¥ 1,944
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「思考」のすごい力 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「思考」のすごい力 単行本 – 2009/1/20

5つ星のうち 3.9 32件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,560

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「思考」のすごい力
  • +
  • 思考のパワー---意識の力が細胞を変え、宇宙を変える
  • +
  • (文庫)人生の扉をひらく「万能の鍵」 (サンマーク文庫)
総額: ¥4,860
ポイントの合計: 147pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

人間のポジティブな思考の大切さを説いた自己啓発書は数多くあるが、
本書は細胞生物学者が科学的にそれを証明した画期的な本。
遺伝子やDNAが私たちの生体機能をコントロールしているのではなく、
細胞の「外側」からやってくるシグナルがDNAをコントロールしているという。
さらに、私たちが抱く思考は、肯定的なものも否定的なものも強力なメッセージを発していて、
それらも細胞をコントロールしていることを示してくれる。

本書は生物学はもちろん、量子物理学における最新の研究をも統合して、
驚くべき成果を提示した。私たちの思考とは、自分の肉体をも変えうる無限の可能性を
持っているということである。
著者の画期的な研究は、エピジェネティクスという新しい生物学の端緒を開き、
科学とスピリット(魂)の橋渡しに貢献している。
ユーモアあふれる語り口と適切な喩えで、難しい生物学の話をわかりやすく
教えてくれる本である。

内容(「BOOK」データベースより)

人間の持つ無限の可能性の扉を開く新しい生物学の革命的挑戦!遺伝子は単なる生物の設計図にすぎない。意識や環境が細胞をコントロールし、遺伝子のふるまいを変えるという驚くべき真実。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 342ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2009/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569700640
  • ISBN-13: 978-4569700649
  • 発売日: 2009/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,521位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 アマゾン太郎 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/6/11
形式: 単行本 Amazonで購入
the living matrixをみてから、もっと詳しく知りたくて購入しました。
細胞が情報に従うということ、そしてプラシーボ効果は本当に偽効果としてとりあつかっていいのかどうか、というテーマにこたえる本でした。
面白かったのは、DNAは細胞の生殖器であり、決して細胞の脳ではない、ということが明らかになったという実験の話。
 DNAを解析してもほとんど意味がない!ということ…。DNAの上にかぶさっているタンパク質の位置が変われば、同じ設計図でもちがう読み取り方になり、その読み取り方は無限にあるということが書かれていました。つまり、DNAの傾向を読み取ってもほとんど意味がなく、遺伝だからとあきらめる病気は90%以上ない!ということがわかって、大変面白かった。最近「DNAを解析しましょう、自分の体質がわかります」とうたったダイエット検査などがあるけれど、これを読むとそうしたことが一切関係なく、そんな検査は意味がないことだということがわかります。なぜなら、親子関係のDNAがないはずの養子が、親や実子と同じ病気にかかるということもあきらかになっていて、単純にその家の食生活やライフスタイルが病気を作っていることが判明したからです。自分のすべての行いが未来を作っていて、DNAが直接作っているわけではないのですね。DNAってなにやらすごそう、とおもっていたゲノム神話が崩されて、目が開かれたおもいです。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
人に限界はない。 限界は、思考(脳)が作り出しもの。

ナンボ優秀な遺伝子を、生まれながらに持っていても、発芽要因として、思考&環境が揃わなければ、能力を遺憾なく発揮することは難しい。

第七章(252P~295P)は、衝撃的。

受胎した時から、胎児としての学びが始まる。 誰しも、親としては一年生から始めるのに、責任は半端ない。

心して、“学び”を深めることが、子育てには、大きなウェイト占めてくる(遺伝子よりも、環境・思考の力)。 子供は、大人の言うことを何でも信じちゃうものだからこそ、価値あるものをインストールする&環境を整えることが、親としての大きな勤め。

「利己的な遺伝子」を読んだ時の違和感が、氷解のはずが、「ヤバい経済学」を読むと、“遺伝子の差”も相応にあるみたいだし。 人って奥深いなぁって話。

信念が変われば、思考も変わる。 思考が変われば、言葉も変わる。 言葉が変われば、行動も変わる。 行動が変われば、習慣も変わる。 習慣が変われば、人格も変わる。 人格が変われば、運命も変わる(232P)。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者は有名な細胞生物学者で、米国の大学で教鞭を取っています。
本書は著者がライフワークにしてきた、生物学と量子物理学、スピリチュアルの統合を目指した試みをまとめたものです。

著者は少年時代に顕微鏡を覗いて目くるめく細胞世界に魅せられ、生涯その世界を探求することを誓いました。
長じてからは夢を叶えるべく、研究者として職を得ますが、突然それを投げ出し、ミュージシャンとして活動したり、著者の名声からすると不似合いなカリブの田舎の学校で教鞭を執るなど破天荒な人生を生きてきました。
カリブの医学校で啓示のように気付いたのは「遺伝子が生命をコントロールするのではなく、環境こそが遺伝子をコントロールする」ということです。
実際に細胞が何に分化するのかは周囲の環境に依存することから、遺伝子も同様のモデルを取っていることは違和感なく受け入れられました。
また単細胞生物の観察から脳というものを改めて問い直していました。
脳がない単細胞生物も、食べ物を見つけ、毒を回避し、敵からは闘争します。
その判断する部分はどこなのか、答えは「細胞膜」にありました。
細胞膜は膜表面でシグナルを受信・送信して外界とやり取りし、どのような行動をとるべきかを判断しています。
こうした単細胞生物が集合した共同体が多
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
原題 "The Biology of Belief" の直訳は「信念の生物学」。
あくまでスタンスは生物学の域に置きながらも、しかし量子物理学の影響を受けた「エピジェネティクス」という立場から、一人の人をその人たらしめる要因を、遺伝子(だけ)ではなく環境や意識に求めた一冊です。

遺伝子はあくまで「生物の設計図」にすぎないのだと。
母の胎内にいるときから既に外界(環境や周囲の人間の意識)への対応は始まっており、それはもちろん出生後も続いていくという、いささかショッキングな論が提示されます。

また、潜在意識への刷り込み(ダウンロード)は、およそ6歳ぐらいまでの間に盛んに行われるとか。
もちろんその後も続いていくのですが、いったん刷り込まれた意識(ロジックあるいはプログラム)を拭い去ったり置き換えることは、そうそう簡単ではない(不可能ではないけれど)と言います。

しかし、新たな信念で自分の中を統一していくことは可能であるとし、その実例も記しています。
さらには、世界をよき方向へ変えていくサジェスチョンまで含められています。
この辺りは、「引き寄せ系」っぽい邦題に惹かれて本書を手にした(私のような)人にも十分満足できる内容になっています。

今までの生物学
...続きを読む ›
コメント 115人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー