Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[加寿明]の「本業」で理想のお客様に出会う マンダラ活用ワークショップ: 集団の創造力を活かす「マンダラ✕質問」の力

「本業」で理想のお客様に出会う マンダラ活用ワークショップ: 集団の創造力を活かす「マンダラ✕質問」の力 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版, 2018/1/10
¥ 500

商品の説明

内容紹介

 『いきなり「商品」を売るな! コミュニティを作って信頼を築き、そこに商品を乗せよう!』

・・・この言葉が、今起こっていることすべての始まりでした。

 著者の加寿は、早期退職して創業塾に参加し、講師の方の『「商品」を売るな!・・・』という言葉を聞いて、目からウロコが落ちる思いがしました。

 それまでの「何を製造するか」「どう売るか」から、「コミュニティをつくる」への「発想の転換」が起こったのです。

 その後、「ハード(機械・道具など形あるもの)を手放し、ソフト(コミュニケーション、人材教育など形のないもの)を仕事にしよう」と決めて、現在の仕事「会議と参加型・対話型研修(ワークショップ)の促進役(ファシリテーター)」に至っています。

 監修者でソーシャルメディアのプロフェッショナルのノブ横地さんのキャッチフレーズが『一人でやっていませんか? ソーシャルメディアは、「仲間作り」、「コミュニティ形成」がキモです 』というもので、それは、まさしく私がやってきたことでもありました。

 この本は一方的な情報伝達の講義スタイルではなく、「質問」と「マンダラ」を使った書籍上の「ワークショップ」として、読みながら「マンダラ」を書くことで、自ら考えて答えを見つけ、自発的な行動ができることを目指しています。


《この本の内容と使い方》
・「まずワークショップの流れで実践」それから「意図開き(情報、説明)」という流れになっています。

・経営、目標達成、問題解決、自己実現、自己探求、人間関係・・・ソーシャルメディアのみならず、すべてに通じる内容です。


《この本の目的》
 こんな方々のお役に立つこと

○「自分のところの売り物(商品、製品、技術、サービスなど)には自信がある」

○「もっとたくさんの人に知ってもらい、お役に立ちたい」

○「一生懸命に働いているので、売り上げを上げて、もっと報われたい」

・・・・・・と思いながらも、

△「思うように業績が上がらない。お客様が増えない」

△「『やらなくては』と分かっていても、営業することが苦手だ」

△「どうやったら知ってもらえるか分からない」

 そんな方々が、「本業」で理想のお客様に出会い、お客様のお役に立ち、喜んでもらい、飛躍的に業績を上げるお手伝いをすることが、この本の目的です。

 もちろん、すでにうまくいっている方が、さらに業績を伸ばすためにも使えます。

 ぜひ、ご活用いただければ、うれしいです♪


【目次】

【はじめに/監修者の言葉】


第1部【実践編:やってみよう「マンダラ活用」ワークショップ】

 1-1【オープニング】 

 1-2【アイスブレイク】

 1-3【ウォーミングアップ】

 1-4~10【本題:「本業」で理想のお客様に出会う】

 1-4【「現状」を、はっきりさせる】

 1-5【「目標」を、明らかにする】

 コラム【なぜ客を、「たった一人」に絞り込むのか?】

 1-6【「資源」(ヒト・モノ・カネ・情報)を見つける】

 1-7【「対策アイデア」を出しつくす】

 1-8【意志を決め、行動計画を立てる】

 1-9【「ふり返り」とシェア】

 1-10【クロージング】


第2部【意図開き編:「マンダラX質問Xワークショップ」のチカラ】

 2-1【マンダラとは】

 2-2【質問のチカラ】

 2-3【ワークショップとは】


第3部【応用編:マンダラ活用資料集】

 3-1【中心に入れるGROWモデル質問集】

 3-2【 マンダラ活用ワークショップ事例集 】


【クロージング】

 終わりに

 参考書籍・参考ウェブサイト

 著者と監修者について



≪著者と監修者について≫

【著者】加寿 明(かず あきら)

 群馬県前橋市生まれ 株式会社 家族会議 副社長
  
 印刷・サイン・広告業界での勤務と経営の体験を活かして、2001年にコーチ、ファシリテーターとして起業。

 1部上場企業をはじめ、地域団体・大学などでの研修講師や、会議の促進役(ファシリテーター)を各地で行なっています。一方的な情報伝達のみではなく、参加し体験して対話することによって、参加者が考え気づき行動する研修(ワークショップ)を得意としています。

《主な保有資格》
 生涯学習開発財団認定コーチ、CDAキャリアカウンセラー、CAT組織変革ファシリテーター、国土交通大臣認定 屋外広告士、群馬県知事認定 群馬県まちづくりファシリテーター、他

《著書》
『やる気があるのに会議で発言できない人へ』 http://amzn.to/2wHyOie
『「本業」で理想のお客様に出会う マンダラ活用ワークショップ』本書 http://amzn.to/2CSiQl1
『「本業」への思いを伝える マンダラ活用ワークショップ 経営理念編』(仮題)
2018年2月末に出版を予定
監修『絵本:夢をかなえるネコたち~あきらめかけているあなたへ~』  http://amzn.to/2iz5DYt
協力『子どもが勉強したくなる「言葉かけ」: お母さんの一言で成績は上がる】  http://amzn.to/2wHkeY


【監修者】ノブ横地(ノブ ヨコチ)
ソーシャルメディアにいち早く着目し、HISの澤田会長に直接指導するなど、ソーシャルメディアのプロフェッショナルとして全国の県政策部・情報政策課や、商工会、商工会議所、同友会、青年会議所様でセミナー・講座を開催しています。

ソーシャルメディアのビジネス活用をすすめるセミナーを、自分で宣伝することなく「口コミだけ」で「年間200回以上」開催。2014年は339回のセミナー、勉強会を北海道~沖縄まで全国で開催。全国で多くのSNSを使ったビジネス成功事例を生み出しています。ホームページは http://exhige.com/

《著書》
 『ソーシャルメディアの流儀』(ブランポート出版局) http://amzn.to/2Eag8Zh
 『ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣』(扶桑社) http://amzn.to/2ChthBu
 監修『「本業」で理想のお客様に出会う マンダラ活用ワークショップ』本書 http://amzn.to/2CSiQl1

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3766 KB
  • 紙の本の長さ: 140 ページ
  • 出版社: 家族会議出版; 1版 (2018/1/10)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B078Y8MSQY
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 86,493位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク