通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「暮しの手帖」とわたし がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 HappyMediaZ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【商品について】検品の上、問題のない商品を出品しておりますが、通常使用程度のヨゴレやヤケのある場合があります。【配送について】通常、3営業日以内に発送しております。ビニール包装の上、安心品質のゆうメールにて発送予定です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「暮しの手帖」とわたし 単行本 – 2010/5/15

5つ星のうち 4.7 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,851
¥ 1,851 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「暮しの手帖」とわたし
  • +
  • 花森安治のデザイン
  • +
  • 灯をともす言葉
総額: ¥5,631
ポイントの合計: 171pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

一九四八年九月の創刊以来、故・花森安治とともに「暮しの手帖」を作り続けてきた大橋鎭子が、この春、九〇回目の誕生日を迎えました。
企画を考え、取材をし、写真を撮り、記事を書き、レイアウトする。そうした仕事の合間に、少しずつ書きとめてきた思い出を、一冊にまとめました。
戦後まもなく「暮しの手帖」が生まれたきっかけ、無名の雑誌が大きく成長していくようすなど、はじめて明かす熱い思いと、とっておきの話が満載です。当時の貴重な写真も収録しました。皆さまに、ぜひお読みいただきたい一冊です。カバーは、花森安治が描いた「ある午後の編集部」。一九五八年、訪米中の大橋に宛てたものです。

内容(「BOOK」データベースより)

暮しの手帖社社長、モデル、編集者、いつだって体当たり波瀾万丈のしずこさん。昭和の名編集者花森安治とともに「暮しの手帖」を作り続けた大橋鎭子。90歳にして初の自伝。付録に創刊初期の編集後記とグラビア。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 274ページ
  • 出版社: 暮しの手帖社 (2010/5/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4766001656
  • ISBN-13: 978-4766001655
  • 発売日: 2010/5/15
  • 梱包サイズ: 19.2 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 352,652位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
暮しの手帖社社主、大橋鎭子さんの子供時代のエピソードから、花森安治さんとの出会い、「暮しの手帖」の創刊、昭和53年に花森さんが亡くなるまでの出来事が、自伝的に綴られている。
戦後まもなく、娯楽どころか衣食住も十分とはいえない時代に、新しい雑誌を生み出した人びとの熱みたいなものが伝わってきて、ページをめくるごとに胸が高鳴る。
本をつくるよろこび。みんなでひとつの仕事に没頭する楽しさ。譲れないものと、変わることをおそれぬ勇気。それらがぎっしり詰め込まれた、さながら「暮しの手帖」一家の冒険譚といったおもむき。

テレビが普及していない、インターネットもない時代に、雑誌をつくることは、どんなにか新しく楽しかったことだろう。
鎭子さん(と敬愛をこめて呼ばせていただく)が川端康成に原稿を依頼するくだりなど、わくわくして鼻血が出そうになる。
菊池寛賞の副賞として贈られたアメリカへの旅も然り。今で言えば、宇宙旅行に行くくらいの驚きと新鮮さに満ちていただろうな。

何より魅力的なのは、さまざまなエピソードから伝わる鎭子さんのお人柄。
繊細にして大胆、物怖じせずに信じた道をまっすぐ歩いてゆくそのきっぷのよさに、読みながらため息が出る。
三十年間一緒に仕事をしてきた花森安治さんへの敬愛も、言葉の端々ににじ
...続きを読む ›
コメント 91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
2016年04月スタートのNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロインのモチーフとなった、「暮らしの手帖」の創業者、大橋鎭子さんの自伝本です。
出版自体はずっと以前ですが、今回の朝ドラ化で判型を変え、文庫本よりやや大きめで文字も大きく読みやすくなったものです。

ドラマではヒロインは小橋常子という名前になっていて、やがて「わたしの暮らし」という雑誌を出版することになるようで、大橋さんにかなり似たところもありますが、この本によらず、いろいろ脚色されているな、という感想です。材木商のお祖母様もこの本に出てこない人なので、とと姉ちゃんの「原作本」というよりも、キャラクターや世界観に影響を与えた「モチーフ」としてとらえるのがやはり妥当なのかもしれまえん。

この本では、大橋さんの子供のころから93歳で亡くなるまでの各エピソードが取り上げられていますが、小学生のころにお父さんを亡くされ、小学生の身で喪主を務めた話や、死因が肺結核だったため、お葬式で出したお弁当が手付かずで大量に廃棄されているのを見て悲しく思った話など、ドラマよりももっとハードな現実の中を、父親の代わりに妹たちや母を守るために奮闘する大橋さんの姿は、まさしく「とと姉ちゃん」という感じで、ドラマの方も今後どうなるか、とても楽しみに思います。

暮らしの手帖を創刊した
...続きを読む ›
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
実を言うと。「暮しの手帖」──という雑誌を、あまり
きちんと読んだ事のない私。
にも拘わらず。
<日常>を大切にした雑誌、広告に惑わされない商品テスト、
そして何より珠玉のエッセイ“素敵なあなたに”が、今も変
わらず連載されている雑誌──
などなどの理由から、<好きな雑誌>の1つだったりします。

91歳にして、今尚連載を続けられている、大橋鎮子さん。
名編集長・花森安治さんと共に、『暮しの手帖』を作り、花
森さん亡き後も、社長として、編集者として、この雑誌を世
に送り続けてきた“しずこさん”
自伝が出版された去年の時点で、既に齢90歳。けれども、
ほぼ毎日の様に出社され、「何か面白い企画はないの?」と
<タネさがし>に励まれているのだとか。

商品テストにまつわる努力や苦労、一流の料理人さんに
<おそうざい>を作ってもらいたいと頼み込んで始まったと
いう“おそうざい十二ヶ月”
怒ると怖い、仕事に厳しい、けれど編集者として真に大切な
ものは何か、を教わり続けた花森さんの思い出。

そして──<素敵なあなたに>

「商品テストも大事だけれど、ほんの
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
花森安治さんとともに『暮らしの手帖』を創刊した
大橋鎮子さんの回顧録。

『暮らしの手帖』創刊に至る経緯や
創刊後のさまざまな苦労や努力など、
雑誌がどのようにつくられてきたか、が
リアルに描かれています。

一本の記事を書くのに徹底的に商品テストをしたり、
分かりやすくなるまで何度も記事を検証したり、といった
地道な努力の積み重ねで雑誌がつくられていた様子が分かります。

雑誌づくりの厳しさと楽しさを教えてくれる本です。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー