通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「民意」の嘘 日本人は真実を知らされているか (産... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 モロヘイヤ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付きです。良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「民意」の嘘 日本人は真実を知らされているか (産経セレクト S 6) 新書 – 2016/5/12

5つ星のうち 4.5 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 880 ¥ 47

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「民意」の嘘 日本人は真実を知らされているか (産経セレクト S 6)
  • +
  • 「正義」の嘘 戦後日本の真実はなぜ歪められたか (産経セレクト)
総額: ¥1,900
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

安保法制・安全保障問題、憲法、自衛隊、中国の拡張主義……日本人は真実を知らされているか。
報道・言論への圧力? 戦争が近づいている? 立憲主義を破壊?
民意を軽視し、印象操作をしているのは誰か。

世論誘導システムが明々白々!
自作自演の「ジャーナリズム」を、日本人は知るべきだ。

言論テレビのキャスター、櫻井よしこ氏と花田編集長のタッグ、
ベストセラー『「正義」の嘘』に続く第2弾!
元朝日新聞記者・永栄潔氏をはじめ、論客を招いて戦後日本の歪みをひもとく。

この国の煽動者は、60年安保から変わっていない!

内容(「BOOK」データベースより)

言論テレビのキャスター、櫻井よしこ氏と花田編集長のタッグ第2弾!論客を招いて戦後日本の歪みをひもとく。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 268ページ
  • 出版社: 産経新聞出版 (2016/5/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4819112813
  • ISBN-13: 978-4819112819
  • 発売日: 2016/5/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 38,231位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
偏向報道がほとんどのメディアでされていて、教育現場も然り。
その中で育った世代がほとんどの今、目覚めるための書の一つであります。
日本国民は、虚実は一冊の本や一つの情報だけでは判別してはなりませんが、日本の歴史特に戦後史を多読することもお勧めします。
その上で、本書を読み返すとそこに真実が整理されていることに気づきます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
テレビ、新聞が事実だけを報道してると思っている
人がまだ居るのかな?
ネットのお蔭で正体を知ってる人が増えたのに残念だね。
時代に乗り遅れた人に新聞以外も読みなと進めて挙げたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
8月23日30日合併号女性自身の表紙をご覧下さい。吉永小百合氏が「命が押しつぶされる前に、みんなで声をあげよう!」と言っている。カン・サンジュン氏との対談である。これで、現政権の自衛隊を含む国防を非難。改憲イコール命をつぶすことと印象づけている内容だ。これは、NHK日曜討論で、共産党議員が自衛隊を含め国防費を「人殺し予算」と断言したことと、ほとんど同じ主旨だ。しかし、小百合氏のように、平和の祈りを錦の御旗に掲げ、物やわらかに「みんなで・・」と表現すれば、女性読者の一部を取り込む作用は一定あると思われる。この手強いやり方こそ、女性の反戦を願う素朴さを手玉にとる、侮れない民意の嘘のひとつ。平和を願えばこその抑止力への理解を阻む強敵だろう。
本書の中にも、女性誌の姑息なプロパガンダについて憂慮するという部分があり、同感した。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 日本国の政党である筈の「共産党」には朝鮮人が多く、中国共産党(中共)の傀儡政党だ。公明党も北朝鮮独裁政権のための日本の政党であり、北朝鮮カルト宗教の創価学会が支配する政党だ。「創価学」という日本人仏教徒が戦前設立した団体に、ある日通名を使う北朝鮮工作員・池田大作が入会した。創価学の創立者が高齢で他界すると、この工作員が「背乗り」を開始する。そして現在、「創価学会」と改名し、日本最大のカルト宗教団体と化した。宗教団体という仮面を被ることで日本では税金を払っておらず、無知な日本人を恐喝で信者にしていくのは敗戦直後から有名で、問題になっていた。この団体が集めた金は北朝鮮・金王朝に貢がれている。
 丁度、韓国人団体の民団や北朝鮮人団体の朝鮮総連が日本で税金を払っていないように、朝鮮半島系団体は日本人を騙す悪徳商法でぼろ儲けしていても税金は払っていない。日本人はこういう事すらも知らずに生きている。因みに、日本の芸能界に創価学会信者が多いのは、米占領軍が朝鮮半島人に芸能界、例えば、ジャニーズ事務などを設立させているからだ。これは日本人の白雉政策の一環だった。
 こういう反日団体が密入国者異民族工作員たちによって多く作られたのが敗戦後体制下に置かれたままの日本だ。彼らは日本の政治や中枢機関に入り込み、内側から「背乗り」しつつある。地方政府幹部に圧力を掛けて動かし、日本人の税
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 言論テレビ制作の櫻井氏と花田氏の番組で放送された鼎談・対談を収めた一冊。いずれも期待に背かぬ内容で、終始非常な読み応えを覚えた。
 本書を読み進みながら繰り返し思ったのは、結局、『マス・メディアの報道は信頼に値する。』という根拠のない思い込みから脱却し、『マス・メディアは、日本を破壊しようとする勢力の手に握られており、断じてこれを信じてはならない。』という 180℃の発想の大転換を図らない限り、この世の真相は永遠に理解できない、ということである。無論、本書のような本を読む人には、そんなことは先刻承知済みであろうが、世の中にはまだまだ安易なマス・メディア信仰で凝り固まった人が大勢いる。日本国民の一定割合が、上述の真実に目醒めるようになれば、マス・メディアの権威もいよいよ地に堕ち、その隠れた目的も暴かれるであろうが、本書のような良書が次々出版され、ネットが普及した今の世の中は、確実にそういう方向へと進んでいると言える。
 一例だが、第5章の冒頭で、高市総務大臣が、「放送法の規定に反する場合、電波停止もあり得る。」という意味の答弁を行ったのに対し、田原総一朗氏を初めとするジャーナリストらが、会見で、「私たちは怒っています!」という声明を発表したことが取り上げられている。放送法の精神に反することを繰り返し行っていながら、その点を国会で指摘されると寝耳に水とばかりに反撥
...続きを読む ›
2 コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー