最も早いお届け日: 3月7日 日曜日
10 時間 25 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り1点(入荷予定あり)
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
「気づく」技術 がカートに入りました
+ ¥350 配送料
お届け日 (配送料: ¥350 ): 3月9日 - 11日 詳細を見る
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

「気づく」技術 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2011/11/11

5つ星のうち4.1 7個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,430
¥1,430 ¥1
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 「気づく」技術
  • +
  • 「気づく」とはどういうことか (ちくま新書)
総額: ¥2,332
ポイントの合計: 23pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人気プロデューサーが書いた「アイディアや企画を生み出すコツ」。

著者について

おちまさと
1965年、東京都生まれ。プロデューサー。
1987年「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の放送作家オーディションに合格し、番組の総合演出・テリー伊藤氏に師事し放送作家デビュー。
「学校へ行こう!」などの企画や、「仕立屋工場」「空飛ぶグータン」など数々のヒット番組で企画や演出・プロデュースを手がける。
WEBサイトやSNSゲーム、ファッションからマンションまで、さまざまな分野で、企業ブランディングやコラボ企画のプロデュース、デザインを行うなど、ジャンルを超えて幅広く活躍
。雑誌や書籍では数多くの対談でインタビュアーを務める「対談の名手」として、またブログやツイッターが高いアクセス数を誇る情報キュレーターとしても知られている。
著書に『企画の教科書』シリーズ、『初対面の教科書』『時間の教科書』(以上NHK出版)、『小沢一郎総理(仮)への50の質問』(扶桑社)、『相手に9割しゃべらせる質問術』(PHP新書)などがある。

登録情報

  • 出版社 : ダイヤモンド社 (2011/11/11)
  • 発売日 : 2011/11/11
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 216ページ
  • ISBN-10 : 4478013918
  • ISBN-13 : 978-4478013915
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 7個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
7 件のグローバル評価
星5つ
26%
星4つ
56%
星3つ
18%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2016年12月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年2月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2012年1月26日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年12月29日に日本でレビュー済み