¥ 1,296
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「岡山弁JARO?」(おかやまべんじゃろ) (Os... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「岡山弁JARO?」(おかやまべんじゃろ) (Osera岡山弁シリーズ第3弾!) 文庫 – 2014/5/25

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2014/5/25
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 778
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「岡山弁JARO?」(おかやまべんじゃろ) (Osera岡山弁シリーズ第3弾!)
  • +
  • 岡山あるある
総額: ¥2,324
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者について


~青山 融(あおやま とおる)プロフィール~
1949年、岡山県津山市生まれ。
東京大学法学部を卒業後、日本交通公社出版事業局「旅」編集部に入社。
1980年暮れに帰郷し、翌年株式会社アス(現・ビザビリレーションズ)に入社。
月刊『タウン情報おかやま』の編集長を5年間務めたのち、『Osera』の初代
編集長として創刊から携わり、その後編集顧問を務めた。いっぽうで趣味のひとつ
として岡山弁の研究を重ね、これまでに映画『バッテリー』や『釣りバカ日誌18』
での方言指導、数々のテレビ番組やラジオ番組への出演、講演など幅広い場
で活躍してきた。著書に『岡山弁会話入門講座』『岡山弁JAGA! 』がある。


登録情報

  • 文庫: 320ページ
  • 出版社: ビザビリレーションズ (2014/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4900990116
  • ISBN-13: 978-4900990111
  • 発売日: 2014/5/25
  • 梱包サイズ: 18.2 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 520,060位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

「うったて」は標準語ではない。
岡山県民がもっとも驚愕する「え、これって標準語じゃなかったの!?」の話など、
岡山弁研究第一人者がおくる岡山弁解釈本。
岡山県人は元より、岡山に移り住んできた方へお薦めの本。

岡山の情報誌編集長を経て、趣味で始めた岡山弁研究の著者。
ついには、映画での方言指導や講演までするほどに。
そんな著者がおくる楽しい岡山弁解釈本。

兵庫県から移り住んできた私が、ふだん聞いている岡山弁が
なるほどと感じることばかり。

長いをなげー、暑いをあちー、
と発音する解説になるほど。
そういえば、そんな風にしゃべっているの耳にする。
岡山弁ならでは、独特の言い回しや表現に笑いながら読める。
ちゃら書きは岡山弁と教えたら、ビックリする岡山県人多いだろうな。
この本で、岡山弁が奥深く、身近になり、少しは話せるようになるかも。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す