できない"ので"、"もし"自由競争化すれば、アウトカムと価格が公表されて『患者さんが病院を選ぶことができる』。

というような論理の飛躍をあちこちでしてみせます。
『建前(著者の脳内からひねり出されたものです)』のためにアウトカムを公表しない、と厚生労働省を批判しておきながら、『その建前は診療報酬点数制度を維持するなら絶対守らなければならないもの』なので、制度そのものをやめてしまおう、というのは、論理的な帰結ではありません。
それが本当に問題点であるなら、医療機関ごとのアウトカムの公表の是非に関して議論するべきでしょう。
(『』内はそうあってくれないと、『皆保険全廃』という願望を開陳できない、という著者の都合・妄想・難癖でしかありません)

診療報酬点数制度・国民皆保険制度は、医療産業における市場の失敗を防ぎ、セカンドベストを実現するシステムですから、これを著者が主張するように全廃すれば、医療は現在より劣悪高価なものになります。
比較的裕福な患者層を相手にできる(例えば都内の)病院では経営が楽になり、少数の患者はより質の高いサービスを受けるかもしれませんが、全国的には多くの病院が潰れ、満足な医療を受けられない層はさら
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
2025年、国民医療費は80兆円にまで膨れ上がる‐
そう聞いたとき、皆さんはどのような感想を持つでしょうか。
おそらく大半が日本の将来に不安を感じる事でしょう。そんな金、一体どこから捻出するのだ、と。

しかしその発想には重要な視点が抜け落ちています。
それがこの本のテーマである「医療は産業」という発想。

確かに医療を産業と捉えたとき、今後経済規模の縮小は避けられない日本にとって、成長産業である
医療は非常に魅力的な存在である、と考える事が出来るでしょう。医療が産業として自立しているな
らば、他産業により補填する、といった発想も生まれないはずです。

しかし現実はそうではない。日本の医療は国を蝕む問題児と見なされ、いかにその規模を抑制するか
について、議論は終始しています。そこに医療を産業とする発想は微塵もない。

なぜか?
それは日本の世界でも特殊な法制度にある、と著者は指摘します。
そこから、日本の医療がなぜこうも問題視され、世界の競争に取り残されているのか、メディカルツア
リズムに代表されるアジアを蝕むアメリカ型医療や中国の起こす弊害とは何か、ひいては今後日本が取
り組んでいくべき課題とは何か、に
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
既に実践に入っていることの説明が詳しいので、八王子に近い方なら、実際に出かけて確かめて見られたらより理解が深まるでしょう。国の優秀な人達が大勢集まっても、ことは中々うまく運ばないもの。個人の強い意志による、足元から固める行動が、時に国を動かすこともあります。私のような凡人には理解できないことも多々ありましたが、読後心に涼風が吹き、応援したくなりました。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
医者である著者自らが肝炎患者として入院した際に感じた、病院の居心地の悪さ。これを解決し、利用者目線の医療サービスを実現するためには、病院の利用者側である患者とその家族がボランティアとして医療現場で働くことにより、病院というシステムに自浄作用が働く…というあまり一般的でない方法(=サービスの担い手がユーザー目線を取り入れるという発想ではなく、ユーザー自らがサービスの担い手になることで提供されるサービスの品質向上が期待できる、という考え方)が効果的だと考える筆者。

このような医療改革を達成した暁には、医療産業として海外展開も期待しうる、またそのためにはどんな医療サービスでも全国一律同じ料金となる現行の国民皆保険制度は足かせとなる、という筆者の主張には、自らの立位置を決して責めないという点において、説得力の乏しさを感じてしまう。

第2章で述べられている「医療崩壊の原因は、家族制度の崩壊のしわよせである」という極論は、たしかにもっともであると納得させられる点も感じるものの、結局のところ利用者である患者側のみに負担を強いるやり方では、「自分たちはこれだけのサービスを提供する。だから高くて当然」といういやらしさを感じてしまう。

一方でこの本では、現在は医療保険制度の外にある予防医療の推奨や、自発的に予防医療へと行動させるポイント
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す