通常配送無料 詳細
残り15点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「歴史戦」はオンナの闘い がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「歴史戦」はオンナの闘い 単行本(ソフトカバー) – 2016/6/22

5つ星のうち 5.0 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,342

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「歴史戦」はオンナの闘い
  • +
  • テレビ局はなぜ「放送法」を守らないのか ―民主主義の意味を問う
  • +
  • 偏向ざんまい GHQの魔法が解けない人たち
総額: ¥4,536
ポイントの合計: 138pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

新たな「歴史戦」の火蓋が切られた! 本書に記された以下の見出しやコピーをご覧いただきたい。
中国の政治工作はオンナの使い方が巧み!
オール・チャイナによる「歴史戦の旗艦施設」
「慰安婦問題」はオンナを使った錬金術
国連は「弱者に優しい中立な国際機関」なのか?
コミンテルン活動の温床となっていた日本
「歴史戦」の最終目標は“日本の属国化"……etc.
宋美齢、アイリス・チャン、クマラスワミ……。米中を舞台とするオンナたちの反日工作で、日本は不当なレッテルを貼られてきた。だが、「日本が日本でありつづける」道はまだある!
天安門事件(1989年6月)以前からの中国社会を熟知する河添恵子(ノンフィクション作家)が、歴史家が記さない中国のタブー、“密室でつながる力"などに論及! 国連へ乗り込み、慰安婦問題の嘘に果敢に斬り込んだ杉田水脈(前衆議院議員)が語る左翼の裏事情! スカッと男前で、斬新すぎる1冊!

内容(「BOOK」データベースより)

クマラスワミ、宋美齢、アイリス・チャン…オンナたちの策動によって日本は不当なレッテルを貼られてきた。私たちは同じオンナとして、日本人として、もう黙っていられない!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 284ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2016/6/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569827985
  • ISBN-13: 978-4569827988
  • 発売日: 2016/6/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.7 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 46,490位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
11
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(11)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
日本女性が国の尊厳のために活動されていることにうれしく思いコメントを書く次第。
左巻き連中はこの国を罵倒し辱め、自らが正義と自負し、男のくせに(あえて言うが男のくせに)自分の国を守る気概もなく「戦争ができる国」がナンタラカンタラ言って、権利ばかり要求し義務どころか公の精神もなく、福祉福祉と湯水のごとく税金を使う。生活保護でパチンコをして何かあればクレーマーとなって嫌がらせとデモにうつつを抜かす・・・。 いや、このことは歴史戦とは直接関係ない。事情もあろう。書きたいことを書いて脱線してしまった。 歴史戦の主戦場は国連や外国のマスコミとの戦いであるが国内戦も主戦場である。女性にまかせるわけにはいかないが何の力もない一匹のカエルができることは本を買うことぐらいか。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 語学力と行動力を駆使して世界各地を奔走する河添氏と、日本の名誉を回復する活動で知られる杉田氏の対談を収めた痛快無比な一冊。話題は、国連で日本非難を次々仕掛ける中国とそれと結託する反日弁護士、街ごと中国人に乗っ取られたサン・フランシスコの恐ろしい実態、中国マネーに取り込まれる東南アジアやオーストラリア、杉田氏の地方公務員時代の体験談、下野した今も中国共産党と手を組む台湾国民党の危険な野望など、実に盛りだくさんであり、事前の期待をはるかに上廻る面白さに何度も打ちのめされた。
 わたくしはたまたま、今年の1月と3月に、河添氏の講演を続けて聴く機会があったが(持ち前の図々しさから、いずれも最前列の最も中央寄りに席を取った)、氏は、中国を初めとする世界各地に頻繁に足を運び、また、中国語の文献にも幅広く目を通すことで一般の人が知り得ないようなあの国の内部情報にも精通しており、さらに、中国共産党内部やその周辺の人物の名前を次々挙げており、知識の豊富さと記憶力の確かさに驚いた。本書の対談相手の杉田氏よりも4歳年上で、著作活動のキャリアの長さという点からも、本来であれば、杉田氏が聞き役(訊き役)に廻って然るべきところであるが、河添氏は、杉田氏のこれまでの活動や経歴を巧みに訊き出し、それを補うように話題を膨らませながら話を進行されており、相手を立てるのが上手な人だな、と繰り返し感心した。ま
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
華々しいキャリアを持つお二人の女性が、慰安婦問題から、アメリカ、
台湾、中国、沖縄問題、外交、政治、政治家、公務員の問題まで、様々な視点で、対談形式で、語り合っており、必読の本です。
既存メディアでは、タプー視されるような内容も気持ち良いくらいにスパッと切り込み、一刀両断。歴史的な背景、事実をベースに、深く洞察、明確に分析されており、一気に読ませて頂きました。日本、日本男児頑張れというメッセージが伝わります。それにしても、河添恵子さんの、宋美齢に関する調査は、すごい。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
読めば読むほど、(これまでの日本政府の歴史対応に)がっかりしてくるという、
それだけインパクトのある素晴らしい書籍です。

それにしても日本を貶めようとする女工作員の多いこと多いこと…。
日本の政治家でありながら、みずほ、きよみ、やまお、さおりなどの危険人物も多数。

さて、コリア慰安婦の件。
(真実の証拠を持つ)日本の男性達が(被害者ぶる)コリア女性に向かって、
「嘘は言わないでください!でたらめです!コリア政府が加担していますね!」などと、
迫り、国連など世界各国の要人に主張説明しなければならない慰安婦捏造問題は、
見た目も男性が女性をいじめているようにしか取れないため、
以前から日本の女性が立ち上がり国内外へ発信していかないと難しいと思っていました。

2015年の「日韓合意」は、
“まったく問題が無かった”ものを、然も有ったかのように合意してしまった、
という大勇み足です。
慰安婦問題は、駄々コリアにとって無くてはならない被害者ビジネスですから、
お金に困ると必ず蒸し返されると思います。
慰安婦像も撤去するどころか増やそうとしています。

その慰安婦問題は朝日新Xの捏造であり
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アマゾンカスタマー トップ100レビュアー 投稿日 2016/8/4
形式: 単行本(ソフトカバー)
この二人の会話のテンポのいいこと!小気味よく、鋭くポイントを突いて笑わせながら読ませるのは、なかなかです。
p・141「慰安婦像を、重機で、がーっと撤去」そして「建つたびに、一つひとつ爆破」というところなど、思わず笑い転げつつ「そうだ!その意気!」と、心で拍手。
それにしても、世界中に発信される反日の歪曲報道が、これでもかとばかり続く現状に、うんざりすることしばしば・・・
そんな中で、私はこの本で笑い転げ、パワーをいただきました。元気が出る本です。
女性の皆さんにも、おすすめします。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック