通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「小さな家」の気づき がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 全体的にきれいです。表紙カバーに少しだけ使用感ありますが、本文は概ね良好です。<説明に相違がありましたら、評価の前にまずご連絡お願い致します。返品、返金等の対応をさせて頂きます。>管理ラベルは綺麗に剥がせる専用シールです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「小さな家」の気づき 単行本 – 2003/6

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 308

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「小さな家」の気づき
  • +
  • WindowScape 窓のふるまい学
総額: ¥5,724
ポイントの合計: 114pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「ミニ・ハウス」「アニ・ハウス」で一躍住宅建築界の話題をさらった気鋭の建築家が満を持しておくるはじめての単行本。

内容(「MARC」データベースより)

狭い敷地、住宅密集地、自然環境における「建ち方」を問う。敷地論、小屋論、戸建て住宅論、アパート論、週末住宅論、観察と定着などについて言及。実作写真を多数収録。雑誌掲載文を加筆・改稿、書下ろしを加えて単行本化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 189ページ
  • 出版社: 王国社 (2003/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4860730151
  • ISBN-13: 978-4860730154
  • 発売日: 2003/06
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 584,994位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
狭小住宅という言葉が一般的になったように、家を建てる際、敷地や周辺環境に関する諸条件を克服することが大きな課題となる。こういった問題に真っ向から取り組み、何らかの実用的な解決策が提示されるのを期待していたのだが、この本で述べられるのは、建築の在り方としての概念の問題であった。もっとも、「英雄的な建築家」を自称する試みに対し、建築を志す者ならともかく、素人である私の期待が矮小であったに過ぎないのだろう。

建築家である著者は、制限というネガティブな意味が付与された「条件」という言葉を用いるのを止め、建築を構成するための「素材」の一つであると「定義」し直す。そのことによって、良し悪しといった二元論から脱却し、与えられた「素材」をどう活かすかといったような観点で、多様な「パラメータ」を模索している。そこで「観察」によって、あるべき建築の姿と「素材」の相互依存性をあぶり出し、意識的に建築に「定着」させることで作品に取り組んでいる。

建物が条件に束縛されていたり、集合の一部としての脈絡を失ったりしている(これはランドスケープ・デザインの視点と重なる)という指摘や、建物が従来無かったような多様性をすでに無意識に取り込んだりしているといった実例は、確かになるほどと思わせる。とはいえ、このようなアプローチで様々な「素材」と幅広く格闘している建築家なので、自
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hotwax 投稿日 2003/7/3
形式: 単行本
本来建築は言葉とは遠い距離を置いた存在である。しかしそれを知りながらも建築家は言語化を試みてきた。それは、あるときは有効に思えたり、時にはまったく無意味な行為に見えた。 しかしその評価軸は結局、読者個々人が「実感できるか」の次元の問題であり、それに成功した言説が今も生きたものとして評価されているのだろう。 では、「実感できる」というのはどのような言説を指すのか。その答えの一つが、この書物にある。 設計プロセスから得られた、生々しいまでの「楽しみ」を言語によって定義していく。「オン/オフ」「ズームバック」「素材性」などはその例である。それら定義によって、彼の建築がまるで「観察と定着」のやりとりそのもののようにに浮かび上がってくる。 言語化の新しい方法とは、建築を介した小説なのかもしれない。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック