通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「無知」の技法 Not Knowing がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 少年ラムネ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙、小口ともに経年ヤケ、キズ少なく本文の状態良好です。■送料込みの値段です■Amazonの倉庫から直送品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「無知」の技法 Not Knowing 単行本(ソフトカバー) – 2015/11/19

5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/11/19
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 929

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「無知」の技法 Not Knowing
  • +
  • 未来に先回りする思考法
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

◆知のパラドックスはなぜ起きる?
知識が高くなればなるほど、キャリアを積めば積むほど、失敗はなくなるはず。
だが、現実は逆のことが起きている。
知識が高いほど、変化や未知のものの受け入れが遅れ、
既知のものへ執着し、盲信する。いわば知のパラドックス(逆説)だ。

なぜ、世界のエコノミストはリーマンショックを予測できなかったのか?
なぜ、中世の解剖学者は心臓の心室は3つ(実際は4つ)と信じていたのか?

それは「知識」「知っていること」に焦点を置くあまり、
疑ったり、「わからない」と認めることができなくなるからだ。
しかし、心理学者ダニエル・カーネマンも指摘しているように、
「世界はほぼ常に理解不可能なものと認めるべき」なのだ。

◆不確実な時代の最適な思考法
世界はどんどん「不確実に」「複雑に」「曖昧に」なる一方だ。
ドラッカーも言ったように、「不確実な(uncertain)時代においては
『無知』を最大限に活用する」のが最強の思考法だ。

「知らない」という境地に立つことで、新しい学びと知識が得られる。
マイクロファイナンスのグラミン銀行を設立し、
ノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌスは言う。
「私は、銀行業務について何も知らなかったからこそ、挑戦できた」

本書では、新進気鋭のコンサルタント2人が、世界のあらゆる領域において
「知」の思考変革を模索する。過去や既知にとらわれず、
「無知」の状態を最大限に活用し、「出現する未来」に臆せず
しなやかに対応する思考アプローチ!
イギリスでマネジメントブック金賞に輝いた書、待望の邦訳書
---------------------
マサチューセッツ工科大学(MIT)上級講師
『U理論』著者─C・オットー・シャーマー氏 推薦!

内容(「BOOK」データベースより)

我々は「出現する未来」から学び、しなやかに対応する必要がある。いま、組織・リーダーに求められる最先鋭の思考アプローチ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 360ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2015/11/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4534053290
  • ISBN-13: 978-4534053299
  • 発売日: 2015/11/19
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 46,981位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 hbspmd トップ500レビュアー 投稿日 2015/12/5
原題は「NOT KNOWING」、副題は”The art of turning uncertainty into opportunity”ということで、「未知なるもの、不確実なものを機会に変える術」とでも云うところであろうか。「知る」或いは「知っている」ということがどういうことかということを整理した上で、「知らないこと」にどう向き合うのか、という哲学的な示唆に富む内容で、一読の価値がある。

本来、人間は物事を理解すればするほど、分かり易く説明が出来る筈であるが、実際には人間は知れば知るほど、「知らない状態」に対する理解が希薄になりがちであり、それが様々なバイアスとなり、選択肢を狭めることとなる。
或いは「知っているべき」という周囲からの圧力が、「知ったかぶり」や謙虚で素直な探究心を失うなどのマイナス面をもたらすこともある。

「知とは球体であり、大きくなればなるほど、未知との接線も伸びる」というパスカルの言葉は、「知らないことを知っていると思い込んでいる人よりも、知らないことを知らないと自覚している自分の方が賢い」というソクラテスと同様に意味深長である。

「知っている」ことが「有」で、「知らない」が「無」ではなく、余白のような「空間」があるのだ、という表現が、恐らく本書のエッセンスを象徴する。「知らない」ことをどのように位置づけ、どのようにそれに向き合い、活かしていくのか、という点で様々な示唆が得られる一冊である。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 本書でいう「知らない(Not knowing)」は「知識がない馬鹿」とは違う。既存の知識に縛られないことである。知識に縛られて真実が見えない、現実を無視することもある。これはマズイ。また、単にややこしい(煩雑に複雑な)問題なら専門家に任せて解決してもらえばいいが、複合的かつ複雑な問題の解決策など実は誰にもわからない。我々は技術的に解決策を考えようとしがちだが、「状況を素直に捉えて、適応する」方が賢明ではないか、と著者は言う。

 「知らない」という居心地の悪い状況でどんな反応をするか。知ったかぶりか無視か。本書のポイントは、「境界線の向こう側(知らない世界)へ踏み込むことは、本人にとって新しいスキルや能力を育てるチャンスでもある」ということだ。起業や転職など新しい世界に踏み出そうとする人には心強い。

 ただし、これを会社内で適用しようとなると果たしてどうか。読者に限らず、職務担当分野に関して「わかりません」と正直に告げるのは困難だろう。上司からは「こいつ使えないな」(部下からは「頼りにならないな」)と思われる可能性が高い。「うーん、難しいですね」と切り抜けて、席に戻ってから必死に調べて検討するのが現実ではなかろうか。

 本書の著者は2人とも企業コンサルタントである。顧客となる企業のトップマネジメントなら「知らない」と
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「人は知らないという内面的体験と、有能という印象を維持したい外面的問題とのあいだで葛藤を感じる」
この一文は私には、どきりとしました。

著者は 知らないを「ない」でとらえれるのをやめ、機会と可能性があるととらえる と説きます。
この時代を生きていくために、前向きな心持ちになることのできる本です。

巻末の実験に書いてある4つのテーマが実に深かったです。明日から周囲の人との向き合い方が変わるそんな一冊です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
大変な良書だと思います。賞を取った翻訳は、大きく外れないと、改めて思いました。
「知識」というテーマで、どんな方にも、関わる内容であると思います。
以下、印象に残った内容になります。

・既知と無知と未知。の組み合わせで色々考える。
<「未知」の概念を使った「問題」の分類方法。>
未知の解法が分かっている問題。(答えは知らないけど、考えればわかる)
未知の解法が分からない問題。(答えもどう考えたらいいのかもわからない)
既知で考えるまでもない問題。(日常の経験的動作)
→無知の既知=潜在意識の問題。実際の行動、習慣。

『知とは、球体である。広がれば広がるほど、その接線は増える』 パスカル

・未知に対する誤った対応方法。
[1]わかる所だけやる
←わかる所から入るのも、問題の着手として有効な事もあるので、その辺のバランスが必要。
[2]知っていることに拘る。重視し過ぎる。
←わかる所ばかり、勉強しまいがち。
[3]知っている式の解法だけ求め続ける。=分析麻痺
←分析に頼り過ぎて、行動しない。
[4]拙速な行動をしてしまう。
←[3]の逆。考えずに、とりあえずで行動でしまう。
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー