¥ 3,024
  • ポイント: 91pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「持たざる国」の資源論―持続可能な国土をめぐるもう... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


「持たざる国」の資源論―持続可能な国土をめぐるもう一つの知 単行本 – 2011/6/22

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 750

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1212」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 「持たざる国」の資源論―持続可能な国土をめぐるもう一つの知
  • +
  • 野蛮から生存の開発論:越境する援助のデザイン
総額: ¥6,264
ポイントの合計: 189pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

資源調達網としての「共栄圏」構想が潰え植民地も失った戦争直後の日本。極度に限定された条件のもとで、スケールの大きい資源論が、経済の自立、地域住民による参加、そして環境への配慮と持続可能性までを視野に入れ、花咲こうとしていた。高度成長をへて、いまは忘れられた思想の系譜に再照明をあてる。

内容(「BOOK」データベースより)

資源というコトバ=概念の誕生から、「持たざる国」の強迫観念が後押しした海外侵出へ…。その反省から構想され、環境保護を先取りし、しかし、その後の高度成長が押しつぶした「もう一つの知」=「日本資源論」とは?戦後初期に“サステイナブルな日本”を構想していた知のパイオニアたちの軌跡。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 272ページ
  • 出版社: 東京大学出版会 (2011/6/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4130331019
  • ISBN-13: 978-4130331012
  • 発売日: 2011/6/22
  • 梱包サイズ: 19.5 x 13.9 x 2.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 306,482位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2017年10月26日
形式: 単行本Amazonで購入