通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「格安エアライン」で個人旅行が変わる! 120%使... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「格安エアライン」で個人旅行が変わる! 120%使いこなす方法 (講談社プラスアルファ新書) 新書 – 2011/1/21

5つ星のうち 3.7 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 905
¥ 905 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「格安エアライン」で個人旅行が変わる! 120%使いこなす方法 (講談社プラスアルファ新書)
  • +
  • 不思議列車がアジアを走る (双葉文庫)
総額: ¥1,646
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



雑誌100円OFFキャンペーン
期間限定でファッション誌など対象の雑誌が100円OFF!9/30(金)23:59まで 対象一覧 へ

商品の説明

内容紹介

総額30万円 4大陸世界一周もできる!
面倒な予約、狭い座席は「自由への翼」
低コスト、低サービスの「割り切り」日本にも路線を拡げる、新たな航空ビジネス

首都圏にある羽田・茨城というふたつの空港に格安エアラインが就航し、全日空も子会社での格安エアラインへの参入を表明した2010年、日本は格安エアラインを軸にした大競争時代のとば口に立ったと思っていい。アジアへの片道4000円や5000円といった激安運賃に注目が集まっているが、既存航空会社も対抗策を打ちだしはじめている。赤字続きの地方空港や、成田空港は格安エアラインの誘致の動きをみせている。興味を示す格安エアラインもあるという。これからも、さまざまなせめぎ合いが続くだろう。本書は、そんな格安エアライン時代とうまくつきあっていくための一冊である。――<「はじめに」より>

●長距離バス並みに安くなる理由
●インターネットが普及を促進
●英語で予約を取る方法
●保険には入ったほうがいいのか?
●乗り継ぎ時間には注意が必要
●激安キャンペーン運賃の探し方
●搭乗前に食事を済ませよう
●重いスーツケースは使うな
●狭い座席での快適なすごし方
●「格安エアライン」の将来

内容(「BOOK」データベースより)

総額30万円4大陸世界一周もできる。面倒な予約、狭い座席は「自由への翼」。低コスト、低サービスの「割り切り」日本にも路線を拡げる、新たな航空ビジネス。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2011/1/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062726963
  • ISBN-13: 978-4062726962
  • 発売日: 2011/1/21
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 707,579位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 革命人士 トップ500レビュアー 投稿日 2011/1/31
形式: 新書
LCCの歴史や経営、搭乗記、予約の取り方、乗り方…とLCCについて一通りレクチャーしている。「LCCなんて全く聞いたことない」という人や、LCC元年と言われた昨年初頭に出ればそれなりに価値はあったかも知れないが、あれだけLCCが連呼され、各メディアで特集が組まれた後で、フランクフルト・ハーン空港や、「スカイスキャナーを使うと便利」、「LCCはタラップを使うんです」みたいな話が「知らなかったでしょう」という感じで紹介されるこの内容では「祭りの後」感はぬぐえない薄さだ。レクチャー情報は一、二度LCCを使えば「まあ分かるよ」という話が多く、下川裕治という個人的な期待感もあっただけに、著者の魅力が本書に乏しいのが残念。

本書の内容は、下川裕治のLCC体験もあり乗り方のレクチャーもあり…と実用ともエッセイともつかない「結局どうしたかったんだ」という中途半端な仕上がりになってしまっている。マニュアル、エッセイ、著者はどちらも腕が立つ。ならば、どちらかに徹してしまった方がよかった。2年前に著者によって上梓された
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 本書は年30回以上LCCに乗る著者がLCCの歴史や経営、安さの理由、搭乗記、予約方法、FAQ、エアアジアXの羽田就航までの最近の動向等を解説した新書です。
LCC初心者向けと一見思える内容だが、よく整理されており、LCC乗り入れ期の日本・FSAとの競合期の東南アジア・大競争時代の欧米とLCCの進化の状況を冒頭で説明してみたりと工夫がみられる。
 説明事例として引き合いに出されるのは欧米のLCCもあるが、大半はアジアのエアアジアやタイガーエアウェイズ、春秋航空といったいつもの面子なのだが、ノックエアに本書の数箇所で言及しているのはタイに造詣が深い著者ならではか。ノックエアはタイ国内線のみのLCCだが、エアアジアと差別化するため、軽食無料サービスとかビジネスクラスも設置している他、制服がノックエアは黄、エアアジアが赤の理由、タイ人がBKK着便でボーディングブリッジより沖どめでタラップを降りてバスに乗るのを好む意外な理由などLCCエッセイとしても楽しめる内容となっている。
 2011年1月初版の最新刊であるが、FAQ項目では既に古くなっているのもある。クアラルンプールでの国際線乗継ではエアアジアは入国審査が必要でKLで再度チェックインが必要との記載があるが、目的地の限定はあるものの乗継サービス対象目的地なら搭乗空港でスルーチェックインできるようになる等LC
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ10レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/5/22
形式: 新書
筆者の下川裕治さんと言えば、『12万円で世界を歩く』の過酷なバスの旅を思いだします。貧乏旅行やバックパッカーと言えば、下川さんの一連の著作物で書かれた旅が脳裏に浮かぶほどです。タイのバンコクでの外こもりの若者のレポートも興味を持って読んだ記憶がありますので、本書もそういう期待を込めて読んだのですが、ごく普通の「格安エアライン」の紹介本でした。

LCCの代表とも言えるタイのエアアジアの搭乗記を紹介してありますが、このような情報は他の書籍でも語られていますし、当方も実際LCCに乗ったことがありますから、さほど目新しい記述ではありません。もっとも機内食の相場は参考になりましたが。
座席間隔の狭さ、タラップでの乗り込み、荷物の重量制限と課金制度など、実際1回利用すれば体感できることで、それを様々な例を挙げて書かれてもLCCに乗る客はあくまで想定内のことでしょう。だから安いのです。バンコク・チェンマイ間の1時間のフライトで無理して機内でカップ麺を食べなくても良いのにと思いました。そのような写真が必要なのは理解できますが。
第6章に20のQ&Aが記されていますが、結構ディープな質問ですが、実際にLCCを利用する際には役に立つ情報でしょう。

約4時間の飛行=1万円が相場と書かれています。日本の航空運賃のべらぼうな高さを考えますと、ア
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
テレビ東京で放映された、30万円世界一周の旅番組を観て、格安エアラインに興味をもった。
英語バージョンの予約方法も具体的に載っていて、この本を読めば、格安エアラインを使っての旅行も何とかできそうな気がする。
格安エアラインの歴史や利用上の注意事項(マイナーな空港を使っているとか)がよくわかる。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック