通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。カバー、本体に若干の使用感はありますが、その他は書き込みなどはなく、中古品としては、おおむね問題のない状態です。しおり同封の上、丁寧に梱包してお送りします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫) 文庫 – 2015/6/26

5つ星のうち 4.2 52件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594
¥ 594 ¥ 63

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫)
  • +
  • 子供の死を祈る親たち (新潮文庫)
  • +
  • ルポ 消えた子どもたち 虐待・監禁の深層に迫る (NHK出版新書)
総額: ¥2,160
ポイントの合計: 67pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自らは病気の自覚のない、精神を病んだ人を説得して医療につなげてきた著者の許には万策尽きて疲れ果てた親がやってくる。過度の教育圧力に潰れたエリートの息子、酒に溺れて親に刃物を向ける男、母親を奴隷扱いしてゴミに埋もれて生活する娘……。究極の育児・教育の失敗ともいえる事例から見えてくることを分析し、その対策を検討する。現代人必読、衝撃のノンフィクション。

※ご注文時の在庫状況によって、表示と異なるカバーの商品が届くことがあります。予めご了承下さい。

内容(「BOOK」データベースより)

自らは病気の自覚のない、精神を病んだ人を説得して医療につなげてきた著者の許には、万策尽きて疲れ果てた親がやってくる。過度の教育圧力に潰れたエリートの息子、酒に溺れて親に刃物を向ける男、母親を奴隷扱いし、ゴミに埋もれて生活する娘…。究極の育児・教育の失敗ともいえる事例から見えてくることを分析し、その対策を検討する。現代人必読、衝撃のノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 288ページ
  • 出版社: 新潮社 (2015/6/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101267618
  • ISBN-13: 978-4101267616
  • 発売日: 2015/6/26
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 52件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,279位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ショッキングなタイトルではある。しかし、実際にこれと似たようなことを言われたことのある精神科医は多いのではなかろうか。

「副作用で死んでも良いから、落ち着くよう大量の薬を出して欲しい」
「楽に死なせるような薬はないですか」
「いっそ死んでくれたら良いのに」

発言者は両親であったり、兄弟姉妹であったりする。本人の前で吐き捨てるように言うこともあれば、主治医と二人きりになった時にボソッと呟くこともある。いずれにしても、たいてい半分は冗談である。しかし、つまり、半分は本気だ。

本書は民間の「精神障害者移送サービス」を経営する押川剛によるノンフィクションだ。およそ半分を割いて7つのケースについて紹介・描写してある。いずれも精神科従事者にとっては珍しくない光景だが、一般の人からすればショッキングな部分もあるだろう。あるいは身近に同様の患者がいる家族なら、「分かる……」と頷いたり、場合によってはこの会社の連絡先を調べたりするかもしれない。

それぞれ極端な例であるため、「精神科患者は危険だというレッテル貼りにつながる」といった批判も浴びているようだ。しかし、「精神科の病気は真面目で良い人がなる」というのも、逆の意味での間違ったレッテルではなかろうか。「真面目な人がなる」というのは耳に心地良
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 招福犬 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/1/21
形式: 文庫
この本の中に出て来る子供達は、私だったかもしれないと考えながら読みました。
アル中で高圧的な父親、毎日虐待を繰り返す母親。そんな家庭環境で育って来ました。

ある時、金属バットで就寝中の両親を殴り殺した少年の事件が、TVニュースから聞こえて来ました。
『これだ!!』そう思った私は、木製バットを携えて階段下まで行きました。
暫くそこに佇み考えました。憎らしい両親はこの世から消せるが、自分の人生も棒に振ってしまう事に気がつき、
両親に潰された自分の人生に僅かな望みを託し、彼等を殺す事を思い止まり、生きてみる事にしました。

あの瞬間に、どう決断するかで私はこの本に出て来る子供達と同じ、救いようのない人生を歩んでいたかもしれません。

色々なケースがあるにしても、恐らくは自分本位な子育てをした親達の犠牲者にしか見えません。
『子供を殺して下さい。』なんて言える立場ではない。病んでしまった子供達と向き合い、自分達の犯して来た罪を受け止めるべきだと考えます。

そして、親のエゴの犠牲になった彼等の心を救えるよう精神科医療が、今以上に発達してくれる事を願うばかりです。
コメント 231人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
仕事がら、こういった内容の本ばかり読んでますが、とてもためになりました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
自分は、「S」ではなく「D」で、手帳持ち。
親元からは独立して、それなりの賃金で、働いてもいる。
しかし、本書に出てきた人々は、何かが…どこかが…自分と共通項があるような気がしてしまい、読んでいて、つらく感じた。
両親がいなくなったら、どうしよう?
とにかく、怖い。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
改めて子は親を選べないと思いました。荒れる子供は、もともとモンスターとして生まれてきたわけではなく、やはり親の在り方が根本にあるという現実。しかも、やり直しのきくケースは少なく本人と親の一生を食い潰す存在となり、専門家でも対処しきれないまま社会にもどされてしまいがちな現実に戦慄した。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
とにかく考えさせられる作品でした。タイトルがショッキングですが、読み進めと自分も同じ境遇だとしたらタイトルと同じことを思うのかもしれないと、しかしそう思ってしまうのは紛れもなく親に責任があるものだと。著書の方の業務がある事すら知らなかった私にとってはとても勉強になる一冊でした。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
親が子供を殺す事件や子供が親を殺す事件をニュースで見聞きするたび、
深い感情など持たない激昂しやすい人たちの犯罪だと解釈していたが、
この本を読んで、親の教育方針による起こるべき犯罪もあのだと知った。
許容をはるかに超えた勉強の強制の果てに、その子は現実逃避と幻覚の中で生きることになる。
何度も親にサインを出していたことは取材内容から理解ができる。
その子は一生をすべて棒に振った。
子供には、一緒に食事をして、「おいしいね。」とか、「お皿を押さえてね。」という小さいひとつひとつを教えていくこと、
楽しさや悲しさを共有することがいかに大切かということを強く思わせる本だ。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー