Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 181 (5%)

Kindle 価格: ¥3,449

(税込)

獲得ポイント:
35ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad
[吉岡幸雄]の「源氏物語」の色辞典 紫紅社刊

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


「源氏物語」の色辞典 紫紅社刊 Kindle版

5つ星のうち4.5 21個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥3,449
単行本 ¥3,630 ¥2,380

販売: Amazon Services International, Inc.
紙の本の長さ: 261ページ
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

出版社からのコメント

吉岡幸雄著『日本の色辞典』『王朝のかさね色辞典』と合わせて、日本の美しい色文化と四季の彩りをお楽しみください。

●『日本の色辞典』
日本古来の鮮やかな色文化を現代に蘇らせることに半生をかけてきた、「染司よしおか」五代目当主、吉岡幸雄による色名解説と色標本。日本の伝統色209色を日本古来の植物染め技法で忠実に再現。日本の美しい色名にまつわる逸話や歌、物語などにもふれた色名解説の集大成。

●『王朝のかさね色辞典』
王朝の美・襲の色目 (かさねのいろめ) 240色を染め和紙で完全再現。平安時代を知るために欠くことのできない王朝人の美意識。例えば桜の襲といっても20数種も数えられる。現代にも通じる配色の妙をお楽しみください。 --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

レビュー

The Colour of ‘The Tale of Genji’源氏物語の色辞典

It is said that ‘The tale of Genji’ is one of the most honourable Japanese classical literature and has been read for 1000 years. When the tale was written by a talented woman called Murasaki Sikibu who served for the Empress at the Court, it was Heian era that the capital of Japan was in Kyoto.

The hero called Hikaru Genji (shining prince) who was born between the Emperor and his most beloved Kiritubo no Koui who was born as not so high rank clan.
Tragically, she was died when Hikaru Genji was three years old because of jealous and bullying from women of the seraglio.
However, Hikaru Genji grew up under the protection of his father Emperor. He was absolutely beautiful, talented and clever by nature so that is to say he was be equal anyone else.

This tale tells us Hikaru Genji’s love affairs, political strife at the Court, agony, prosperity, death and so on.
Moreover, we can see how men and women at the Court at that time who really adored the turning of seasons and scenery in Kyoto lived.
The Tale of Genji can also be said to be the natural history of the Heian era. --出版社のコメント(英語)

Yoshioka has read ‘The Tale of Genji’, consisted of 54 chapters, carefully and picked up description about colours from each chapter, for instant, what the princesses had to be wore each seasons, what colour people wore when their close relative passed away, what colour the Emperor could only wore and how they wrote their love letters on paper that was dyed suitable for the season and so on.

This book shows you the colour of the flourish Heian era and also you could feel Japanese craftsman’s spirit. --出版社から著者紹介(英語)

【Natural dyestuffs】
Blue: 蓼藍 Tadeai (Japanese indigo)
Red: 紅花 Benibana (safflower), 日本茜 Akane (Japanese madder) ,etc.
Purple: 紫根 Shikon (roots of purple grass), 二藍 Futaai (indigo × safflower)
Yellow: 刈安 Kariyasu (Kariyasu grass,looks like pampas grass), etc.
Green: 蓼藍×刈安 Japanese indigo × Kariyasu grass, etc.
Brown and Black: 矢車 Yasha (acorns), 檳榔樹 Binrojyu (seeds of betel palm tree),etc. --出版社から染料の紹介(英語) --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

登録情報

  • ファイルサイズ : 129422 KB
  • Word Wise : 有効にされていません
  • 推定ページ数 : 261ページ
  • 出版社 : アットマーククリエイト (2008/11/1)
  • 言語: : 日本語
  • ASIN : B00QK2XIII
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) : 有効になっていません。
  • X-Ray : 有効にされていません
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 21個の評価
click to open popover