通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 配送は基本的にポスト投函となります。ご住所(表札が無い場合や、表札と荷物の名前が違う場合は返送される場合があります)、メールアドレスの再確認をお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫) 文庫 – 2014/2/28

5つ星のうち 4.1 122件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 500 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529
¥ 529 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)
  • +
  • 開成高校野球部の「弱くても勝つ」方法 (SB新書)
総額: ¥1,317
ポイントの合計: 40pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

甲子園も夢じゃない!? 平成17年夏、東大合格者数日本一で有名な開成高校の野球部が甲子園大会東東京予選ベスト16に勝ち進んだ。グラウンド練習は週一日、トンネルでも空振りでもかまわない、勝負にこだわりドサクサに紛れて勝つ……。監督の独創的なセオリーと、下手を自覚しながら生真面目に野球に取り組む選手たちの日々。思わず爆笑、読んで納得の傑作ノンフィクション!

内容(「BOOK」データベースより)

甲子園も夢じゃない!?平成17年夏、東大合格者数日本一で有名な開成高校の野球部が、東東京予選ベスト16に勝ち進んだ。グラウンドでの練習は週1日、エラーでも空振りでもかまわない、勝負にこだわりドサクサに紛れて勝つ…。監督の独創的なセオリーと、下手を自覚しながら生真面目に野球に取り組む選手たちの日々。思わず爆笑、読んで納得の傑作ノンフィクション!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 241ページ
  • 出版社: 新潮社 (2014/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101335559
  • ISBN-13: 978-4101335551
  • 発売日: 2014/2/28
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 122件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 81,094位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
グラウンドも狭く、部活は週1回。この制約のなか、都大会のベスト16まで進んだことのある、東大進学No1の開成高校。どうして、開成が「そこそこ」勝つのか。この謎(?)に挑んだルポです。

往年のサッカー選手ベッケンバウアーに言わせると、「強いものが勝つのではない、勝ったものが強いのだ 」ということですから、本当は、開成は「弱くても勝つ」のではなく、勝ったのは、相手よりも強かった、ということです。

しかし、よくよく考えて見れば、運動神経が大差ないなら、よりよく思考した者がうまくなるし、勝ちます。開成では、監督の指示も理論的で選手も理屈を納得したうえで取り組もうとします。どんな学校であれ、運動も勉強もできる人は結構いますから、開成にも一定数、運動神経の生徒はいるはずで、そういう生徒が効率的な練習をすれば、ある程度、強いチームにはなるはずです。

それに、野球は、他の団体球技と異なり、選手のフォーメーションが単純で、一つ一つのプレーは分断されており、むしろ個人技の集積のようなものです。たとえば、投球練習なら、ピッチャーとキャッチャーさえいれば、完結した練習ができます。全体練習の時間や場所の制約の影響が他のスポーツにくらべると、小さいといえるかもしれません。

そう考えると、開成が「そこそこ」勝つのは、それほど
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
私の場合は経営に通じるような、いわゆる「戦略的思考」のヒントを求めて読んだため、序盤はまだしも中盤以降は期待はずれに終わりました。しかし、小中高学生のお子さんを持った親御さんや、特に息子さんを持った方などには、【開成野球部を通して、子供達が少しずつ成長する】イメージが持てて、【スポーツやらせるのもいいな】と思われるかもしれません。

具体的には、序盤は監督の戦略、いうなれば【捨てる戦略論】が展開されます。開成高校野球部は、週1しかグラウンドでの練習ができないため、守備は上達しない。そのため、守備力向上は捨てて、「打撃」のみに集中する。(打撃練習は、毎朝体育館にてシャトル打ちができる)。打撃はとにかく「思いっきり振らせ」、あわよくば長打の連発を習う。また、1番・2番によいバッターを置き、打線がつながれば相手に【1番・2番バッターがこれほど良いバッターなら、3番・4番はさらにすごいのではないか】と心理的に揺さぶる。打線に火がつけば、そのドサクサに紛れて大量得点を取り、相手に「戦意喪失」させ、早い段階で「コールド勝ち」に持っていく、という戦略をとっています。

中盤以降は、ネタがつきた感があり、毎年のレギュラー選手と筆者との会話・談話が中心に書かれています。私には響かなかったですが、同年代のお子さんをもっている親御さんには、【子供たちはこういう課題意識をもっているのか】や【こういう思考・興味を持っているのか】、など子供心理を勉強するのには役立つかもしれません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
開成高校の、強打力で相手チームにやる気をなくさせる考え方は、今年卒部した少年野球のナインにドンピシャで、大成功でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
こんな高校野球があったのか^^痛快です。もっといろんなスタイルがあっていいんですね。。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 いちは トップ500レビュアー 投稿日 2016/8/31
形式: 文庫
開成高校は超進学校で、なんと毎年200人近くが東大に進学するという。そんな開成高校の硬式野球部が、平成17年の東東京予選でベスト16まで勝ち進んだ、という話を聞いた著者の好奇心が高まり取材することとなったようだ。

読んでみると、爆笑と感心の連続で、とてもではないが電車の中などで読めるような本ではなかった。例えばこんな感じ。

--野球って危ないですね?
外野を守る3年生にさりげなく声をかけると、彼がうなずいた。
「危ないですよ」
--やっぱりそう?
「特に内野。内野は打者に近い。近いとこわいです。外野なら遠くて安心なんです」
だから彼は外野を守っているのだという。なんでも彼は球だけでなく硬い地面もこわいらしく、そのためにヘッドスライディングができないらしい。打者も地面もこわいので隅のほうの外野にたたずんでいたのである。

また、あるピッチャーへのインタビュー。

--ピッチャーに向いていたんですね。
「向いてはいないと思います。僕には向いているポジションがないんです。向き不向きで考えたら、僕には居場所がありません」

監督がポジションを決める基準はシンプルだ。

・ピッチャー 投げ方が安定している。
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー