中古品
¥ 75
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね状態良好。表紙カバーに少スレ、小口に少ヨゴレありますが、全体的に良い状態です。◇通常2営業日以内の発送となります。クリックポスト・ヤマト運輸等で発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「家族力」がうつから救う!―ともに戦う「患者と家族」60のケース 単行本 – 2006/2

5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 75
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本では、およそ7人に1人が一生に一度はうつ病にかかると言われています。
そのくらい「ありふれた」病気であるにもかかわらず、本人は仕事も家事もできないくらい落ち込み、時には「死ぬしかない」と思いつめ、家族は崩壊の危機にさらされています。

本書では、うつ病ケアの専門家であり、うつ病患者をかかえる「うつ家族」のケアを手掛ける著者が、自ら体験したケーススタディをもとに、日本ではほとんど語られることのなかったケアする家族のために必要な情報、ノウハウを紹介します。
特に職場復帰に向けた方策は、家族ばかりでなく、社員のメンタルヘルスに配慮しなければならない、企業の人事労務担当の方も必読です!

内容(「BOOK」データベースより)

家族が元気になれば「うつ」は回復する。家族の知恵60。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 207ページ
  • 出版社: 宝島社 (2006/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796651667
  • ISBN-13: 978-4796651660
  • 発売日: 2006/02
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 206,532位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
主人がうつ病になり、通院も始めたので安堵していましたが

少し良くなったと思ったら、切れたり怒ったり・・・

家事育児だけでも手一杯なのに、自分も倒れそうだ

と思ったときに出会った本です。

こんなときはこういう風に対処すればラクになるよ、

ということが少しずつ区切られて書かれているので

時間がなくてもちょっとずつ読むことが出来ます。

(☆5つ付けたかったのですが、推奨しているアサーションの

お勧め本の紹介がなかったので4つにしました)

うつ病を支える人(家族)も気をつけないと

自分もうつ病になってしまうので

この本を読んで、頑張りすぎないでほしいです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2006/4/27
形式: 単行本
「うつ」については、研修会で勉強をしたことはあるが、実際に妻がそうなってみるとその対応に右往左往してしまう。そんなこともあって、改めて「うつ」について考えてみようとこの本を手にした。

構成は5章からなっていて、「うつ」に対する誤解、家族の心構え、抱えやすい問題、改善アイデア、社会復帰への道筋と非常に解りやすくまとめられており、「うつ」という病気の特殊性を良く理解出来る。

この本の中の言葉に「ヤマアラシのジレンマ」と言うのがある。家族というのは、近づきすぎると傷つけ合ってしまい、離れすぎると声が聞こえないということであるが、この事は、別に「うつ家族」に限らず、一般の家庭にも当てはまることだろうと思う。

「アサーション(主張、断言)」という手法での対応の仕方も、理屈では解るものの今までの生活からすると照れくさくて、とても言えそうにない。

それに、過保護、過干渉、過関心はいけないと言われても、これがなかなか難しい。NGワードを気にしながらの対応もこれまた難しい。

それでもどこかで折り合いをつけて対応していかなければいけないのだろう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
そうはっきり書いてある。そうだと思う。

病気なんだから、薬が必要。

医者を含めて、いろんな助けが必要で、しかも

一進一退で治っていく。

家族の理解が必要なことは、これも、

他の病気と同じ。

そのことが協調されている。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ちまたにはうつ病という「病気に関する本」は沢山出ているけれど、
「うつ病患者を抱える家族の悩み」に答えうる本がほとんど出版されていなかったと思います。

この本は、そんな中で正に当事者ではなく、そんな家族(本書の中では「うつ家族」と表現されています。)が
どんなことに悩み、どう解決すればよいのかといった視点で60のコンテンツをが紹介されていました。
うつ病は、もちろん当事者も辛いけど、それを支えなければいけない家族にも大変な負担を強いる病気です。
ともすれば、見守っていたはずの家族がいつの間にかうつ病になってしまい、一家共倒れになるケースも希ではありません。

幸いこの本はとても読みやすい文体と活字の大きさなので、
うつ病に関係のある方もそうでない方にも読んでいただき、
うつ病を取り巻く現状が少しでも多くの方に知られるようになるといいと思いました。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
地方在住者だが、MDA-Japan主催の家族会にかみさんが参加してみた。

家族会のセミナーは少々むずかしかったようだが

フリートークを含めて総括すれば、この本に記述されていることが

多かったようだ。

じっくりと読み返し、自分に必要な情報、知恵を習得すれば

家族会に参加できない方にとっても、家族会代わりになると思う。

はやく全国各地にこのような家族会が展開されて

身近になることを願っている。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告