中古品
¥ 150
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに小擦れ、ヨレ、中に経年ヤケあります。ほかは中ともに目立つ汚れなどなく、全体としてはきれいな状態です。プチプチで包んで発送いたします。日曜日を除いて注文確定日の翌日に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「歴史の終わり」を超えて (中公文庫) 文庫 – 1999/7

5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 142
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

激動の九十年代。世紀末の世界の知性は、揺れ動く歴史のなかで何を考え、何を語ってきたか。そして二十一世紀とは。フランシス・フクヤマ、エドワード・サイード、ジャン‐フランソワ・リオタール…など十一人の論客を相手に、刺激に満ちた対論を展開する“語る浅田彰ワールド”。


登録情報

  • 文庫: 325ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (1999/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4122034647
  • ISBN-13: 978-4122034648
  • 発売日: 1999/07
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 126,216位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
たしかにこのメンツに飽くなき情報量で対等に向き合う浅田彰は立派だが、ここに扱われている問題のいくつかのトピックにはこの本はほとんど無力といって差し支えないと思います。ブラジルの貧困層、旧ユーゴスラビアの民族浄化問題、パレスチナ・イスラエル問題等々、たしかに世界を論じる際に避けては通れない題目ではあるが、正直、この本で浅田氏はそれらの問題にちょろっと触れるだけで、また自分はその手の国際問題についても一般人の数十倍の規模でディーテルスを抑えているということを強調するだけで、「じゃあ、どうしましょうか?」というような議論には移ろうとしない。ヒタスラ「僕は分かってますよ」という強調が続くのみである。
もうこれは、典型的な知識量と関心度だけを強調する学者特有の性質で、そういった問題に対して実際危機感を感じてはいるのだろうが、この本がその危機感に対する何かの改善の糸口になるとはとても思えません。専門用語と知識を果てなくぶつけ合うというだけで、なんとなくそういった問題の核心に触れているかのような一時的な錯覚を読み手に覚えさせ、結局読み終えて数日すると何となく頭から消えていく類の情報の集約に思えてなりません。
結局説得力があるのは、最終章の柄谷行人氏との現在の日本思想界に対する酷評でしょうか。それと他のレヴューにも書いてありますが、浅田彰はこれほど現在の日本の知識人に刺激を与え
...続きを読む ›
コメント 53人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
またしても対談である。しかし対談の相手が欧米の一流知識人である。物故者も含まれているが、いまだ一線で活躍している人たちばかりであり、実に刺戟的なものである。現代社会思想の諸相がコンパクトに纏まっている良書。ただこの「コンパクト」さと「明晰さ」が、浅田氏の著作(?)の長所でもあり、また短所でもある。何度も指摘されていることだが、「判った気にさせる」だけで終わってしまう可能性を孕んでいるからである。
また解説の福田和也が「お説拝聴ではなくて、しっかり議論して、むしろ押してる」と書いているが、果たしてそうだろうか。私にはそのようには思えない。ただ対談相手の考え方が「この上なく判りやすいかたちで敷衍される」ように話題を振り、質問しているだけである。インタヴュアーとして優れているだけではないだろうか。ただそうする為には、相手の論を熟知していなくてはならず、それだけでも該博な知識を要するものである。
でも面白い。登場するのは一流の知識人ばかりである。そして判りやすい。是非この本を手に取り、この著作の対談相手の著作を読むきっかけとしていただきたい。そうしなければ、福田氏の指摘通り「連中は思想家として殺されることに」なってしまう。「殺される」とは、思想が平板化される、ということではないだろうか。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
世界トップレベルの学者たちと、F・フクヤマ氏の「歴史の終わり」を契機に対談したものです。様々な学者が「歴史の終わり」を、ポストモダン、南北問題、シミュレーションなどに絡めて語っております。

皮肉は抑え目で、大人しく相手に合わせて知的に会話しております。一人一人の対談ボリュームが少なく、話題はどんどん移っていくので深みがなく、☆三つとさせて頂きました。J.Gバラードとの対談が少ない!!

でも、田中康夫との対談と違い、時事ネタより大局的な話題が多いので、今でも楽しく読めますと思います。また、ボリュームが少ないため、気が向いた時に好きな箇所を軽く読むにはいいと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 冷戦の終焉と共に世界が資本主義化する。
フランシスフクヤマがそう発表したことに対し、
1人の日本人が世界の知識人との対談を通し、
近い過去に起こった真実を探り出す。
 たまには、見慣れたニュース番組から離れて、
世界のTOPが考えている事を理解するのも心地が良い。
 しかし、この本に書いてある。
世界が抱える問題、美味しさを色々な人々が知っておくべきだと思う。
サラリーマン、主婦、アーティスト、スポーツマン、技術者etc…
そういった努力ができるかできないか、
10年20年はあっという間に過ぎてしまい、
知らないうちに差がつき差が縮まる。
僕は強くありたい。
この本に出会えてよかった。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告