通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品ですが、状態の綺麗な商品になります。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書) 新書 – 2010/1/16

5つ星のうち 3.8 48件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「日本で最も人材を育成する会社」のテキスト (光文社新書)
  • +
  • 企業内人材育成入門
  • +
  • 会社を強くする人材育成戦略 (日経文庫)
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 206pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

誰でも最高のマネジメント知識へアクセスしうる今日においては、いかにモノやカネを動かしたところで、競争優位は確保できない。ヒトこそが企業経営に残された最後の開発ターゲットである。
本書は、ベストセラー『はじめての課長の教科書』の著者が、IT系ベンチャー企業フリービットでの実務経験に基づいて、人材育成プログラムの論理的な背景と、プログラム導入の実践上のポイントを概説するものである。
経営の行き詰まりに直面している経営者や人事部、さらには自らの成長戦略を考える若手のビジネスパーソンにとって有益なヒントになるだろう。
出井伸之氏(クオンタムリープ(株)代表取締役、ソニー(株)アドバイザリーボード議長)推薦!

出版社からのコメント

ベストセラー『はじめての課長の教科書』著者の最新作!
IT系ベンチャー企業フリービット株式会社で、著者が実践し注目を集める育成プログラムを初公開。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 光文社 (2010/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334035426
  • ISBN-13: 978-4334035426
  • 発売日: 2010/1/16
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 48件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 171,314位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
人材の育成が急務とされるなか、そのヒントを捜し求め本書を購入したが、腹に落ちてくるものが殆んどなかった。。
一方、レビューの評価は総じて非常に高いので、分かる人には分かるのだろうと思いますが、レビューの内容も抽象的なものが多く、具体的な評価ポイントが書かれているものが少ないので、一度書店で手にとってみることをお勧めする。

腹に落ちてこなかった大きな理由としては、以下の2点である。
・様々な参考書や経営者の引用が多く、著者の主張がはっきりと見えてこないこと。
・各章のテーマとその内容にフィット感がなく、一言でいうと何なのかということが見えてこない。

後者に関して例えば、
「2章 誰を育てるのか(育成ターゲットの選定)」では、
ハイパフォーマーの特徴や著名人の言葉を多数引用しているが、ハイパフォーマーを育てるということなのか、彼らをターゲットとすることなのか明確でない。

「第3章 いつ育てるのか(タイミングを外さない育成)」では、
年単位と月単位のタイミング計測とあり、その中で「スキル×やる気」のマトリックスが紹介されているが、因果関係が全く分からない。一方、「教育的瞬間」(P80)として、「入社3年目まで」、「出世や異動の前後」、「中途入社前後の3ヶ月」、「退
...続きを読む ›
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 じゃぐぁ トップ1000レビュアー 投稿日 2011/3/6
形式: 新書
冒頭から「グローバル化が進めば普通の人材は不要になる、世界中で同一スキル・同一賃金の流れが進むから」と恐ろしい未来を突きつける。
隣の国では優秀な大卒の人材でも年間300万円で雇える。彼らと競争させれば日本人の平均給与は300万円になる。
だから、中間程度の人材は仕事がアウトソースされる。グローバル化の波に乗ることを諦めたスローライフを目指す人は「貧困」へ向かうだけ、と。

この未来像を見せた後で、誰を・いつ・どうやって育てるのかということについて様々な理論や事例を持ってきて説明している。
ただ、平均的な人の仕事は海外にアウトソースされる、あるいは自社がアウトソースする気満々なのに、その平均的な人を育てると言われても、本気なのかなんとなく不安になる。

そして、「日本で最も人材を育成する会社」とは、それを目標とする自社のことであるとなっては、自社の宣伝と言われても仕方ないだろう。当然その批判は覚悟の上だろうが。
その日本で最も人材を育成する会社のテキストは、7章になっていくつかの自社事例が紹介されるだけだ。
手っ取り早く「そのテキストそのもの」を期待した人にとっては期待はずれになる。
当初から伸びる意欲満々で、キャリアを積み上げる気合の入った上澄み部分の人材ばかり採用する会社の事例は
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
アマゾンのレビューが非常に高くてびっくりしました。
確かに第1章は非常に論理構成も素晴らしく、惹きこまれましたが、
その後の文章は、章のタイトルと内容が合っていないのでよく理解
できなかったというのが正直なところです。

ただ、至るところに名著から抜粋、裏づけに使用した部分があるので
これは、原著に当たるいいきっかけになると思います。
コメント 51人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この本は、従業員は「開発される」べき資源なのだというスタンスに貫らぬかれている。
もちろん、人材開発についての本だから当たり前なのだろうけれど...。

たくさんの経営学の本やビジネス書からの引用、解説が豊富なので、経営者や人事担当向けには役に立つだろう。値段を考えればお得である。

これほど「育てられる側の人」の視点を徹底的に無視した「人材本」もめずらしい。
だから、読んでいてうすら寒くなった。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
『はじめての課長の教科書』、『あたらしい戦略の教科書』の著者が書いた人材育成のための本。新書ではありながら、内容は非常に濃くて、今まで読んだ人材育成に関する本の中でも、最も参考になった。

あとがきに書いてあった、戦略の実行は人事部が責任を持つといった言葉に非常に衝撃を受けた。
どちらかといえば、戦略の立案といった仕事をする部門にいるが、どうしてもその実行の際に、現場と衝突をしてしまう。もちろん、こちら側にも問題はあるのだが、やはり、プロジェクトの実施に当たっては「ヒト」の問題が大きいと感じていた。

この本は、前著『あたらしい戦略の教科書』にもあるように、戦略は立案だけでなくその実行を考えるのが重要であるということを根底において、その戦略を実現するための人材育成はどうあるべきかを、わかりやすく説明してくれる。

構成としては、
第1章 何のために育てるのか(人材育成の目的)
第2章 誰を育てるのか(育成ターゲットの選定)
第3章 いつ育てるのか(タイミングを外さない育成)
第4章 どうやって育てるのか(育成プログラムの設計思想)
第5章 誰が育てるのか(人材育成の責任)
第6章 教育効果をどのように測定するか
第7章 育成プログラムの具体例<
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー