中古品
¥ 104
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★カバーに小よれすれ、小やけ等御座いますが、その他は目立つキズ等御座いません。中身書き込みも御座いません。丁寧にクリーニング後、エアーパッキンにて梱包し迅速に発送致します。★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「日の丸・君が代」を強制してはならない―都教委通達違憲判決の意義 (岩波ブックレット) 単行本 – 2006/12/8

5つ星のうち 2.7 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,576 ¥ 101
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

澤藤/統一郎
1943年8月盛岡生まれ。1971年弁護士登録。司法・労働・消費者・医療・教育の分野に関心を持ち、靖国関連訴訟・自衛隊派遣違憲訴訟・「日の丸・君が代」強制違憲訴訟などに関与。元日弁連消費者問題対策委員会委員長。前日本民主法律家協会事務局長。(財)第五福竜丸平和協会監事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 62ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2006/12/8)
  • ISBN-10: 4000093916
  • ISBN-13: 978-4000093910
  • 発売日: 2006/12/8
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.4 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 943,601位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
世の中を悪くしていいなどという自由はない、世の中悪くしていいという権利はない。それだけのことがわからないのかな。この手の人たちがやっていることこそ他人の権利を踏みにじる、おかしな妄想を強制する、世の中を悪くするといったことなんですけど

日の丸・君が代が気に入らないといってる人たちの言い分は根っこの部分がとっても幼稚です。仮面ライダーごっこ以下の設定でしか物事をとらえていないようです。日本の国旗国歌は世界征服をたくらむ悪の秘密結社のものだと思っているようです。その陰謀を打ち砕くために戦ってくれているのだそうです。ただ幼稚なんだけどずるさと言葉遊びだけには磨きがかかっているのでタチが悪いです。あらゆる手を使って自分たちには手出しできないようにして、結果的に自分たちのおかしな妄想を強制しようとしてるだけじゃないか

正式な式典には国旗国歌は必要なものです。幼稚な話を振りかざしてどうこうするようなものではないです。正式な式典に出席したい、まともな教育を受けたいという人たちはいるわけだが、この手の人たちは他人の権利を平気で踏みにじっている。なんとも思わないんでしょうかね。というか、それだけの想像力なんてないんでしょうね

それにしてもこの手の人たちに教育されて不良品となって社会に出される生徒たちがかわいそうです。責任についてはどう
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
このような議論で最初に出てくるのは、愛を強制するのは間違っているとの議論であり
愛国心を強制するようなものではないとの主張だが、しかし強制の存在しない教育があるなら、そこから伺いたいが。
ほとんどの子供たちは学問を面白いとは思ってはいまい。
道徳教育で、人類愛を教える際も、人を殺すのが何故悪いかと問いかける生徒がいれば、悪いものは悪い人を大切にする事が大事なのだと
言い切ってしまうしか方法はあるまい。
そもそも子供への教育というのは、社会で生きられるように、社会の枠からはみ出す事のないよう子供を型に嵌める事がその本質だ。
そこに強制が存在するのは当然である。

もちろんそればかりではなく例外もいるだろうが。自分の子供時代を鑑みても、教育を受ける事が面白くて仕方がないと思えることはそうはなかった。
道徳教育も望んでやっていたわけではなく、教師や親たちに強制されて教わったものだ
教育とは、シツケであり、強制が存在するのは当然だ。
愛国心を強制するものではないとは、ただの愛国心への否定であり、教育の本質そのものを無視した議論であると言える。

そして国家斉唱や国旗掲揚を行うのがイデオロギーであるなら、それを否定するのもイデオロギーである
子供たちをダ
...続きを読む ›
コメント 50人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
けっこう身の回りにいるんだよね、
世の中には自分で決めていいことと自分で決めちゃいけないことの二つあることが分からなくなっている連中が、

この本をありがたがるタイプもそうだね、 日の丸や君が代を「強制」って巧妙な言葉の言い換えで何か悪事が実行されているように見せかけたいんだね、

最初の自分で決めていいことと決められないことと書いたけど、それって各自の立場って言っても良いわけだ、 例えば学校行事の入学式や卒業式に運動会、会社であれば入社式や随時おこなわれる社内行事でも結婚式などの冠婚葬祭でも、各行政がおこなう行事でもみーんなそうなのだが、それぞれには「主催者と参加者の区別」があるわけだ、 そんな行事の進行については主催者の意思に従うのが本筋中の本筋、 日の丸・君が代反対を口にしたい連中はもう生理現象としてそうしたいのだろうから、主催者の意思に反対してまで出席しているのが変なの、 文句があるなら欠席しろよ!と周囲から注意していいはずなんだが、どうも学校というところはその辺が普通じゃない印象がある、 もう随分経つが女の大阪府知事が大相撲の大阪場所の表彰式に土俵にあがりたいとゴネて相撲協会を困らせたことがあった、相撲協会の対応もなんだか中途半端だった記憶があるが、 あんな馬鹿には「大相撲の土俵はまわしをつけてあがれるものだけけ入っていい
...続きを読む ›
2 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
子供に教育をする人間が子供以下って、教育を受ける子供が可哀相だ。
★0つけようと思ったけどないからしかたないから1ですね
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告