中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 はっぴい本舗
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好なコンディションです。カバーにヤケと小口に少し汚れと数ページ角折れありますが、本文はヤケ、汚れ、書込みありません。確認はしていますが、もし私の気がつかなかった事がありましたら連絡ください。丁寧な包装にて、メール便で発送いたします。発送完了後、メールをご連絡いたします。併売につき、売り切れの際はご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「当事者」の時代 (光文社新書) 新書 – 2012/3/16

5つ星のうち 3.5 35件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

私は2009年夏、『2011年新聞・テレビ消滅』(文春新書)という本を上梓し、そのなかでマスメディアがなぜ立ち行かなくなっているのかをビジネス構造の観点から論じた。なぜビジネス的に描いたかと言えば、それまで出回っていたマスメディア論の多くが、「日本の新聞は言論が劣化している」「新聞記者の質が落ちている」といった情緒論ばかりだったことに辟易していたからである。そうした情緒論ではなく、純粋にビジネス構造の変化からマスメディアの衰退を論じようとしたのが同書だった。
本書はその続編に当たる。今回はビジネス論ではなく、ただひたすらその言論の問題を取り上げた。しかし私は巷間言われているような「新聞記者の質が落ちた」「メディアが劣化した」というような論には与しない。そんな論はしょせんは「今どきの若い者は」論の延長でしかないからだ。
そのような情緒論ではなく、今この国のメディア言論がなぜ岐路に立たされているのかを、よりロジカルに分析できないだろうか----そういう問題意識がスタート地点にあった。つまりは「劣化論」ではなく、マスメディア言論が2000年代以降の時代状況に追いつけなくなってしまっていることを、構造的に解き明かそうと考えたのである。
本書のプランは2009年ごろから考えはじめ、そして全体の構想は2011年春ごろにほぼ定まった。しかしその年の春に東日本大震災が起き、問題意識は「なぜマスメディア言論が時代に追いつけないのか」ということから大きくシフトし、「なぜ日本人社会の言論がこのような状況になってしまっているのか」という方向へと展開した。だから本書で描かれていることはマスメディア論ではなく、マスメディアもネットメディアも、さらには共同体における世間話メディアなども含めて日本人全体がつくり出しているメディア空間についての論考である。

出版社からのコメント

いつから日本人の言論は当事者性を失い、弱者や被害者の気持ちを勝手に代弁する〈マイノリティ憑依〉に陥ってしまったのか----すべての日本人に突きつける著者渾身の書き下ろし472ページ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 468ページ
  • 出版社: 光文社 (2012/3/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334036724
  • ISBN-13: 978-4334036720
  • 発売日: 2012/3/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 291,281位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 言いたいことは分かるのだが(共感もするのだが)、論述が回りくどく、概念化や抽象化が稚拙だ。

 特に1章2章がつまらない。それで100ページを超えてしまう。読むのをやめようかと思ったが、3章からは面白くなる。

 左翼はなぜマイノリティに憑依していったのか。はっきりしているのは、それは別に日本に特殊ではない。米国でも1960年代から「インディアン」などについての文献や映画がふえてくる。サルトルをはじめ当時の代表的知性が第三世界や被抑圧民族に注目し同情し連帯を表明した。その思潮を日本も浴びたということだ。第3章では、そのマイノリティ志向がエスカレートしていく過程を跡付けており、面白い。だが、著者がそれを戦後日本の特殊事情から生まれた思想のように言うとき、その言は的を外している。

 今の若者が冷戦の空気を分からないのは仕方ないが、著者の世代で冷戦のリアリティが分かってないのは珍しい。当時の左右両党は裏で手を結んでおり対立は茶番だった、というのは一面の真実だ。だが、実際にアジアの共産化の脅威があり(インドシナでまさに火を噴いていた)、それを本気で恐れる勢力と、それを本気で待ち望む勢力が存在した。左翼がマイノリティに期待したのはその現実性が背景にあったからで、「エンターテイメント」としてではない。

 その
...続きを読む ›
コメント 145人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者も本文中に書いていますが、話が本筋から大きく長く迂回しては戻り、そしてまたそれていっては戻ることを繰り返しています。だからこのように分厚い本になったのです。しかもその話が学生運動やべ平連の話なので60歳以上の方でないと何のことかわからなくなるだろうと思います。ただ当時は気がつかなかった時代の雰囲気を分析して語っています。ただし非常に主観的な見解です。
結局のところ、「マイナリティー憑依」という言論人やマスコミの立ち位置がいかに安易であり、それが形成される経緯を長々と論じています。それらの概要は360ページと413ページに端的にまとめられています。
そして辿り着いた終章で、やっと表題の「当事者」につながります。マスコミ報道の限界を示し、ネット社会を含む当事者による報道の卓越性に今後の道筋を提示した、そんな感じの長い長い迂回の多い本でした。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
本書から『当事者に光を当て、理解する』ことの大切さを感じた、。

アイヌの人達や在日の歩んできた試練と苦難。 そして、アメリカにおける人種差別の歴史。 (アメリカの歴史上、人種差別は黒人だけが受 けていたものではなかった。)

差別や偏見も含め、それらの苦難は、経験した 者にしか分からない、 ―つまり、当事者の苦しみは当事者にしか分か らない―当事者でない人は、彼らの気持ちを理解したい と願い、その願いを叶えた人達の中には、そこ から得た事柄を自分の人生の糧にする、また は、ミッションにする人もいる。

でも、実際に経験した人に学んだり調べたりし ても、学んだ事は経験に勝らない。

著者は、映画『ジャズシンガー』の主演俳優の 生い立ちや、アメリカの歴史を通して、アング ロサクソン以外の白人達も差別される可能性が あった事、アイルランド系やユダヤ系の移民が 自分達を守るため(差別を免れるため)、黒人を 利用した事を記し、そうした『マイノリティー 憑依』について説明する。

スクープを得るために当事者を利用してきたメ ディア、自己防衛するために黒人を利用した白 人達、自分達のキャンペーンや革命のために弱 者を利用した革命家達。 そして当事者の苦悩を理解せず、利用したメ ディアやエンターテ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
新書としては結構厚め。
これを読んでてすぐに頭に思い浮かんだのは、稲垣武氏の『「悪魔祓い」の戦後史―進歩的文化人の言論と責任』です。
テーマとしても内容の纏まりとしても、稲垣氏の「悪魔払い」の―に軍配が上がるな〜と思いましたが、歴史を遡っての要因の紡ぎ出し方に鋭い部分もあり、そこは劣らずだなと思いました。
内容も割と面白く、第二章、第四章、第六章あたり結構なるほどな〜・・と読めました。
マイノリティ憑依の末の究極形態(または最終形態か!?)が、「奇人変人大集合」にしか見えないという、そこまで魂が逝っちゃっていない人間には笑うに笑えない状態に陥る過程ってのがね・・・・。
そこに至る歴史がちゃ〜んとあったんだってのが個人名挙げて説明されてるんでわかりやすい。
例えば朝日新聞の読者投稿記事が、それこそ「奇人変人大集合」の名物見世物として見られたり、社説が笑い者にされたりするのも、あの新聞の半ば体質化してしまってるマイノリティ憑依の末のモノなんだろう。
どの新聞もこういうジレンマを抱えてるものなんだろうけど、マイノリティ憑依が商売手段どころか、ドップリ生活の一部になってるようなジャーナリストは、こういう本を出されても単に同業者から悪口を書かれてるだけ、もしくは権力側の人間がトンチンカンな批判を加えて自分の邪魔をしようとし
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー