Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 880

¥ 70の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[櫻井よしこ, 花田紀凱]の「正義」の嘘 戦後日本の真実はなぜ歪められたか (産経セレクト)
Kindle App Ad

「正義」の嘘 戦後日本の真実はなぜ歪められたか (産経セレクト) Kindle版

5つ星のうち 4.5 48件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 880
新書
"もう一度試してください。"
¥ 950 ¥ 21

商品の説明

内容紹介

慰安婦問題、「吉田調書」、原発、安全保障関連、佐村河内問題、南京事件、集団自決、百人斬り…戦後日本の真実はなぜ歪められたか。
誤報、虚報? はたまた捏造なのか?
偏向、反日なのか?
真実が歪められた理由は、“日本型組織の崩壊”(?)では片付けられない!
平和、弱者、隣国、原発…戦後正義の暴走が一目瞭然!
言論テレビのキャスター、櫻井よしこ氏と花田編集長が初タッグ!
6人の論客を招いて戦後日本の謎をひもとく。
なぜ彼らは日本を貶めるのか、
いまこそ日本人は知るべきだ

内容(「BOOK」データベースより)

平和、弱者、隣国、原発…戦後正義の暴走が一目瞭然!言論テレビのキャスター、櫻井よしこ氏と花田編集長が初タッグ!6人の論客を招いて戦後日本の謎をひもとく。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 4864 KB
  • 紙の本の長さ: 147 ページ
  • 出版社: 産経新聞出版 (2015/3/23)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00WDPI48U
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 84,825位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ふるむーん 投稿日 2015/9/14
形式: 新書 Amazonで購入
これを読んでも、まだ朝日新聞の言い分の方が正しいと言う人などいるのでしょうか。
と思えるほどに、分かりやすく、的確に、厳しく、朝日新聞をはじめとする一連の「反日」報道を批判。
「万死に値する」。
と、普通に聞くとかなりキツイ言葉も出てきますが、これでもまだ足りないくらいだと読後には感じます。

櫻井氏と花田氏、そして論客各氏の、ジャーナリストとして、日本人としての真っ当な怒りと嘆きが、文面から十二分に伝わってくる一冊。
この問題をこのままにしないためにも、一人でも多くの人に読んでもらいましょう。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 アマゾンカスタマー トップ50レビュアー 投稿日 2016/8/3
形式: 新書
実家も朝日新聞、そして結婚後も朝日新聞購読していたこと数十年の私は、受験生の頃、入試問題がやたら朝日新聞から出題される理由を「やっぱり朝日が一番すぐれた新聞だからなのね」と信じ切って疑わぬ程の、おバカでした。朝日と日教組が深い仲だからなんてことも知らないで・・・
この本を読むと、朝日の絶望的な偏り体質、NHKの偏向報道と印象操作,テレ朝、TBSの酷い番組など、ある程度知ってはいましたが、これでもかというくらいまだまだあるんですね。
私たちは、あきらめずにこれを周りの朝日購読者に伝えましょう。惰性で購読していた親類の家は、朝日を取るのをやめてくれました。
ささやかな庶民の努力ですが、焦らずに倦まず弛まず、続けていきます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
これからの日本の行く末を改めて考えるのに役立ちます。
巷で流れる情報の取捨選択を間違えないようにしてほしいです。
本著を読むことで、少しでも現状と未来を憂慮するようになれれば、著者の願いもかなうのではないでしょうか?

マスコミの偏重した報道により、
被害をこうむっているだけでなく、
真実が知らされることがほとんどありません。
くれぐれも誤った歴史認識を持たないように願うばかりです。
日本は世界に誇れる、単民族が同じ土地で暮らした、優れた伝統を持つ素晴らしい国です。
日本人としての自信と誇りを取り戻さなければならないと思います。

選挙に行きましょう!
まずは行動を起こして、日本の未来を考えましょう!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
「異様な反日」韓国の強迫観念 古森義久

 韓国が日本への軟化をみせ始めた。この動きは明らかに米国の対韓姿勢の変化を大きな要因としている。オバマ政権内外で韓国の反日ぶりをあまりに理不尽とする認識が広がってきたのだ。その有力な例証の一つは韓国官民の反日傾向を病理的な「強迫観念(オブセッション)」とまで分析した米国人学者の最近の論文である。

 ワシントンのアジア政策関係者たちがいま注視するこの論文は「なぜ韓国はここまで日本に妄念を抱くのか」とのタイトルで、東アジアの政治や歴史を専門とするロバート・ケリー氏により書かれた。「ディプロマット」というアジア外交問題雑誌に今月載り、米国側専門家のネット論壇でもすぐに紹介されて、一気に熱い反響を生んだ。

 米国オハイオ州立大学で政治学の博士号を得たケリー氏は現在は韓国の釜山国立大学准教授を務める。

 ケリー氏は同論文で近年の韓国暮らしの体験からまず「韓国で少しでも生活すれば、韓国全体が日本に対し異様なほど否定的な執着を抱いていることが誰の目にも明白となる」と書き出し、「異様な反日」の実例として韓国の子供たちの旧日本兵狙撃遊びから日本軍国主義復活論や米国内での慰安婦像建設ロビー工作までを指摘する。

そのうえで同氏はこれほどの官民一体の日本たた
...続きを読む ›
4 コメント 78人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
インターネット放送局「言論テレビ」で配信された、櫻井よしこ氏と花田紀凱編集長の対談番組での議論をもとにした書籍。マスコミの表も裏も知り尽くした
両氏が戦後マスコミ、とりわけ朝日新聞が垂れ流し続けた数々の嘘を自由闊達な議論によってあぶり出し、鋭く指摘していく。具体的な事実に基づく議論
と指摘には説得力があり、読み応えは十分である。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
正義面をしながら嘘を言っている朝日、毎日、東京などの日本の大手新聞の酷さはよく言われていることで、インターネット、雑誌、本などで見聞きされていると思う。これらのことをインターネット番組の内容を土台にしてまとめた本である。特定のテーマの本ほどは深く突っ込んだ内容ではないが、問題になっていることを広い範囲で取り上げており、読みやすく且つ参考になると思われる。どうしても朝日新聞の批判が多くなっている。

「戦争に駆り立てられる」、「罪をでっちあげられる」、「戦前の日本に逆戻りする」という2013年に特定秘密保護法成立の時の「天声人語」の表現は朝日新聞のお定まりの表現である。軍が集団自決を命じたと言う事実と異なる沖縄住民による集団自決を書いた大江健三郎の「沖縄ノート」や朝日の慰安婦問題報道に共通なことは、自分達のイデオロギーのために、弱者としての犠牲者がいたら、その犠牲を拡大して伝える、たとえそれが事実と違っていても。岩波書店は未だに「沖縄ノート」の出版を続けているとのこと。

福島原発の吉田調書の朝日新聞の記事も、自分達のイデオロギーのために、都合の良い情報の一部を持って来て、「命令違反し撤退」と報じ、「原爆再稼働反対」に結び付けようとした。吉田調書が公表されないと知っていて、現場取材もしないでそのような捏造記事を書いたが、公表されると言うことにな
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover