通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。帯・応募券・はがき・シール・カード・ポスターなどの封入物は付属致しません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気 単行本(ソフトカバー) – 2015/9/9

5つ星のうち 4.5 58件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 968

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気
  • +
  • いま語るべき 宇宙戦艦ヤマト
総額: ¥2,678
ポイントの合計: 81pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「ヤマトがあったから僕はアニメを見続けることができた」――庵野秀明(監督・プロデューサー、2008年・西崎義展との対談より)

日本アニメの金字塔「宇宙戦艦ヤマト」が誕生してから40年以上になる。生みの親であるプロデューサー西崎義展(1934ー2010)はすべてにおいて「特異な男」だった。交流をもった者は誰もが彼を「悪党」と評しながらも、そこには深い愛憎が見てとれる。いまや世界の文化である日本アニメを語るうえで無視することができない西崎義展の存在を、その大いなる成功と挫折から綿密に描く初の本格的ノンフィクション

「宇宙戦艦ヤマト」のプロデューサー・西崎義展が、遊泳のため訪れていた小笠原・父島で船上から海へ転落。午後二時五八分、死亡が確認された―。
平成二二(二〇一〇)年一一月七日、その夜半にもたらされた一報に首をかしげる関係者は少なくなかった。
「もしや西崎は消されたのではないか。あの男はそれだけの恨みを買っている」
またたく間に、本気ともブラックジョークともつかぬ他殺説が世間に流布されていった。(「序章」より)

内容(「BOOK」データベースより)

事故死後四年を経て明らかにされる、カリスマ・プロデューサーの破天荒な一生。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 354ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/9/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062196743
  • ISBN-13: 978-4062196741
  • 発売日: 2015/9/9
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 58件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 98,648位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 新鮮な驚きの連続だった! 小説の中ではたまに出てくる、いわば俗物中の俗物。それを人前で衒いもなくストレートにさらけ出す。遠目に見ている分には面白いが、このような人物が自分の上司だったらとか、思うだけでもゾッとしてしまう。ある意味パワフルというか。「こういう人物だからこそ、ヤマトは生れ出ることができたのだ」と嫌々ながらも認めざるを得ない。
 無責任な言い方になってしまうが、いずれ時が来たら、この人の人生をテレビドラマ化してほしいものである。彼の人生に関わってくる、手塚治虫氏とか、富野由悠季氏とか、松本某氏とかの確執等、(当時のアニメ事情に詳しい人によって作られることができたなら)ディープなアニメファンの方々にはなかなか興味深い内容になるのではないだろうか。
 こういう人間にありがちな欠点というか、ヤマトにとっての不幸は、「自分が、自分が」としゃしゃり出て、才能ある若手後継者の育成を怠ってきたこと。これが未だヤマトの足枷になっているのには間違いない。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
驚かされるのは圧倒的な情報量。数多くの関係当事者の証言、綿密な取材による事実関係の積み上げで、西崎義展の破天荒な人生を多方面から偏りなく客観的に綴っていく。悪意に満ちたカバー写真やキャッチコピーから最初は薄っぺらい暴露本かと思っていたが、とんでもない。こんなに引き込まれた書籍は久しぶりだ。徹夜で読破してしまった。

ヤマトファンが読んだら幻滅するなんてレビューは全くの的外れ。幻滅する人は悪い意味での永遠の少年少女であろう。子供時代にヤマトの夢とロマンに夢中になり、大人になって現実社会の酸いも甘いも経験してきた50歳前後のリアルタイマーが時間を忘れて没頭できる書籍としてお勧めできる。人生論、ビジネス論、マネジメント論、さまざまな要素を含んでいる。田中角栄とのエピソードは秀逸。

子どもの頃夢中になった宇宙戦艦ヤマトの表のストーリー、50になったいま読む大人をうならせる裏のストーリー、本当にいろいろな意味で最後までヤマトには楽しませてもらった。これってぜひドラマ化して欲しいんだけど。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
西崎義展氏といえば(良い意味でも悪い意味でも)誰もが知る宇宙戦艦ヤマトのプロデューサー。ヤマト世代として「飛ぶ鳥落とす勢い」だった西崎氏の全盛期を知るものとしてはたいへん感慨深い作品である。
西崎氏に対しては、アニメ漫画界の「天皇」である故・手塚治虫氏を巻き込んだ虫プロ倒産劇に始まり「海のトリトン事件」、たびたび週刊誌ネタとなった放漫経営による会社倒産、脱税や浪費による金銭トラブル、松本零士氏との長期にわたる泥仕合的な著作権トラブル、薬物、銃刀法違反による逮捕・服役・・・。とロクなイメージがなく、山師のような印象しかありませんでした。(当時派手なスーツ姿でたびたびテレビに出ておられたが、その頃からうさんくさいムードだった)
 本書では、西崎氏の生い立ち(実は良家のボンボンだった)や厳格な父親との確執、若い頃からの無頼漢な経歴を紹介しつつ、大手資本の傘下で社員として働くプロデューサーとは似て異なる、フリーランスのプロデューサーの生き様を紹介するモノであり、大変興味深い。
もともとが演歌など音楽関係の興行出身であり、「興行師」は他人に恨まれようが、ヤクザに命を狙われようが、屁のカッパでなけりゃ生きてゆけないのだとわかりました。
「ヤマト」をはじめ性教育的なエッセンスをもった名作ではあるが売りにくい「ふしぎなメルモ」や「海のトリトン」を強引に売り込
...続きを読む ›
コメント 178人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
他のレヴュワー様の「クリエイターとしては凡庸」との言があった。的確であるヤマト2作以外はことごとく失敗しているのだ。凡庸なクリエイターに神が降りたのだろうか無神論者の自分でさえ本書を読むとそう思えてくる神様がくれたたった1度だけの魔法。その意を強くせざるを得ないのは会議中安彦氏にあのガンダム第1話を「見せてください」とケンカを吹っ掛けられた際の対応である。前半終了の時点で「もういいだろう」とは。ほぼ無反応であった事が窺える。自分のヤマトに夢中になるあまり周りが見えなかったのだろうか。それとも「見たくなかった」のだろうか。冷淡な反応の背後にあったのは敗北感かもしれない。人間はパニック時防衛本能で無反応に陥るものだ。それにしてもこの無反応は気になるリアルヤマトガンダム世代として両作とも無反応ではいられなかった自分としてはだ。この無頓着さがヤマトを作り続けた理由だろう。その焦りがまざまざと伝わってくるのである。魔法が消え失せていたのを当事者は気づくわけもなかったが。
「狂気」とあるが確信したのは西崎氏は完全なサイコパスである。本書で言及される詐称癖がそれを証明している。彼の内面では徹底して彼の論理に基づいて合理的に行動しているのである。それは病気であって狂気ではない。そしてこのような人間は絶対に真実を語らない嘘で周囲を自分に都合よく作り変えるのである。それを頭に入れて読むと本書
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー