¥ 1,944
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「心の除染」という虚構 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「心の除染」という虚構 単行本(ソフトカバー) – 2017/2/24

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,685

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「心の除染」という虚構
  • +
  • フクシマ6年後 消されゆく被害――歪められたチェルノブイリ・データ
  • +
  • 人間なき復興: 原発避難と国民の「不理解」をめぐって (ちくま文庫)
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 157pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

福島第一原発から50km以上離れている福島県伊達市には、原発事故後、風にのって放射性物質が降り注いだ。街は行政の理不尽な線引き(「特定避難勧奨地点」)によって、「避難できる人」と「避難できない人」の格差を生む。街も、人の心も分断されていく。

「除染先進都市」を宣言し、他よりも早く除染をはじめた伊達市だったが、次第に放射能汚染を過小評価し、「安心・安全」を市民に植え付けるようになり、いつしか「除染をしない都市」に変わっていった。「放射能を除染するのではなく、『心の除染』をする……」と言い出す伊達市。

放射能への不安と行政に対する不信感のなかで、子どもたちの未来を守るために、立ち上がった市民たち、分断された地域社会を取り戻すために、賠償金を勝ち取った市議会議員の奔走など……。原発事故は、私たちの人々の心に何をもたらすのか!

「誕生日を知らない女の子」で開高健賞受賞のノンフィクション作家が、放射能汚染に揺れる故郷・福島県伊達市の実態と、そこに生きる人々を描くヒューマン・ドキュメント!

【目次】
はじめに
序章
第1部 分断
1 見えない恐怖
2 子どもを逃がさない
3 特定避難勧奨地点
4 届かぬ思い
5 分断
6 除染先進都市へ
7 「被曝」しています
8 「避難しない」という決断
9 訣別

第2部 不信

1 「蜂の巣状」
2 小国からの反撃
3 公務員ですから
4 解除

第3部 心の除染

1 家族を守るために
2 放射能に負けない宣言
3 除染交付金の動き
4 少数派
5 除染縮小の方向へ
6 「どこでもドア」があれば
7 選挙前の「変心」
8 手にした勝利
9 市長、ウィーンへ行く
10 交付金の奇妙な変更
11 新しい一歩
12 Cエリアに住むということ
13 「放射線防護」のための除染

あとがき

【著者紹介】
黒川祥子(くろかわ・しょうこ) ノンフィクション作家。1959年、福島県出身。東京女子大学卒業後、弁護士秘書、ヤクルトレディ、デッサンモデル、業界紙記者などを経てフリーに。家族の問題を中止に執筆活動を行う。2013年、『誕生日を知らない女の子 虐待―その後の子どもたち』で第11回開高健ノンフィクション賞受賞。

内容(「BOOK」データベースより)

福島第一原発から50キロ離れた伊達市には、風にのって多量の放射性物質が降り注いだ。避難できる家と避難できない家の格差を生む政策で、分断される市民の心。先進的に取り組むはずの除染事業は失速。行政は「心の除染」を強調するようになる。不安の中、子どもたちを守るため立ち上がる市民たち、引き裂かれた地域社会を修復するため奔走する若き市議会議員…伊達市出身のノンフィクション作家が、被曝に揺れる故郷を描くヒューマン・ドキュメント!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 368ページ
  • 出版社: 集英社 (2017/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797673397
  • ISBN-13: 978-4797673395
  • 発売日: 2017/2/24
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,722位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 S.Saito 投稿日 2017/4/11
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
私の場合梁川町在住なのでCエリアになります。
阿武隈川の西の桑折町では宅地の全面除染なのに、Cエリアの局地的な除染では納得できませんでした。
それに等しく市民税を収めているのにABCと対応に違いがあるのも容認できません。
なぜ小国小学校の児童を五十沢小学校に疎開させることは出来なかったのか。
特定避難勧奨地点が国の政策ならば、なぜ外れた人たちを伊達市が救済出来なかったのか。
18歳以下の子を持つ家庭だけでも何か手を打ってほしかった。
Cエリアの私でさえ伊達市の対応には問題が多すぎだと感じているのだからAエリアの人たちは私の何倍も感じていたでしょう。
その人たちの声を聴いて下さい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
合理的なリスク管理、リスク・コミュニケーションの前提は、種類の違うリスクやコスト、ベネフィットを等価交換可能なものとして数量化し比較することである。福島原発事故の場合ならば低線量被ばくによる健康被害リスク、避難に伴う精神的負担、それを支援する社会経済的コストなど。それらを比較衡量して合理的な解を求める手続きが必要である。
被ばく地域の「除染」計画の報に接したとき、多くの人が莫大な経済的コストと不確かな効果に首をかしげたのではないだろうか。
福島県の県庁所在地に隣接する伊達市は、地域別・地点別放射線量で優先順位をつけていち早く戦略的に除染計画を実行し、次第に除染に過大な期待を招いてきたことを反省し、除染目標を控えめなものに縮小してきた。現在では、市民の安心感を目指した、いわば「心の除染」のための除染活動に限定していくのだという。
これを、合理的な落としどころに落ち着いてきた、と思う方には、是非本書をお勧めする。どんなに残酷で非人道な状況に市民が置かれることになったのか、伊達市出身の著者が同級生などのインタビューをつうじて雄弁に描き出している。
根本的には国と東電の責任を過小評価しようとする国の帰還政策と、その意を忖度しつつ人口を減らすまいとする地方自治体の保身がある。
窓の開け閉めにまで神経を尖らし、わが子を健康リスクにさらしていると
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
行政の多勢に無勢主義と弱者切り捨ての構図が多種多様な被災者の目を通してリアルに書かれていて読み応えがありました。取材者から見た 翻弄される住民と政治的な判断しかできない為政者がどこでもあり得るものとして見える。
残念なのは東京電力の恩恵は立地町周辺だけではないことを風聞でしか見ていないことです。ここは良く誤解されているので、ちゃんと取材すべきです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す