通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「学力」の経済学 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■中古品になりますので経年劣化、使用感のある場合がございます。本の状態は良好です。(複数購入での送料割引は御座いません。)■ご注文確認後、水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送させて頂きます。■配送形態は、基本的に日本郵便のゆうメールのみとさせて頂きます。但し、重さ、サイズ、金額によりゆうパックでの配送となる場合がございますので、予めご了承下さいませ。ご不明な点がございましたら、メールにてご連絡下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

「学力」の経済学 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/18

5つ星のうち 4.1 214件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,198

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「学力」の経済学
  • +
  • やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 104pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

TBS系列「林先生が驚く 初耳学」(2016/9/25,10/9,11/6放送)で「日本国民全員が一冊持つべき」と紹介された話題の一冊!
「思ったよりカンタンだった! 」
「わかりやすくてスラスラ読めた! 」
など反響続々! 教育書として異例の30万部突破!


「ゲームは子どもに悪影響?」
「子どもはほめて育てるべき?」
「勉強させるためにご褒美で釣るのっていけない?」
個人の経験で語られてきた教育に、科学的根拠が決着をつける!


「データ」に基づき教育を経済学的な手法で分析する教育経済学は、
「成功する教育・子育て」についてさまざまな貴重な知見を積み上げてきた。
そしてその知見は、「教育評論家」や「子育てに成功した親」が個人の経験から述べる主観的な意見よりも、
よっぽど価値がある―むしろ、「知っておかないともったいないこと」ですらあるだろう。
本書は、「ゲームが子どもに与える影響」から「少人数学級の効果」まで、
今まで「思い込み」で語られてきた教育の効果を、科学的根拠から解き明かした画期的な一冊である。

<目次>
第1章 他人の〝成功体験〞はわが子にも活かせるのか?
- データは個人の経験に勝る
第2章 子どもを〝ご褒美〞で釣ってはいけないのか?
- 科学的根拠に基づく子育て
第3章 〝勉強〞は本当にそんなに大切なのか?
- 人生の成功に重要な非認知能力
第4章 〝少人数学級〞には効果があるのか?
- エビデンスなき日本の教育政策
第5章 〝いい先生〞とはどんな先生なのか?
- 日本の教育に欠けている教員の「質」という概念

各界著名人から絶賛の声多数!
この本は必ず読まれなくてはいけない。
日本中の親、教育関係者、そして政治家に、一人残らず配りたい。
―竹中平蔵

「一億総なんちゃって教育評論家」社会に叩きつけられた挑戦状。
日本の教育を変える一冊が、ここに!
―NPO 法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹

根拠のない教育論に気をつけて!
この本を読んで、自分の子どもを守ろう!
―産婦人科医 宋美玄

根拠のない流行に右往左往される人生を生きないために
―為末大

出版社からのコメント

教育経済学は、教育を経済学の理論や手法を用いて分析することを目的としている応用経済学の一分野です。
そして、私が、教育や子育てを議論するときに絶対的な信頼を置いているもの、それが「データ」です。

大規模なデータを用いて、教育を経済学的に分析することを生業としている私には、子育て中のご両親や学校の先生にわからないことがわかるときがあります。
先日、とあるテレビ番組を観ていたら、やはり「ご褒美で釣ること」「ほめて育てること」「ゲームを持たせること」について、その是非が議論されていました。
子どもを育てる親にとっては、切実な悩みなのでしょう。
そしてそのテレビ番組で、教育評論家や子育ての専門家と呼ばれる人たちは、満場一致で次のような見解を述べていました。

・ご褒美で釣っては「いけない」
・ほめ育てはしたほうが「よい」
・ゲームをすると「暴力的になる」

司会者などの反応を見ても、その教育評論家たちの主張はすんなりと受け入れられていたように思います。
もしかしたら、そうした主張のほうが多くの人の直感には反しないのかもしれません。
しかし、教育経済学者である私が、自分の親しい友人に贈るアドバイスは、それとは正反対のものです(根拠については第2章でご紹介します)。

・ご褒美で釣っても「よい」
・ほめ育てはしては「いけない」
・ゲームをしても「暴力的にはならない」


私は、教育評論家や子育ての専門家と呼ばれる人たちを否定したいわけではありません。
しかし、彼らがテレビや週刊誌で述べている見解には、ときどき違和感を拭えないときがあります。
なぜなら、その主張の多くは、彼らの教育者としての個人的な経験に基づいているため、科学的な根拠がなく、
それゆえに「なぜその主張が正しいのか」という説明が十分になされていないからです。

私は、経済学がデータを用いて明らかにしている教育や子育てにかんする発見は、
教育評論家や子育て専門家の指南やノウハウよりも、よっぽど価値がある―むしろ、知っておかないともったいないことだとすら思っています。
本書は、その教育経済学が明らかにした「知っておかないともったいないこと」を読者のみなさんに紹介することを目的にしています。
(「はじめに」より一部抜粋)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 199ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015/6/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4799316850
  • ISBN-13: 978-4799316856
  • 発売日: 2015/6/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 214件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 30位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
教育経済学の実証研究の成果を要領よくまとめたものです。手法は計量経済学であり、因果関係の識別に注意を払った論文が集められているので、短時間に多くの知識が得られます。と、同時に、教育経済学が真に(費用対)効果ある政策の識別に果たす役割もよく分かります。筆致も軽快で、一般の読者にもわかりやすいでしょう。

しかし、教育経済学の実証研究は、あくまで政策の平均的な効果しか示しておらず、一般にそれは、子どものアウトカムの5-15%程度までしか説明できません。統計的有意性と現実の説明力は別物です。説明できない要素は子どもの個別の事情であり、それは、保護者が自分の子どもをよく理解し、先生が子どもと向き合うことでしか獲得できない情報です。

子どもと向き合い、個別の子どもに応じた子育てや教育をするのが親の役目ですから、5-15%の平均の効果を鵜呑みにするよりも、子どもをよりよく知り、残りの80%を信じて子育てをする方が理にかなっていますし、ほとんどの親は実際にそうすることを選ぶでしょう。この本を鵜呑みにする親は、自らの子どもを理解するための時間も努力も惜しむ親でしかありません。したがってこの本は、せっかくの科学的研究成果を紹介しながらも、それを平然と「個別の親への助言に役立つ」と言い切ってしまっている点で、心理学の本に多い「ポップサイエンス」に墜ちてしまって
...続きを読む ›
25 コメント 1,105人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
子の学力を伸ばすのに親はどうすればいいか?という問いのために購入しました。
大変読みやすく、そして説得力があり、今後の参考になると思いました。

ただし、書籍の後半からは趣旨が変わってきます。
教育経済学や政策に関する話になりますので、私個人としては興味深く読ませていただいた反面、
冒頭に記載した「子の学力を伸ばすのに親はどうすればいいか?」"のみ"の内容ではありませんのでご留意ください。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
全体を通して、1つ2つのデータのみを根拠に論を展開する強引さを感じた。

学力テストの結果が非公表であるなど、日本での研究のしづらさを嘆く筆者の意見はその通りとしても、引用するデータのほとんどがアメリカの学校のものでは、日本の教育にどこまで応用できるのか?と疑問に思ったのは私だけではないだろう。
社会環境、貧富の差、教育内容、学制、入試制度、評価方法。これらのものが異なる日米の教育では、教育の出発点も目標も評価軸も異なるわけで、両国の「学力」が果たして同列に評価・比較できるものかはもっと慎重であるべきと思う。

教育の成果は結果論であり、そこに影響するファクターの多さは膨大である。
一つの指標に過ぎないが、例えばOECD共通試験のPISAの点数を比較した場合、潤沢な教育予算と著者が絶賛する豊富な教育実験に恵まれたはずのアメリカの点数が全く振るわないのに、乏しい教育予算とろくな研究蓄積もない日本のそれが(多少の上下はありつつも)、人口1億人を超える国の中ではほぼ例外的に世界トップクラスをひた走っているのも歴然たる事実。このあたりに、論文一つのデータでは語れない教育の難しさがあると思う。

また、(失礼ながら)アメリカの研究ならまだマシなほうで、途上国であるケニアの公立小学校だのマダガスカルの学校の学力の変
...続きを読む ›
コメント 214人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
自分も子を持つ親です。
私はこの本を通して以下を示しながらお勧めしたいと思いました。

1. なかなか表に出てこない大学等で行われるアカデミックな研究成果を元に書かれたこと。
私の仕事もそうですが、専門家の中だけでデータを見せ合いあーだこーだいっている部分があります。
専門家と思われる何名かのレビューアのかたが「あれはおかしい、この統計はおかしい」などなどとおっしゃっていますが、専門でないかたにデータを示すには難しいのだから、こんなこと(わかりやすく書いた本を出すこと)はやめろといっているように聞こえます。
ですが、研究をできるだけわかりやすく、しかし、科学では言い切れない部分があるということを示す難しさを中室さんは勇気を持って書かれたと思います。

2. 自分で考えることの大切さを示されたこと。
テレビ等で発言する方々はこの本以上に言い切って様々なことを発言します。
大学教授だ、何とか博士だと肩書きを出しながら、時に研究室のゼミの風景や研究しているところを見せて、権威を見せるかのように。
この時点で、視聴者のかたは「あんなすごいヒトが言っているのだから正しいんだ」と思考停止に陥ります。
この本で示されるのは、そうおっしゃる方もいますが、こういうデータもあるんです
...続きを読む ›
コメント 152人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック