¥ 1,728
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「本をつくる」という仕事 (単行本) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「本をつくる」という仕事 (単行本) 単行本 – 2017/1/25

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/1/25
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「本をつくる」という仕事 (単行本)
  • +
  • 復興の書店 (小学館文庫)
総額: ¥2,354
ポイントの合計: 71pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ミスを無くすための校閲。衣装を着せる装丁。むろん紙がなければ本はできない。印刷、製本、書体など本を支えるプロに話を聞きにいく。

内容(「BOOK」データベースより)

校閲がいないと、ミスが出るかも。いろんな声をつたえるのに書体は大切。もちろん紙がなければ本はできない…。こんなところにもプロがいた!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 235ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2017/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480815341
  • ISBN-13: 978-4480815347
  • 発売日: 2017/1/25
  • 商品パッケージの寸法: 20 x 14 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,175位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

普段、何気なく書店に並び毎日のように棚の彩りを変える「本」。
そんな「本」がつくられるまでの作り手達のプロフェッショナルを垣間見ることができる本です。
貴方が普段読んでいる本の文字の書体、製本技術、校閲、紙などのそれぞれの物語に思いを馳せてみる良い機会になると思います。
ぜひ「本」の物語に引き込まれてください。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
活字、製本、印刷、校正、紙、装丁、翻訳、絵本…、と本作りにまつわるいろんな仕事を紹介している。各章ごとに登場する職人たちが、一人一人に人間味があってよい。活版印刷のよいところを問われて「よいところがたくさんあったらこんなに廃れなかったんじゃないか」と笑う活版印刷屋とか。紙の本が好きな身としては、すべてめちゃくちゃ関心を持てた。たとえば、今まで「製本」にこだわりが存在するとは考えもしなかったし。
本が好きという人は、この本を読んで作家と編集者以外にこれだけ重要な役割を担っている職人がいることを、よく知るべきだと思う。あと、本好きじゃなくても、たぶんまったく別業種のサラリーマンでも熱くなれる。初めの章の、大企業の一部署が、7年かけて12万字以上の活字をデジタル化していく様子なんか、プロジェクトXそのもの。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本を作るのは作者と編集者だけではない。そこには様々な工程が含まれている。本書は活字書体、製本、活版印刷、校閲、製紙、装幀、エージェント、児童書などの専門家、職人にインタビューを行い、それぞれの仕事の奥深さについて語っている。
それぞれのプロ達は、そのプロの技術にプライドを持ちながら、本を作る上でのこだわりを紹介している。
この本を読んだ後、新たな本を読む時に「この本の装幀は」「この本の書体は」などが気になるようになった。本を読むうえで楽しみが増えるようになった。本という印刷媒体が好きな人にはお勧めの一冊。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック