通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「意識」とは何だろうか―脳の来歴、知覚の錯誤 (講... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「意識」とは何だろうか―脳の来歴、知覚の錯誤 (講談社現代新書) 新書 – 1999/2/19

5つ星のうち 4.1 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「意識」とは何だろうか―脳の来歴、知覚の錯誤 (講談社現代新書)
  • +
  • サブリミナル・マインド―潜在的人間観のゆくえ (中公新書)
  • +
  • サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代 (ちくま新書)
総額: ¥2,635
ポイントの合計: 159pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

受賞歴

第21回(1999年) サントリー学芸賞・思想・歴史部門受賞

内容紹介

意識の成立過程を追い「心」の全体像を探る。他者の心の存在によってはぐくまれる意識は、脳や心とどのようにつながっているのか。認知・脳科学の最新研究をふまえ、人間の存在の本質にスリリングに迫る。(講談社現代新書)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 262ページ
  • 出版社: 講談社 (1999/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061494392
  • ISBN-13: 978-4061494398
  • 発売日: 1999/2/19
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 87,920位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
視覚研究、最近はTMSなどでも著明な認知科学者下條信輔氏の心、意識に対する独自の論考。雪が白く見えるのはなぜか?等の入りやすい疑問から始まり、沢山のとても面白い神経生理学的実験の紹介を通して、「錯誤」かそうでないかは脳の内部の神経機構からは決められないという結論を導き、脳を取り巻く時間的文脈(「脳の来歴」)と空間的文脈(「脳-身体-環境の相互作用」)が心、意識の問題に迫るポイントであることを示していきます。後半はその2つのポイントから、脳に「中枢」はあるか?「他者の心」は錯誤か?自分自身に対する心の理論、感覚言語の獲得過程、意識が現れる時、無意識が無ければ意識はないか?、意識を科学するために必要なこと、等について興味深い論考がとてもわかりやすく展開されています。個人的には、著者が挙げていた2つのポイントは、いまの脳科学について漠然と感じていたもやもやをすっきりと整理してくれました。とても新鮮でユニークな視点で論じられており、全てのページが印象的だった一冊でした。この内容でこの値段、おすすめです!
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
まず、「錯誤」について論考することから本書は始まっている。色に関する錯視、長さに関する錯視、温度に関する錯覚、、、等の例を出しながら、著者はこれらの「錯誤」は実は脳の正しい活動の結果であることを、正しく指摘する。意識下の脳の情報処理過程を経て、これらの「錯誤」は生まれている。

これらの事例が明らかにするのは、われわれの意識は脳の無意識的な処理を下敷きとして立ちあらわれており、その意味で無意識が意識に先行する、ということである。これは、結構不思議な事態だ。というのも、普通「無」ということは「有」なしには理解されないからである。「借金」というタームが理解されて始めて「無借金」というタームがあらわれ、理解される。「無法」は「法」なしには理解されない。しかし一方で、上記の通り、「無意識」は「意識」に先立って存在している。

このことについて著者はこう考える。

<意識の基盤は、少なくとも「周辺的」であり、たぶん無意識的なのです。そして意識の役割は、同時に身体的で生理的な基礎でもあります。そして再三述べてきたように、意識の中心と周辺、周辺と無意識の境界は、注意や経験によって揺れ動き、重複し、また場合によっては反転するのです。>

この結論に到達するまでに、丁寧に著者は言葉を重ねている。そこが良心的で好感が持てる。もう一冊読んでみたい。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ソコツ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/10/11
形式: 新書
1999年に出版された本書を最近はじめて読んだが、まったくもって「新しい」印象をうけた。しかもそれは、「古典は常に新しい」の「新しさ」に近いように思われた。最新の(現在はもっと進んでいるのかな?)脳科学や認知科学の知見を縦横無尽に駆使しつつ、しかし言われていることの中心にあるのは、おそらく普遍的な思想といってそう遠くないものである。
「色」とは、「ものに帰属される性質」ではなく「関係性の質」だ、と様々な要素がからみあった「場」として知覚される「色」の実像を示す。ヒトは意味の「真空状態」を嫌い、だからその認識はつねに秩序や因果を探し求めるという事実を、「直感的判断の錯誤」の根本的な原因として、再確認する。「記憶」とは、脳内で独占されているものでも、さりとて個の身体に閉鎖しているものでもなくて、周囲の環境をはじめあらゆるものに「もたれかかる」ことそのものである。
こうした「新しい」見方は、よくよく考えてみれば「人間の生はすべて、他のものとのつながりのなかにある」とか、「人間は意味なしには生きられない」とか、古今東西の思想やもっといえば宗教がよく語ってきたところである。だから本書は、実に「古典的」な雰囲気をかもし出しているのだ。もちろん、それが徹底して「科学」の言葉と論理で説きあかされているから、他では得難い感動と圧倒的な魅力がある。
ただ、そういう読み方を
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
「錯視」の説明から始まって、「脳」の働きが外部環境との相互作用(この蓄積を「来歴」と称しており、この「来歴」という概念が著者のオリジナリティらしい)によって決まり、「無意識」こそが「意識」の貯蔵庫である事を主張した書。著者は心理学が専攻の由で、心理学者にありがちな"ありふれた"議論に終始している。「心」は「脳」の外にあると考えた方が良い、等という言説を述べている点も心理学派にありがちな傾向ではある。引用例が多く、筆致も非常に丁寧で、著者の誠実な人柄は感じたが、説得力は感じなかった。

本書に依らず、「脳」や「意識」の本を読むと、心理学者と物理学者とでは立場・見解が大きく異なる事をその度に痛感させられる。物理学派は当然"物理学還元論"の立場で(私もどちらかと言えばこちらの支持派)、本書でも僅かに触れられているニューラルネットワークに関する物理法則の導出に専心している模様(最近は量子力学の適用を考えている学者も多い)で本書との対比が面白い。本書で、「機械的決定論と自由意志との対立」及び「認知と環境との境界の"ゆらぎ"」に触れているが、量子力学はそれに対する回答の1つなのだと思う。

本書の最後で著者自身が述べている通り、「脳」、「意識」、「無意識」の問題は未だ解明されているとは言い難い。著者は「来歴
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー