中古品
¥ 1,274
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【帯つき・美品】非常によい★お子様にも安心!オーガニック洗剤でクリーニング済み。★中古品ですが、使用感も少なくきれいな状態です。紙面の状態は良好です。★【Amazon専用在庫】在庫切れの心配がありません。★安心のAmazon配送センターが丁寧に梱包し直接お客様へ発送されます。【帯・付録について】帯・付録(型紙、ディスクなど)がある場合は説明文冒頭に記載しております。帯については経年劣化による汚れやいたみ、破れなどがある場合がございますので、基本的には広告扱いとお考え下さい。 【検品担当者メモ】書き込みなどのチェックは万全を心がけておりますが、目視確認なので、人的ミスによる見落としがある場合がございます。万が一検品ミスがあるようでしたら、誠心誠意対応させていただきます。評価前にAmazonカスタマーサービスよりご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「成功するピアノ教室」への 7つのブランド戦略 単行本 – 2011/4/20

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 1,017
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

不況や少子化のなかでも、生徒を着実に増やしている先生がいることはたしか。その差はどこにあるか? 生徒が集まらずに悩んでいる先生は、まず「ブランド力」を付けよう。そのための考え方から具体的な方法を、7つの戦略として筆者の経験から分かり易しく伝授する。前著「成功するピアノ教室」で言い足りなかったこと、同書を読んでの先生方の質問を加味、コラムでは、よくある「悩み」を、「処方箋」として解決している。

内容(「BOOK」データベースより)

個人ピアノ教室の先生必読。「なぜ、あのピアノ教室には生徒が集まるのか?」その理由は、教室の「ブランド化」にあった。新しい「ピアノ教室のブランド化」という発想から生まれた、7つの戦略と実践ノウハウの数々。一歩先ゆく、選ばれる教室への秘策が、ここにあります。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 144ページ
  • 出版社: 音楽之友社; 四六版 (2011/4/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4276211794
  • ISBN-13: 978-4276211797
  • 発売日: 2011/4/20
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 524,355位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ピアノ教室コンサルタントの藤拓弘氏が昨年に引き続き、2冊目の本を上梓されました。

私はピアノの教室運営の本をこれまでに何冊か読みましたが、教室のブランド化を視点に書かれた本は初めてです。今までビジネス書でブランディングについて勉強していたため、「ピアノ教室のブランド化」に特化したこの本は、非常に面白く参考になりました。

藤氏は教室のブランド化を「この地域でピアノ教室といえば、この教室」と言われるようになることだと定義しています。そして、そうなるために「講師ブランド」「差別化」「価格」「インターネット」「体験レッスン」「口こみ」「メディア」においての7つの戦略と実践ノウハウを著書の中で書いています。

読み進めていく中で特に私が共感したのが「自分に投資する」ということと「月謝を下げてはいけない」という点。この二つは密接に関わっていると思います。

ピアノ教育界では月謝の低価格化、価格競争が起きています。その中から抜け出す勇気がないから自分も月謝を下げる、というピアノの先生が多いようです。本当にそれでいいのでしょうか。

小さい頃から膨大な時間と労力と教育費をかけて高度な教育を受けてきたのに、それに見合う収入が得られないのは、芸術の世界くらいではないでしょうか。
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
1冊目は、今までの自分の無知さを実感しながら読ませて頂きました。
2冊目は、1冊目以上に細かく分かりやすく実践方法を書いてあります。
一つ一つ、丁寧に実践していけば、必ず結果がついてくる・・・と思います。

指導歴だけ長くなっても、中身が変わらなければ「先生」として、ダメなんだ・・・
ということが良く分かります。

世の中、たくさんのピアノ講師がいる現実・・・。

その中で、「講師のブランド」が必要で、
他の教室のとの差別化をしていかなければ、
これから先、教室経営は本当に難しいと思います。

 それらの事を、詳しく、丁寧に実践方法を織り交ぜて書いてある、
本当に貴重な本だと思います。

私もまだ、読む事で満足してしまっていますが・・・
これから一つ一つ考えて、
今の運営の仕方を進化させていきたいと思います。

 ピアノの先生だけではなく、
全ての指導者に共通すると思いますが、

自らの演奏力、指導力を磨くのと同時に
教室を経営していく経営者としての力も
磨かなくてはいけないと思います。

 今までのピアノ講師だった
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
こっそり目次をご紹介しちゃいます。
・講師ブランド戦略
・差別化戦略
・価格戦略
・インターネット戦略
・体験レッスン戦略
・口コミ戦略
・メディア戦略
ピアノ教室には似つかわしくないような「戦略」という文字が7個、
これでもか!と躍っています。

1冊目の赤い本『成功するピアノ教室』では「生徒が集まる7つの法則」と
「教室運営7つのテクニック」をわかりやすく確実なノウハウで示されました。

2冊目の青い本では、ブランド力のある・愛されるピアノ教室として生き残るために
上記の目次のような、時代に合った更なる豊富なアイディアを提供されています。

私は特に、62ページの「思いは価値になり得る」という文章が心に留まりました。
生徒をピアノレッスンを通して幸せにする!という熱い思いは、いずれきっと
素晴らしい共鳴を生むに違いありません。

その他、間に7つの「ピアノ教室クリニック」のページが挟まれていて
ピアノ教師が持つ不安や悩みに、的確なアドバイスをされています。

この赤と青い本に出会えるかどうかに、あなたのピアノ教室の未来が
かかっていますよ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私の敬愛する、ピアノ教室運営コンサルタントの藤拓弘先生が、
2冊目のご著書を上梓されました。
1冊目に引き続き、何度も何度も目を通しました。

私自身も、ビジネス書の類をよく読むほうで、
また、ピアノの教室の運営等に関する書籍も読みますが、
藤先生のご著書は、非常にわかりやすく、
しかもピアノやピアノ講師に対する愛が溢れています。

ご自身も、1冊目の『はじめに』で、
「知識と経験、これまでの実績をすべて注いで執筆した…」
と書いていらっしゃいますが、
やはりご経験からの言葉は力が違います。

今回のご著書は、1冊目の『成功するピアノ教室』の内容を、
さらに掘り下げたものであると感じていますが、
どちらの内容も、実践すれば必ず結果がついてくることがわかります。

もちろん、ピアノ講師それぞれの考え方や環境、その他さまざまな要因から、
すべて実践するのは難しいことでしょう。
しかし、よりよい教室を!と考えていらっしゃる講師の方であれば、
今の環境を決してあきらめることなく、
できることから一つずつ実践していってはいかがでしょう。

「やってみよう。
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告