通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「毒婦」和歌山カレー事件20年目の真実 がカートに入りました
+ ¥ 257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 竜迅堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに若干の擦れキズ等ございますが、本文に書き込み等なく通読に支障ない状態です。ご注文をお受け次第、迅速・丁寧に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


「毒婦」和歌山カレー事件20年目の真実 単行本(ソフトカバー) – 2018/7/2

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,080

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 「毒婦」和歌山カレー事件20年目の真実
  • +
  • 和歌山カレー事件―獄中からの手紙
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 27pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

大反響、大増刷出来&イベント&マスメディアに続々登場!
9/7(金)
東京下北沢の「B&B」にて作家、高橋ユキ氏(『木嶋佳苗 危険な愛の奥義』など)と
「和歌山カレー事件から20年 林真須美と木嶋佳苗2人の『毒婦』、そしてオンナの事件の語られ方」
→大盛況で終わりました!
続いてこちら!
9/23(日)
大阪ミナミの「ロフトプラスワンWEST」にて林真須美死刑囚の夫、健治氏と
「夫・林健治さんと迫る! 「毒婦」和歌山カレー事件20年目の真実」
→こちらも大大大盛況で終わりました!
12/11(火)
TBS系朝の情報番組「ビビット」にて、
林眞須美死刑囚の長男インタビューとともに登場
★書評★
『夕刊フジ』(8/1)
『週刊現代』(8/18・25号、武田砂鉄氏)
『週刊読書人』(9/14号、藤井誠二氏)

『女性セブン』(2019/1/3・10号)で、奥田英朗氏が2018年の3冊に選出

和歌山カレー事件はまだ終わっていない!

1998年7月25日、和歌山市園部地区の夏祭りで作られたカレーにヒ素が混入され、
67人が急性ヒ素中毒に陥り、うち4人が死亡。
事件からほどなく、現場近くに暮らす林健治・眞須美夫妻が
「疑惑の夫婦」として注目を集めた。
同年10月、夫妻は保険金詐欺などの容疑で逮捕され、健治は2005年6月まで服役。
眞須美はカレー事件の容疑で逮捕され、
現在も死刑囚として大阪拘置所にいる。
その後、この事件の唯一の物証であった
「ヒ素の鑑定結果」が証拠足りえないということを
蛍光X線分析の第一人者が立証。
眞須美は今も獄中から「無実」を主張し続けている……。

果たして事件は本当に“解決"したのか?
杜撰な捜査、あやふやな目撃証言の数々、
マスコミによる過熱報道、
唯一の証拠の不備、
自供、物証、動機なき死刑宣告、
そして事件後の林家と今など、
「平成の大犯罪」の知られざる裏側とその後に迫る
社会派ノンフィクション!


紀州のドンファン事件、
そして麻原彰晃死刑囚をはじめとする
オウム真理教幹部への死刑執行でも再び注目を集める
和歌山を舞台にした「毒」の事件簿!

発売前から話題騒然!
宮台真司(社会学者)大絶賛! !
“現代の魔女狩り"の正体が明らかに!
細部まで丁寧に拾い上げた傑作誕生!


日本の司法が「法的正義の貫徹」ならぬ
「利害と感情の調整装置」に過ぎぬ事実は夙に知られる。
信頼すべき弁護側再鑑定結果をスルーした
最高裁判決の出鱈目に憤るのも良いが、
本書を読んで落胆すべきは
「だからどうなの」という世論とマスコミの劣化だ。
「見たいものしか見ない俗情」が
勧善懲悪劇を超える事実の深さを消去し続ける。
この国の崩壊現象を端的に指し示す必読書。
          ――――宮台真司(社会学者)

動機なし、
自白なし、
物証なし。


林眞須美は本当に「毒」を入れたのか?
林家を長年取材してきた気鋭の研究者が、
資料、報道等を一から読み直し、
いびつな死刑囚の「実像」と事件の「真相」に迫る!

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
収監以来二〇年、一挙手一投足、
独り言からトイレまでカメラとマイクで
監視されながら、
眞須美は今日も無実を訴え続けている。
彼女は逮捕の日、長女と交わした
「すぐ帰ってくる」という約束を
まだあきらめていない――――「はじめに」より
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・




出版社からのコメント

あの事件から20年……。
果たして現場で何が起き、そして何が裁かれたのか。
警察、司法、マスコミという“権力"、
そしてこの国を覆い続ける“世間の空気"を読み解き、
これまで公表されなかった眞須美の手紙、
夫や長男などへのインタビュー、
そして初公開となる林家の写真
とともに、
事件の全貌を改めて立体的に検証した必読の書!

「法の正義」
「科学の正義」
のもと一日も早く、早く、
再審無罪としてもらい
死刑台より
生還したく
毎日毎日、すごしています。

――――眞須美の長男宛ての手紙より

【もくじ】
第一章◎錯綜~あの日、事件現場で何が起きていたのか?~
第二章◎迷走~死刑判決に至るまでの「から騒ぎ」~
第三章◎応報~保険金詐欺事件と奇妙な人間関係~
第四章◎虚構~過熱するマスコミが作り上げた格好の犯人像~
第五章◎愛憎~夫婦と子どもたちの二〇年~

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 215ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2018/7/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4828420371
  • ISBN-13: 978-4828420370
  • 発売日: 2018/7/2
  • 梱包サイズ: 19.6 x 13.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 38,719位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

8件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.3

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2018年9月6日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月1日
形式: 単行本(ソフトカバー)
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年12月3日
形式: 単行本(ソフトカバー)
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月21日
形式: 単行本(ソフトカバー)
41人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年11月30日
形式: 単行本(ソフトカバー)
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月16日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
49人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月9日
形式: 単行本(ソフトカバー)
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年7月16日
形式: 単行本(ソフトカバー)
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告