通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
「心の除染」という虚構 除染先進都市はなぜ除染をや... がカートに入りました
+ ¥330 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品の性質上、折れや破れ、書込み、日焼け、水濡れ跡や若干の汚れなど、一部瑕疵のある商品であっても、お読みいただくのに支障がない状態であれば、販売をしております。また帯や商品内のクーポン券などをお付けできる保証はございません。なお、絵本などの一部書籍は表紙カバーがない状態でも販売している場合があります。シリアルコード、プロダクトコードの使用有無は保証しておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

「心の除染」という虚構 除染先進都市はなぜ除染をやめたのか (日本語) 単行本 – 2017/2/24

5つ星のうち4.7 5個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥1,980
¥1,980 ¥468
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定セール プライム会員限定ポイント。 1 件
  • プライム会員限定セール プライム会員限定ポイント。
    プライム会員限定セール プライム会員のお客様は本全品5%ポイント還元。まとめ買いならクーポンコード入力で最大14%ポイント還元。対象商品はAmazon.co.jpの販売する商品に限られます。 特設ページへ 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本全品5%ポイント還元
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定セール プライム会員のお客様は本全品5%ポイント還元。まとめ買いならクーポンコード入力で最大14%ポイント還元。対象商品はAmazon.co.jpの販売する商品に限られます。 特設ページへ 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 「心の除染」という虚構 除染先進都市はなぜ除染をやめたのか
  • +
  • フクシマ6年後 消されゆく被害――歪められたチェルノブイリ・データ
  • +
  • 地図から消される街 3.11後の「言ってはいけない真実」 (講談社現代新書)
総額: ¥4,972
ポイントの合計: 125pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Cyber Monday (サイバーマンデー)
今年最後のビッグセール、サイバーマンデー開催中。12月9日(月)まで。
今すぐチェック。

商品の説明

内容紹介

福島第一原発から50km以上離れている福島県伊達市には、原発事故後、風にのって放射性物質が降り注いだ。街は行政の理不尽な線引き(「特定避難勧奨地点」)によって、「避難できる人」と「避難できない人」の格差を生む。街も、人の心も分断されていく。

「除染先進都市」を宣言し、他よりも早く除染をはじめた伊達市だったが、次第に放射能汚染を過小評価し、「安心・安全」を市民に植え付けるようになり、いつしか「除染をしない都市」に変わっていった。「放射能を除染するのではなく、『心の除染』をする……」と言い出す伊達市。

放射能への不安と行政に対する不信感のなかで、子どもたちの未来を守るために、立ち上がった市民たち、分断された地域社会を取り戻すために、賠償金を勝ち取った市議会議員の奔走など……。原発事故は、私たちの人々の心に何をもたらすのか!

「誕生日を知らない女の子」で開高健賞受賞のノンフィクション作家が、放射能汚染に揺れる故郷・福島県伊達市の実態と、そこに生きる人々を描くヒューマン・ドキュメント!

【目次】
はじめに
序章
第1部 分断
1 見えない恐怖
2 子どもを逃がさない
3 特定避難勧奨地点
4 届かぬ思い
5 分断
6 除染先進都市へ
7 「被曝」しています
8 「避難しない」という決断
9 訣別

第2部 不信

1 「蜂の巣状」
2 小国からの反撃
3 公務員ですから
4 解除

第3部 心の除染

1 家族を守るために
2 放射能に負けない宣言
3 除染交付金の動き
4 少数派
5 除染縮小の方向へ
6 「どこでもドア」があれば
7 選挙前の「変心」
8 手にした勝利
9 市長、ウィーンへ行く
10 交付金の奇妙な変更
11 新しい一歩
12 Cエリアに住むということ
13 「放射線防護」のための除染

あとがき

【著者紹介】
黒川祥子(くろかわ・しょうこ) ノンフィクション作家。1959年、福島県出身。東京女子大学卒業後、弁護士秘書、ヤクルトレディ、デッサンモデル、業界紙記者などを経てフリーに。家族の問題を中止に執筆活動を行う。2013年、『誕生日を知らない女の子 虐待―その後の子どもたち』で第11回開高健ノンフィクション賞受賞。

内容(「BOOK」データベースより)

福島第一原発から50キロ離れた伊達市には、風にのって多量の放射性物質が降り注いだ。避難できる家と避難できない家の格差を生む政策で、分断される市民の心。先進的に取り組むはずの除染事業は失速。行政は「心の除染」を強調するようになる。不安の中、子どもたちを守るため立ち上がる市民たち、引き裂かれた地域社会を修復するため奔走する若き市議会議員…伊達市出身のノンフィクション作家が、被曝に揺れる故郷を描くヒューマン・ドキュメント!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 368ページ
  • 出版社: 集英社インターナショナル (2017/2/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797673397
  • ISBN-13: 978-4797673395
  • 発売日: 2017/2/24
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 268,459位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
評価の数 5
星5つ
74%
星4つ
26%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

5件のカスタマーレビュー

2017年5月2日
形式: 単行本Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年4月11日
形式: 単行本Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年8月23日
形式: 単行本Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年4月8日
形式: 単行本Amazonで購入
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年4月14日
形式: 単行本Amazonで購入
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告