現在在庫切れです。
この商品の再入荷予定は立っておりません。

この商品をお持ちですか?

HICTOP 3Dプリンター用 高強度 PLA 樹脂 材料 フィラメント【1.75mm】 100m 直径精度+/- 0.02mm (十色)

5つ星のうち4.0 37個の評価

現在在庫切れです。
在庫状況について
この商品の再入荷予定は立っておりません。
  • 材質:PLA
  • 直径:1.75mm 各色長さ10メートル 常用の10色 合計 100メートル
  • カラー:白、黑、オレンジ、レッド、グリーン、イェロー、パープル、ブルー、グレー、透明
  • 3Dプリントペンまたは3D描画ペンに適用します。
  • PLA樹脂は比較的小密度で軽く、弾力性や柔軟性に富むという特徴があります。
もっと見る

類似商品と比較する


HICTOP 3Dプリンター用 高強度 PLA 樹脂 材料 フィラメント【1.75mm】 100m 直径精度+/- 0.02mm (十色)
Creality Ender 3 X 3Dプリンター 高精度印刷サイズ220x220x250mm + 強化 ガラスベッド + 0.4mm 3Dプリンターノズル 5個 停電復帰機能 家庭用 教育用 3D Printer 日本語説明書 工場直販
HICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3 高精度 大容量造形サイズ 多種なフィラメントに対応できる 工業級3Dプリンター (CR-10S5)
ANYCUBIC Chiron 3Dプリンターオリジナルセット 3d printer 大容量 印刷サイズ 400*400*450mm 大型 多種類なフィラメント対応 工業級[付属品多い]
【TRONXY】 X5SA 3Dプリンター本体 330 * 330 * 400mm印刷サイズ 大型フレーム COREXY構造 3D Printer デュアルZ軸 PLA、ABS、PETGフィラメントサポート DIY設置 工場直販
Creality 3D Ender 3 3Dプリンター 最大印刷サイズ220x220x250mm 停電復旧機能 高精度 初心者/学校等向け DIY 3Dプリンタ 日本語説明書
カスタマー評価 5つ星のうち4.0 (37) 5つ星のうち4.0 (209) 5つ星のうち4.0 (120) 5つ星のうち3.6 (42) 5つ星のうち3.7 (50) 5つ星のうち4.5 (1101)
価格 使用不可 ¥28,900 ¥96,000 ¥58,999 ¥21,999 ¥25,999
販売者 情報が提供されていません Comgrow3D HICTOP ANYCUBIC JP Tronxy JP Creality 3D正品授权店

キャンペーンおよび追加情報

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。


商品の情報

詳細情報

登録情報


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
37 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年5月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 組立簡単、出力品質価格以上、造形でかい
ユーザー名: snowgoose、日付: 2017年5月14日
3Dプリンタ10台強使用してきましたが、この製品はCP良好です。

・造形品質はZORTRAX M200にはかないません。しかし、10万円以下では QIDIのmakerbot Replicator 2X クローン機に迫ります。Cura 1.4が付属していますが、2.5をダンロードして利用しています。
・製品はほとんど組立済みで輸送サイズのために垂直(Z軸)部と配線部が分離されている状態で、組立は10分もあれjば十分です。
・造形エリアが30cx30x40cmなので大物を作りたい&低価格でとなると現在唯一の選択となります。
・造形時のモータ&躯体共振音は小さ目です。しかし、コントローラ内のファンと風切り音が大き目です。改造可能と思われます。
・プラットフォームにはアルミ基板ヒータが使用され、ガラスが合わされています。造形開始時の平面状態が良好なので造形物の張り付きも良好です。ガラス面にシートが貼られています。張り替えは3Mのブルーテープ等で。剥がして、スティックのりをするのも可能。
・Z軸はHICTOPの他製品とは異なり、向かって左側の1モータです。しかし、向かって右側に行くにしたがってZ精度が揺れることはありませんでした。
・フレームが他のHICTOP製品が2x2cmに対し2x4cmを使用しているのブレが少な目です。
・ベルトのテンション調整可能です。X軸ボルト2本、Y軸ボルト4本。

・糸引きの調整はフィラメントのリトラクトの量・時間とSetting/Infill Before Walls で行なっています。(Cura 2.5)
・夏以外でABSで大き目の物を造形する場合はダンボール等でカバーを作成し、造形後の温度変化を緩やかにする必要があることは、オープン型のお約束です。

と価格の割に良好であったので2台目を購入しました。

追加

・約直径2cm長さ20cmの筒物を0.1mmで積層してみました。上端でブレが大きくなる様子はなし。
・BuildTakを使用すると剥がす時楽になります。 30x30cmを1機で使用しています。
・造形の失敗が少ないので、さらに2機追加購入しました。
・現在 Cura 2.6 使用 造形 40〜50mm/sec が最も安定しています。

・フィラメントは ColorFabb の nGen がおすすめです。高めですが、PLAの様に割れないで造形できABSの様に削れます。

組み立て時の注意

・アルミフルームの中に切りくずがのこっている場合があります。掃除機か刷毛で除去してください。
 組み立て精度や後にローラを傷つけ造形精度を悪くする可能性があります。
・上下フルームの固定ネジは指である程度まで入る様でなければ、締め位置が不適当です。無理に締め付けるとフレームに歪みが生じます。
・最初から組んであるボルト類の増し締めをおこなてください。緩んでいる場合があります。(4機中1機のエクストル0だー固定ネジが外れていました。)

保管場の注意

・ホコリは造形物に焦げをのこしたり、ローラを汚して精度に影響したりします。未使用時はビニール袋等をかけてください。
・ファンのホコリも掃除も忘れずに。
・ホコリ取りは豚毛の刷毛とアルコール系ウエットティッシュで。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
73人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年11月7日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 使える人にはよい製品。水洗いと、フォームシート、断熱で使いやすくなる。
ユーザー名: からす、日付: 2017年11月7日
他の方のレビューにもありますが最終的に調整した後の精度はよいと思います。ただ、最初の工場出荷時は調整が適当なのでレールのネジが調整されてなくてガタがあったりしてその修正方法のマニュアルもないので何も考えずに使うことを期待するのは難しいと思います。

ただ仕組みがシンプルで最小限の機能しかないので、ある程度構造を理解して使える人であればいろんな準備は手動で面倒ですが運用は比較的簡単だと思います。部品点数も少ないので部品の交換も自分でやれそうです。そういう意味でコストパフォーマンスはいいです。

耐久性についてはまだ、数十時間しかつかっていないのでわかりません。

追記:
1kgほど出力しました。いまのところ耐久性に問題はないです。当初、PLAでの出力で、土台との密着がうまくいかず、3cmほど出力したところで縮みや捲れが起きることがありました。いろいろためしたところ、以下対策でほぼ失敗がなくなりました。
・HICTOPのフォームシート(ほかにもいろいろあるのでそれでよいと思う)
・印刷前にシートを水洗い
・(これが一番効いた)周りをキャンプ用の銀マットで囲んで断熱(暖房 20°で設定)

あと、
YoutubeのCNC Kitchen の 3dLabPrint の メッサーシュミット Bf109H の投稿が、CR-10 の設定そのままを公開されていて、この設定でかなりクォリティがあがりました。

悩んでいる方はお試しあれ。

追記2:
その後5Kgほど出力し、ABSも出力しましたが、2回ほど詰まっったのでノズルを交換したぐらいで耐久性に問題はないようです。

あれこれ印刷して、たいていの場合は印刷品質がいいので満足しているのですが、この機種にも欠点があることがわかりました。 300 x 300 x 300 mm のものを印刷すると、200mm以上上部のほうでZのモーターのない側のフィラメントのフィードが足りないらしく印刷品質が悪くなりました。

可能性としては、上部だとエクステンダーでフィラメントを持ち上げる力が余計に必要になることと、エクステンダーとエンドの間のフィラメントのパイプの取り回しの摩擦が考えられます。あとは、梁が一方のZモーターの片持ちなのももしかすると影響しているかもしれません。

ここら辺はエクステンダーのマザーボードのポテンシャルメーター(CNC Kitchenの動画参照。プラスティックの工具で。保証外のおそれあり)をいじってパワーアップするとか、パイプ内にシリコンオイルを塗るとか対策が必要だと思います。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年4月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年2月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年2月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年1月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。レビュー高評価商品 3Dプリンタ用造形材料3dプリンター用 フィラメント