¥ 1,944
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「慰安婦」問題の現在―「朴裕河現象」と知識人 単行本 – 2016/4/14

5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/4/14
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 2,790

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「慰安婦」問題の現在―「朴裕河現象」と知識人
  • +
  • 忘却のための「和解」―『帝国の慰安婦』と日本の責任
  • +
  • 「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える (彩流社ブックレット)
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 108pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「慰安婦」問題は解決していないだけでなく、日韓合意によって解決をはるかかなたに遠ざけられてしまった。しかし、これまでの4半世紀の調査・研究・運動によって、国際社会から適切な解決の提案が示されてきた。今後も的確な事実認定に基づいた議論を継続することによって、中途半端な隠ぺいを許さず、真の解決を求め続ける被害女性と支援団体の運動に伴走しつつ、戦時性暴力、女性に対する暴力、人道に対する罪の責任を問う知的営為が続けられるだろう。本書もその一翼を担うことを願う。<まえがきより>

出版社からのコメント

日韓「合意」は「慰安婦問題」の解決をはるか彼方に遠ざけてしまった。 私たちは、侵略と植民地支配の歴史を見据えてきたのだろうか。戦後70年を経過したいま、この国の歴史認識の地滑りが止まらない。「朴裕河(パク・ユハ)現象」から70年談話、日韓「合意」へと連なる動きの根本を抉る!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 255ページ
  • 出版社: 三一書房 (2016/4/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4380160017
  • ISBN-13: 978-4380160011
  • 発売日: 2016/4/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 86,670位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0

トップカスタマーレビュー

前田はクマラスワミ報告書を評価しながら、同じく事実誤認をしている朴の「帝国の慰安婦」を叩いていますが、ご都合主義の二重基準でしかないといった印象を受けました。

吉田証言が事実だとする公文書や証言の発見・・・それの何が吉田証言の直接的な裏付けになっているのか、理解不能。

李の慰安婦管理・移送などに関して日本軍に責任があったという論はそのとおりだと思いますが、補償は1965年の請求権協定に基づいて韓国政府がおこなうべきこと。65年当時はベトナムで死亡した元慰安婦の遺産問題、慰安婦を題材にした映画などで、韓国政府も韓国の国民も元慰安婦の存在を認識していました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
朴裕河を「慰安婦に対する誹謗中傷だ」と批判する本。
「歴史修正主義が猛威をふるってる。この国の歴史認識が地盤から崩れていく事態」「緊急出版」「(編集に)右往左往蛇行を繰り返した」だの焦りが見られる。
「安倍政権は日本軍国主義を彷彿させる」「アパルトヘイトだアウシュビッツだ」など的外れで大げさな表現も多い。

「日本がすべて悪い。被害者である韓国を非難するのは許せない」「慰安婦問題は戦時性奴隷問題」という思い込みで「日本が真摯な反省と謝罪をすれば和解できる」ということが前提になっている。でもその前提は間違いと主張する朴裕河に私は賛同する。

もともと謝罪の必要ない。
慰安婦は戦地売春婦。集めたのは業者。慰安婦は宝石や家を買うほど儲けた。廃業の自由もあり兵士と結婚するケースもあった。性奴隷ではないしナチスと並べるのは不適切。
「欧州がアウシュビッツの嘘を処罰するように日本も見習え」だなんてとんでもない。自由な議論を人権侵害だの言って封じ込めないでほしい。
朴裕河は「謝罪を受け入れない韓国にも問題がある」と指摘している。その通り!
韓国人はもともと許す気がない。
韓国の目的は日本を叩くことにある。目的が叩くことなのだから謝罪しても終わらない。この問題が終わっても他の方法を考え子々
...続きを読む ›
3 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
押し並べて、「日韓合意」に賛成したり、認めたうえで、前進する内容にとの世論誘導か、日本人世界の、腐敗・知性の劣化が進んでいる。
植民地支配の被害者自身が、国家責任を認めない「合意」で、被害者無視だと言っているのに、我々日本人は如何に堕落してしまったのだろうか?
絶望的な報道や論評(一緒にやっていた人でさえ、事実は「転口」を合理化している)。岩波「世界」が、合意を認め前進という編集方針に思える。
そこに、この本が出た。だが、こういう本はベストセラーにならない。
だから、最低でも、良く分からないか、一応は賛成した人も真剣に読んで考えるべきである。
[・・・]慰安婦合意に反対。撤回
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
法学者の李在承による論考が特に有益。日本政府・軍を免罪する『帝国の慰安婦』の誤りを衝く。法的責任を否定し「道義的責任」に逃れる欺瞞。権力に免罪符を与えるとき文学は死を迎える、との批判が厳しい。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック