中古品
¥ 63
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「孫子」の読み方 (日経ビジネス人文庫) 文庫 – 2005/8

5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 236ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2005/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532193028
  • ISBN-13: 978-4532193027
  • 発売日: 2005/08
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 229,489位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Carouselambra VINE メンバー 投稿日 2007/7/29
形式: 文庫
戦いにおいて武将必携の知識であった、名著「孫子」のエッセンスを様々な
歴史考証や実体験を交えて解説された、手軽な入門書ではないでしょうか。

情報将校として従軍した経験を持つ著者が、実際に体験した「戦争」という
モノの悲惨さ・無意味さ・無謀さの意味が、疲れ果てて読み直した「孫子」
に全ての答えがあり、その疑問が氷解したことが執筆の動機となっております。

主として「戦う」場面における情報・知識において「孫子」を知って、実践
するか否かが生死を決する、その証左が無謀な太平洋戦争であった、と喝破
しております。

何よりも、畳水練ではなく、実践できるか否かが重要である。経済活動においても
経営者の心得として非常に示唆に富む事例ではないでしょうか。

ただ、「孫子」の重厚な内容、そして主な名訳書の分析、幅広い歴史考証と、
様々なチャレンジを行っている割にはページ数が不足している感は否めません。
軽く通読する分にはいいかもしれませんが、「孫子」をより深く勉強するには、
もう1〜2冊の同類書物の購読が必要ではないでしょうか。そのような意味からも
入門書という位置づけが妥当かと思料します。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/9/19
形式: 文庫
「孫氏の兵法」の原文も読んだことがあるが、この本を読んで初めて分かることが多かった。著者は本当に頭の良い方だと思う。
主に著者の戦争体験を例に挙げて解説しているが、企業の競争に応用できるような説明もしっかりされていて、経営者の方は是非読まれた方がいいと思う。
原文だと「どうして急に関係ない話につながるのか」と思ったり、「言ってることがさっきと少し違うんじゃないか」と思ったりしたものだが、この本のおかげですっきり孫氏の兵法が頭に入った。
ここまで分かりやすければ、社会生活への応用もしやすい。
今まで読んだ孫氏の講解書の中では1番です。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
山本氏は御自身の戦争での体験から孫子と精神論一点張りの帝國陸軍との根本的発想のあまりの違いに脳天を叩かれたような衝撃を受けたという。たしかに日本軍には孫子的意味での大きな戦略的発想が不思議なくらい欠如していたように思える。

「計篇」では戦争を行う前に相手と自国との優劣を比較し結果の自明な戦争は避けるべきという。その比較の基礎として「道」(統治者と国民との一体感)、「天」(時間的条件、国際情勢等)「地」(地理的条件、地勢、地域、地形等)「将」(将帥の器量)「法」(制度、組織原則)をあげる。上村彦之丞がウラジオ艦隊を逃したといって国民が上村邸に投石したように日露戦争時は国民も真剣であり、上下の一体感も無く「言論統制」を行わざる得なかった昭和の大戦時と大きな違いである。

「謀攻篇」逆説的だが孫子も呉子も闘わないことが最上という。百戦百勝は愚行であるという。日中戦争も伊藤正徳氏によると56戦中1敗1引き分けであるが国力の消耗激しく戦死傷者を多く出した。秀吉は晩年はともかく「高松城の水攻め」などで有名なように決して無理押しせず、その面で天才的であった。

結局は至極当たり前に思えることを原則どおりにおこなった者が勝つ。ところが窮地に立たされた人間は後から考えると明らかな失敗の道を選択してしまうことがあるのだ。先人から学び心胆を練
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
孫子が言っていることは、
① 競争とは実力涵養競争であり、国民を疲弊させる戦争はいたずらにするな
・ 実力涵養競争であるから、勝負は予め決まっている。戦争は本来無意味
・ 負ける戦争はするな。勝てる戦争でもあらゆる手段で避けよ
・ しかしそうなったら、早く切り上げよ
② その認識の上で、合目的で、勝てる引き合う戦争だけをしろ
・ 目的には義がなければならない
③ 勝つことを確かにするために、頭(戦略)を使え
・ 戦略とは、ロジスティクスを計算し、その計算の上に兵力が決まり勝敗が決する、この当り前の計算をまずすること
・ 戦う場所を知り、戦う日を知ること
・ 遠くからきた敵を待ち、休養した兵で疲労した敵を待ち、飢えた敵を待つこと。秩序整然と来襲する敵を迎撃してはならず、堂々たる構えの敵を攻撃してはならない。敵の精鋭は攻めてはならない。帰国する敵を阻止してはならない。敵を包囲したら必ずどこかを空けておく。部下の健康管理を完璧とすること。これら当り前の戦闘上の法則を守ること
・ 情報を得、あらゆる兆候から相手の実態を見抜くこと。兵士が武器を杖にしているのは疲れているからである
孫子は極めて合理的で、この枠組みで過去の戦争や自分・組織の経験を振り返ること(山本氏も随所に実
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー