「新世界より」 一 [Blu-ray] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,850
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 春風★迅速・丁寧・真心を込めてお届けします★
カートに入れる
¥ 1,980
5pt
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 雪加書店
カートに入れる
¥ 2,138
通常配送無料 詳細
発売元: uchimoショップ☆2点購入で100円引き~最大1000円まとめ割
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

「新世界より」 一 [Blu-ray]

5つ星のうち 3.4 29件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,320
価格: ¥ 1,728 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,592 (60%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:12¥ 1,728より 中古品の出品:7¥ 1,500より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 「新世界より」 一 [Blu-ray]
  • +
  • 「新世界より」 二 (イベントチケット優先販売申込券付き) [Blu-ray]
総額: ¥5,778
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 種田梨沙, 十川誠志, 東條加那子, 梶裕貴, 花澤香菜
  • 監督: 石浜真史
  • 形式: Color, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2012/11/30
  • 時間: 24 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 29件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B009FT7T92
  • JAN: 4988013230064
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 57,115位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

-偽りの神に抗え-
新たな映像世界を切り開く超弩級エンターテインメントが誕生!
"神の力"を手に入れた人類の運命を3部作で描く壮大な物語。

・第29回SF大賞を受賞した貴志祐介の渾身の長編ベストセラーのアニメ化!
・制作はヒット作を多く生み出しているA-1 Pictures。
・監督は次世代のアニメ界を担う新進気鋭の天才アニメーター石浜真史。


[内容解説]
舞台は未来。

主人公は5人の少年少女たち。物語は、彼らが“呪力"と呼ばれる念動力を学ぶ上級学校へと進む12歳の幼少期から始まる。
5人はそこで、人類の血塗られた歴史を知ると共に、命を賭けた壮絶な冒険へと駆り立てられることになる。
やがて14歳という青春時代を迎えた彼らには、より過酷な試練、胸を焦がす衝撃的な出来事が待ち受けている。
そして、26歳の夏。予想だにしなかった未曾有の惨劇が人類を襲い…!?

呪力という神の力を手に入れた人間、人間に劣らぬ知性を持った異種族=バケネズミ、さらには歪んだ進化を遂げた異形の怪物たち。
様々な勢力や思惑が入り乱れる先の読めないストーリーは、主人公たちが12歳、14歳、そして26歳と時を重ねていく姿を描き、
3部作という壮大なスケールで展開していく。
さらに、スリリングな物語の奥には、生命の根源にかかわる深遠なテーマも潜んでいる。

類を見ない“新世界"“新世代"の映像作品。
かつてないエンターテインメントアニメが、ここに誕生する。

[特殊内容/特典]
【初回特典】 ※初回特典は数量限定により、在庫がなくなり次第終了となります
・オリジナルサウンドトラックCD1
(全22曲。第1部OPテーマ曲、主題歌「割れたリンゴ」(TV edit) 歌:渡辺早季(CV:種田梨沙)を収録)
・キャラクター原案"依り"描き下ろしデジパック仕様
・特製「八丁標」型抜きスリーブ
・リーフレット(DVD特典と同一)
・全巻購入特典応募券

【映像特典】
・「新世界よりPrelude」#1~#4(製作発表の模様や貴志先生と監督の対談など収録)
・「新世界よりクロニクル」第1回
・PV集(第1PV~第3PVまで収録)

[スタッフキャスト]
STAFF
原作:貴志祐介「新世界より」(講談社文庫刊)
監督:石浜真史
助監督:ヤマトナオミチ
シリーズ構成:十川誠志
トータルデザインコンセプト:長澤真
キャラクター原案:依り
メインキャラクターデザイン:久保田誓
音楽:小森茂生
制作:A-1 Pictures
CAST
渡辺早季:種田梨沙
朝比奈覚:東條加那子・梶裕貴
秋月真理亜:花澤香菜
伊東守:工藤晴香・高城元気
青沼瞬:藤堂真衣・村瀬歩
天野麗子:堀江由衣

[発売元]テレビ朝日・ポニーキャニオン

貴志祐介・講談社/「新世界より」製作委員会

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

貴志祐介の同名長編小説が原作のエンタテインメントアニメ第1巻。舞台は未来。12歳の5人の少年少女は、“呪力”と呼ばれる念動力を学ぶ上級学校へ進む。そこで彼らは人類の血塗られた歴史を知ることとなり…。第1話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

原作の内容が、ではなく、アニメ化するにあたってのスタッフのこだわりに賛否が分かれる作品であろうと思います。
まずこのTVアニメには3つの制作スタッフの「こだわり」があります。

1.設定の説明を極力省いていること
2.キャラクターの影なし作画(人物を描くのに陰影を付けない)を試みていること
3.総作画監督を設けず、各回の作画監督や絵コンテの個性を重視していること

最初に1について。設定を説明しすぎるとテンポを崩してしまったり、キャラクターの本心とはズレた言動になってしまったりするため、
どちらかといえば説明をしない方向で進めているとのことです。アニメは意味ワカランよ、なんて思う方もいらっしゃると思いますが、
私はアニメ自体が説明不足で不完全になってしまっているとは思っていません。
ついていけないのであれば、補完としてブルーレイに収録の解説番組「新世界よりクロニクル」を見れば理解が深まると思います。

次に2について。影なし作画は「手抜きだ」と揶揄されがちですが、線を少なくしてシンプルにすることで見やすさを向上させる効果があります。
簡単に言ってしまえば、細かい陰影を省いた分を動きの演技で魅せようというわけです。
この手法をTVアニメで行ってい
...続きを読む ›
コメント 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
全巻視聴・原作未読の上のレビューとなります。
最近の日本製管理SFモノ映像は、シンゴジラなんかも典型でしたらが、社会や権力側の視点で描かれる事が多いような気がします。
私これを見ていて、リチャード・バックマン(=スティーブン・キング)の近未来SF小説や、あるいはスティーブン・キングの『ファイアー・スターター』等を本作の対局に位置する作品だなぁと思いました。もっとも、それらキングの作品と本作は時代背景が異なるので、同列で論じるのはフェアではないのかもしれませんが。本作はオームや9.11後の現代世界を語るのに、日常の生活世界から出発して、日常の中に埋め込まれている権力というものを発見するストーリー構成になっていると思います(作中の呪力は権力と読み替えてよろしいかと思います)。そこはすごく評価できるのですが、日本の現代政治権力が市民革命を経て達成されていない為なのか、どうしても個人即ち市民という視点が欧米の反管理社会・反全体主義社会モノと違って抜け落ちてしまっていると思います。本作は題名からしてオルダス・ハクスリーの『素晴らしき新世界』を下敷きにしていると思いますが、社会と個人の相克が結果的にラストにて安直に昇華されてしまっていると思います。ヒロインは体制権力側からは結局こぼれ落ちてこない、孤立した個人としては生まれ出てこない、生まれ出てこないからこそ、生き直すことが
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
既に言及している方もいらっしゃいますが、この作品は賛否が分かれると思います。

その原因として演出や作画監督の癖が強めに出ていることが挙げられます(特に5話と10話)。
私個人としては場面に合っていたこともあり(特に10話)好意的なのですが、続き物ですので見ていて合わない人もいるでしょう。
しかし「悪鬼のお話」のところなどアニメーターの個性をシーンに落としこませつつも強烈に印象付ける作り方は非常に面白いと思います。

また、監督の意向もあり作中では説明セリフが少ないです。これによって説明不足に感じる方もいるようです。
個人的にはアニメだけで十分に理解できるような作りになっていると思うのですが

本当は星5つの評価を付けたかったのですが、7話9話など妙に顔アップの多い回があったり
途中作画の崩れが気になった回もあったので星4つにさせてもらいました。
BDでは多少なりとも作画が修正されることを期待します。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
非常に好き嫌いの分かれる作品であると思います。
SF、ファンタジー、ホラー、サスペンス、ミステリー、少々のエロス、
和の雰囲気、社会風刺、生物学的視点・・・。
様々な要素を含み、どんな話?と聞かれても端的に説明できない複雑な内容。
しかし、ハマればどっぷりとのめり込める奥深い世界観を持ち
視聴者が今まで見てきたものによって様々に解釈されるであろう非常に興味深い作品です。

尺の関係からか原作の膨大な情報量を必要最低限まで削いではいるものの、
要らない要素をあれこれ足す事はしておらず、かなり原作に忠実に作られていると思います。

しかしアニメ単体で見ると説明不足な感は否めず、
特典のクロニクル等で補完していかないと少々理解しづらいです。
ただ何となく流し見していると全く話が見えず、何が面白いのかもわかりません。
(実際、私も序盤で1度投げ出しています)
ただ、序盤をちゃんと見ていると後半の面白さが全く違います。

色々と波紋を呼んだ作画についてですが、
影なし作画はこの作品に関しては正解ではないかなと思います。
影がない分、暗めに作られた画面は映画のような重厚さを持っています。
グロテスクなシーン
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す